タグ:バンブーロッド ( 41 ) タグの人気記事

◆Quest! Bamboo Rods◆ ~価格&オプション~

◆Quest! Bamboo Rods◆
~価格&オプション~


※最終変更日 「2018年2月」 微変更致しました。

d0091323_17012066.jpg
◆◆◆◆標準仕様【完成品ロッド】の価格表◆◆◆◆
※ブランクの基本料金は、全モデル共通です。
d0091323_10183919.jpg
※ブランクの仕様は、全モデル共通で、
【4角】 【中空(フルーテッドホロウ)】
【カーボングラファイト・スピゴットフェルール】です。

◆◆◆標準仕様【完成品ロッド】の内容◆◆◆
◆スレッドカラー・・・各色から選べます。【0円】
◆ガイド・・・シルバークロムガイドセット 1T=【1200円】 2T=【2200円】
◆ストリッピングガイド・・・シルバークロムタイプ【800円】
◆リールシート金具・・・オリジナルリング&リング【0円】
◆リールシートフィラー・・・ウォールナット【2200円】
_________________________________


◆◆◆ブランクオプション◆◆◆
◆ブランク基本料金
6’0”・・・60800円  6’6”・・・64400円
7’0”・・・68000円  7’6”・・・71600円
8’0”・・・75200円  8’6”・・・78800円
9’0”・・・82400円
※1インチ単位でのオーダーも可能です。
※±1インチ=±600円 ±1フィート=±7200円です。
_________________________________
◆ピース
1)2P・・・0円
2)3P・・・+6200円
3)4P・・・+12400円
4)5P・6P・・・お問い合わせ下さい。
_________________________________
◆追加ティップ
1)2P/2T・・・+40%
2)3P/2T・・・+35%
3)4P/2T・・・+30%
※ブランク基本料金に上記%を加算します。
_________________________________


◆◆◆コスメオプション◆◆◆
※ガイド、コルク、リールシート等のパーツ持ち込みもOKです。
※当方にて既製品取り寄せの場合は、購入総額の2割増し料金となります。

◆スレッドカラー 
1)「レッド」「グリーン」「ブラウン」「シースルー」等、各色から【無料】にて選べます。
2)色止め加工・・・1T=3000円 2T=5000円
※色が濃くならず下地も透けず、糸の色味がそのまま出ます。
_________________________________
◆飾り巻き
1)ガイド両端の飾り巻き・・・1T=6800円 2T=9600円
2)ロッド全体の段巻き・・・1ヶ所250円にて算出します。
※グリップ上側には、お任せ飾り巻きが【無料】にて施されます。
_________________________________
◆ガイド
1)シルバーガイドセット・・・1T=1200円 2T=2200円
2)ブラックガイドセット・・・1T=2200円 2T=3200円
※ブラックセットには金具類の黒染め加工料も含まれます。
※セットにはトップガイドも含まれます。
_________________________________
◆ストリッピングガイド 
1)標準、オールド、ミルドラム、他各種・・・800円~
2)メノウ類・・・4800円~
_________________________________
◆フックキーパー 
1)シルバーorブラック・・・600円
※シングルフットタイプです。  
_________________________________
◆ティペットキーパー
1)シルバーorブラック・・・600円
※ストリッピングガイドより1~2個上のガイドの裏に取り付ける小さなシングルフットガイドです。このガイドとロッドを握る人差し指に、ティペットからリーダーを8の字に巻き掛ける事で、素早い移動とキャストが可能になります。
_________________________________
◆コルクグリップ  
1)1/4カット積層コルクグリップ・・・2800円
※大きな穴が出来にくくまた縮みにくいので、いつまでも良好な感触を保つ事が出来ます。
2)ワンポイントコルクライン・・・1200円
※親指付近の滑りやコルク減りを抑制します。
※タイプ指定、採寸コピー等にも【無料】にて対応致します。
※取り寄せ品を使う場合はマイナス2000円となります。
※コルクリング12個以上になる場合は、コルクリング追加1個に付き+250円となります。
_________________________________
◆リールシート金具
1)Quest!削り出し、オリジナルリング&リング・・・0円
2)その他・・・マイナス1000円となり既製品使用、またはスペシャルオーダーとなります。
_________________________________
◆リールシートフィラー
1)花梨バール・・・A)4800円 B)3800円
2)タモ玉杢・縮み・・・A)4800円 B)3800円
3)メイプルタイガー・・・A)3800円 B)2800円 
4)ウォールナット・・・2200円(ダイド赤~茶~黒)
5)その他・・・2000円~
※A)=濃密杢・特選品 B)=良杢・並品
_________________________________
◆その他
1)専用アルミチューブ・・・8800円
2)オリジナルロッドソック・・・1200円(オーダー品は無料)
_________________________________

※商品には1年間の品質保証が付帯します。通常使用において、製造が原因とされる不具合が発生した場合、無料にて補修、または新品と交換致します。
※商品を受け取りお気に召さなかった場合、実釣使用後であっても2週間以内であれば返品が可能です。オーナーネームが入っている場合でも、ネーム消し代金10,000円にて返品可能となります。但し、竹肌が露出する等の「補修が必要な傷」が付いている場合は返品不可となります。
※返品諸経費はお客様のご負担となります。
※料金及び仕様内容は予告なく変更される場合があります。
※最終変更日 「2018年2月」 微変更致しました。

◆Quest! Bamboo Rods◆
~構造&アクション&シリーズ紹介~


詳しくは、コチラ↑↑↑をクリック!!!





★★★メールで初めてお問い合わせ頂くお客様へ★★★
※メールで初めてお問い合わせいただいた場合、こちらからの返答メールが、お客様側の【メール受信拒否設定】により、そちらに届かない場合がありますのでご注意下さい。
※特に、【携帯メール】でお問い合わせを頂いた場合、お客様の携帯メール受信設定が、【パソコンからの受信を拒否】となっていると、こちらから送信した返答メールを受け取る事が出来ません。
※つきましては、携帯メール受信の設定を、【パソコンからの受信を許可】へと変更をお願い致します。
※もし問い合わせメールへの返答が3日以上なかった場合は、電話で直接お問い合わせして頂くか、今一度【受信拒否設定の見直し】をして頂き、改めてお問い合わせの程、宜しくお願い致します。
※またタイトル欄も空欄のままではなく、【バンブーロッドの件】、【フィッシングガイドの件】等、必ずご記入下さる様、併せて願い致します。


~おまけ~
解禁間もなく広範囲に降り続いた雨のお陰で大増水し、川底は形を変えすっかりと洗われて青く輝き、爆弾低気圧による猛吹雪のお陰で、解禁前にチョコッとだけ放流されたひ弱なヤマメちゃん達は悲しいかな、どこかへ吹き飛ばされてしまった様です。

それでもなんとか、過去累々と積み重ねたデーターを頼りに、あそこなら何とか残っていてくれているであろうというポイントを虱潰しに渡り歩いて小さな幸せに浸るのでアリマシタ。
d0091323_11583076.jpg
よく頑張った!おれも頑張る!


~おまけのオマケ~
おや?オマエさん、なぜここへ??
「あひゃ~~ なんか・・・ あったかいんだからぁ~~」
d0091323_12025346.jpg
※今の時期水の中で支えてやると、こんな「ほっこり顔」になります。





のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?











[PR]
by koubouquest | 2018-02-08 16:44 | ◆Quest!BambooRods◆

◆Quest! Bamboo Rods◆ ~構造&アクション~


◆Quest! Bamboo Rods◆
~構造&アクション~



※「2018年2月」シリーズ名変更致しました。

Quest! Bamboo Rodsでは、軽く直進性に優れた【4角ロッド】をベースとして、軽さと強さを両立できる丸断面【フルーテッド中空】加工と、軽量で強靭で見た目とコストパフォーマンスにも優れた【カーボングラファイト スピゴットフェルール】の3つを基本構造として作られています。

想像してみて下さい、これら3つの要素で構成された、直進性に優れ、軽くて強くてしなやかな Carbonferrules hollowbuilt quad bamboo rod を。

「8フィートのバンブーは重いから、カーボンでいいや」
「マルチピースで欲しいけど、重くなるし・・・・」

そんな、躊躇し敬遠していたあなたにこそ使って欲しいバンブーロッドが、ここにあります!

d0091323_15421892.jpg

アクションは全シリーズ共通で、ミディアム(中調子)パラボリック(全体が曲がる)アクションを基本としており、設計はそのミディアムパラボリックアクションをアウトラインテーパーとして、オーナー様の好みや使用シチュエーション、対象魚のサイズに合わせてインナーテーパー(中空加工)による調整を加え、オーダーごとに毎回新規設計し、世界で唯一!のあなたにピッタリな【愛竿】を作り出します。



Iwana(岩魚)
6’0”・6’6”・6’11”   #3 #4
 

このロッドはトップをヘビーにし、バットには曲げるための中空加工を施して、ショートロッドにありがちなピンピン感を抑えたパラボリックアクションのロッドに仕立てています。

狭い場所でもコンパクトなアクションでフライを送り込めるしなやかさと、開けた場所でのロングキャストもこなせる粘り強さを兼ね備えた切れ味鋭いこのロッド、薮沢の奥に潜む大岩魚用の懐刀として是非一刀、如何でしょうか。


Oikawa(追河)
7’0”・7’6”・8’0”   #0 #1 #2


ただ単に細くて柔らかい低番手では無く、しっかりと振れてしっかりとアワセられるパワーも兼ね備えた低番手ロッドです。

低番手ラインならではのソフトなプレゼンテーション、細いラインでのダイレクト感、そして曲がり具合は20cmチョイの魚で大騒ぎ!!春先のシラメやヒカリはもちろん、最近流行りのオイカワ釣りにも打って付け!

釣るだけに飽きちゃった方や新たなシゲキを求めている方にも超オススメ!新たな世界が広がる事でしょう。


Yamame(山女魚)
7’0”・7’6”・8’0”   #3 #4
  

前身の「Inprest」や、更に古い「Windia」の世代から、革新の技術を取り入れて常に進化し続けて来たこのロッド。

1日中使っていても振り疲れる事の無いその驚異的な軽さと、バンブーロッドならではのラインの重みを感じながらゆったりと振る事が出来るその使い心地は、「カーボンロッドよりも振りやすい!」と、ビギナーの方を含めて多くの方から大好評を頂いております。

特に7’6” #4 は、古くからロングセラーを続けており、ベテランバンブーロッダーの方にはもちろん、フライ初心者の方にも「1本目のロッド」として自信を持っておススメ出来る、大ベストセラーロッドとなっています。


Nijimasu(虹鱒)

8’0”・8’6”・9’0”   #4 #5 #6


高番手ロングロッドにありがちな持ち重りや嫌な振動やブレを抑え、スッキリとした振り味が自慢の「Dragontail」が、数多くの荒雄川のニジマス達に鍛えられ、名前もそのまま「Nijimasu」と改名致しました。

その虹鱒との戦いぶりは、コチラ→【荒雄川】←からどうぞ~~!

重さも、海外北海道ネイティブモンスター用の9’0”#4の3Pでさえ、150g以下という驚異的な軽さを誇り、投げて、掛けて、寄せて、獲る!為の、自在に操れるシングルハンド高番手ロングロッドとなっています。

ロッドの重量は、オーナー様が求めるシチュエーションやバットパワー、アベレージサイズに合わせてインナーテーパー(中空加工率)を検討し、例えば、鬼怒川の鬼ヤマメ用にはロッド自重110g、荒雄川放流ニジマス用は120g、北海道ネイティブレインボー用は140g前後(いずれも8’6”#4の3Pの場合)と、オーダー毎に最適な軽量化を図っています。



◆Quest! Bamboo Rods◆
~価格&オプション~
は、コチラ ↑↑↑ からどうぞ!




あけましてオメデトウございま~~~す!(2015・3・1)
d0091323_12424677.jpg
今年も怪我無く安全に、宜しくお願い致します。m(__)m





のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?





[PR]
by koubouquest | 2018-02-08 16:42 | ◆Quest!BambooRods◆

Quest!バンブーロッドのアレやコレや


以前採用していたバンブーフェルールや、現在採用しているカーボンスピゴットフェルールの擦り合わせ勘合調整について、「自分で直してみたいからやり方を教えてほしい」と、過去に何度かメールを頂いた事がありました。


d0091323_16553275.jpg


その都度【あくまでも自己責任にて行う】という事を前提に、メールでその手順を説明させて頂きました。

そして幸いな事に、その方々は失敗する事無く問題無く、そのロッドを使われているとの事です。

しかしやはり企業秘密とかではなく、作業に失敗して手に負えなくなったりはしないか?と言う不安があったので、今までその手順はブログで公開はしていませんでした。

それでも「まずは自分でやってみたい」と言う問い合わせが増えて来た現在、Quest! Bamboo Rodsが採用しているカーボンスピゴットフェルール(旧式のバンブーフェルールにも対応可能)の、ゆるくなったりきつくなったりした場合のフェルール擦り合わせ調整メンテナンスのやり方を、【手先の器用な方に限り、あくまでも自己責任にて行う】と言う事を前提として、ここに公開したいと思います。

なおこのやり方は簡易的な方法であり、本格的な調整方法とは全く異なりますので、本格的な摺合せ調整をお望みの場合は当方までロッドをお送り下さい。

オーダーか新品か中古かの入手形態に関わらず、全てのオーナー様に対し、「完全無料にて、フェルール再調整&メンテナンス随時受付中!」となっておりますので、まずはメールにてご連絡ご相談下さい。


まず最低限準備して頂きたいのは、キッチンペーパー・耳掻き・タイイングワックス(ろうそくも可)・瞬間接着剤・つまようじ・ポリ袋(レジ袋ラップも可)・600番程度の紙やすり、の7つです。

【フェルールがキツイ、たまに抜けなくなってしまう場合の対処法】

これらは水やゴミや砂が入り込んでしまったり、ワックスを使っている場合は寒さで硬くなってしまったり古くなって固着して起こってしまう現象です。

釣り場で抜けなくなった場合は、「温める事」でなんとか対処できますので、手で握ったり口に咥えたり、場合によってはライターや車のヒーター等で温めると外れる場合があります。

またゴム手袋を使えば、手が滑らず力も入り安全に外す事が出来ますので、車に常備しておく事をお勧めします。

1)まずはキッチンペーパーでオスの汚れをしっかりと拭き取り、ほんの少しだけワックスを塗り付けてみて下さい。

滑りが良くなり、スムーズに抜き差し出来るようになるかと思います。

2)上記でダメな場合は、100均等で買って来た竹製の耳掻きで、メスの中に付着しているゴミの塊を少しづつ掻き取ってみて下さい。

いきなりゴッソリ取ってしまうとスカスカになってしまう事もありますので、くれぐれも慎重に少しずつ掻き取って下さい。

これでほぼ解決するかと思います、仕上げにワックスを少々塗っておきましょう。


【フェルールがゆるい、または簡単に抜けてしまう場合の対処法】

釣り場で何千何万回と振り続ける訳ですから、少しずつゆるくなってしまう事はどうしても避けられません。

現場での応急処置として、フェルール部分をテープで巻き留めると言う事も選択肢に入れ、準備しておく事もアリかと思います。

1)まずは市販のフェルールワックスや、タイイング用のワックスやろうそくなどのロウを少しずつ塗り重ねてみて下さい。

いきなりゴッソリ塗り付けると喰い込んで抜けなくなってしまう事もありますので、くれぐれも慎重に少しずつ!

2)上記でもダメな場合、まずはオスに付いているワックス等の汚れをキッチンペーパーを使ってしっかりと完全に取り除きます。

次に、瞬間接着剤をほんの少量つまようじに付け、オスのフェルールに縦に塗り、すぐにポリ袋(くっ付き防止のため)で塗り広げ、しっかり硬化したのを確認してから(水で擦ると硬化が進みます)ゆっくりと差し込んでみます。

ゆるければ上記の作業を何度か繰り返し、ちょうどよくなる寸前で瞬間接着剤は止め、最後はワックスで仕上げて下さい。

もし接着剤を塗り過ぎてしまった場合は、600番ぐらいの紙やすりで接着剤のみを慎重に擦り落として下さい。

いずれの場合も、★オス本体のカーボンを紙ヤスリで擦って細くする事は絶対にしないで下さい!★保障の対象外となり、調整メンテナンスが有料となってしまいます。

作業のコツは、隙間が出来ているであろう部分に、「少しずつ何度かに分けて塗り重ねていく」という事と、「ちょうど良くなる寸前で止める」という事です。

くれぐれもやり過ぎ盛り過ぎは禁物です、抜けなくなったりメスフェルールに深刻なダメージを与えかねません。

一度でやろうとせずに、釣行毎に少しずつやる、ぐらいの感じが良い結果を生みます。


【冬場のキャスティング練習について】

今時期は広場でキャスティング練習に励む、と言う方も少なくないんじゃないでしょうか。

その場合、何故だか妙に飛ばないな~~って感じる事はありませんか?それって、「静電気」が原因となっている場合が多いものです。

そんな時は「エレガード」などの、静電気防止スプレーをリールに直接シュー!

ってのは流石に気が引けるので、まずはキッチンペーペーにシュー!してから、ついでにラインクリーナーも垂らしてラインをクリーニングするとアラ不思議?!ビックリする程ラインが飛ぶようになりますのでお試しあれ。


【オフシーズンのロッドのお手入れ】

え~~今更?とか言われそうですが、私の作ったバンブーロッドをお買い上げ頂いているオーナーの方々には、ロッド磨きには車用の保護艶出し剤、「アーマオールかクレポリメイト」をお勧めしています。

素材的な相性もあるでしょうが、ラインに使うのもアリと思いますのでお試し下さい。

車に使うようなワックスを使っている方もいるかと思いますが、ロッドを補修する場合に、塗料とか接着剤をはじいてしまって大変な事になる場合がありますので注意が必要です。

ロッドを補修に出す際には、「ロッド磨きには何を使っていたのか?」を伝える事も非常に重要な情報となりますのでご留意ください。


【オフシーズンのロッドの保管】

え~~今更?とか言われそうですが、私の作ったバンブーロッドをお買い上げ頂いているオーナーの方々には、ロッドはチューブから出し、トップの曲がりを手で逆に曲げて真っすぐに直してから、ロッドソックに入れ、部屋の隅に吊るしておいて下さい、と伝えています。

ちなみにロッドチューブは、ヘアドライヤーでしっかり中身を乾燥させてから蓋をして保管するのが良いでしょう。


【リールシートの曖昧さ】

リールシート作成はいつも悩みます、リールシート然りリールフット然り、実は厳格な規格というものが未だに定められていないのです。

ハマらないリールがある、とかいう声をたまに聞きますので、最近はちょいと長めにゆるめに作ってあるものもあります・・・・付けられないよりはマシですからね。

で、ゆるい場合の対処法は、ビニールテープをリールフット裏に何枚か張り付けて余りを切れば簡単に対処する事が出来ますのでお試し下さい。

昔のオービスとかにはかなり薄い物もありますので、この方法で対処する事が出来ます。


【ラインとリーダーの接続方法】

前回のブログを見た方から、ラインとリーダーの接続部分はどうなってんの?と言う質問を受けましたが、よくぞ見つけました。

実は、ラインの芯にピンで穴を開け、リーダーを2mmばかり差し込んで瞬間接着剤で止めているだけ、なんですね~~~。

フライを始めた当初から、渓流ではもちろんNZや荒雄や管釣りや北海道のレインボー相手でもすべてこのシステムでやっていますが、魚とのファイト中に取れた事は今の今まで只の一度もありません!スゴイでしょ?!ウソだ~~~~~~っ!?!とか言われそうですが、本当です。

しかも全然ヘタらないマキシマリーダーだから、テーパー部分がチビてダメになるまで年中ズ~~~ッと付けっぱなし!!

但し、フロロリーダーや特殊コーティングされたリーダーはダメだった記憶がありますし、ラインのセンターにしっかり穴があけられない広がらないラインもありましたので、素材的な相性はあるかと思います。

それと、開封してから1年以上経った物は接着力が落ちますし(引っ張ってみれば分かります)、接着してから3・4年も経てば取れやすくなるでしょうから、接着剤はなるべく新しい物を使う事、1年以上経ったら付け直す事を前提に、「自己責任にて」試してみては如何でしょうか???


【エルゴノミックグリップ】

変形グリップに対して偏見が薄まりつつある昨今、Quest! Bamboo Rodsでは、当方が独自にデザインしたエルゴノミックグリップを、全てのレンタルお試し用ロッドに採用しております。


d0091323_16552648.jpg


このグリップは、パッと見それ程変形しているように見えませんが、握りやすい、疲れにくい、投げやすい、ロッドの動きが良く分かる、命中率が上がる等々、体感した皆さまに大好評を得ております。

特にロングロッドや高番手ロッドでは、歴然とその効果を体感する事が出来、グリップ形状がいかに重要であるかを再認識する事と思います。

もちろん従来のノーマルタイプグリップもお作りしますが、オーダーを決定される前に是非一度レンタルロッドをお試し頂き、その驚きの性能を体感してみて下さい、丸グリップに戻れなくなるかも?ですヨ!!





のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?





[PR]
by koubouquest | 2018-01-29 17:07 | ◆Quest!BambooRods◆

いよいよ終盤戦のテクニカルステージ荒雄、虫は出るのか?ライズはあるのか?

痺れを切らして時計を覗き込めば、針はぴったり11時を指していた。

さてそろそろ始まっても良い頃だぞと、再び水面に目を移す。

程無く、ぽつりぽつりと流れる小さな羽虫の1匹が不意に水中へと引き込まれ、そしてついに、やっとの事でそれは始まった。

まずは、ロッドに取り付けたティペットキーパーと人差し指に廻し掛けていたラインを、水面へぱらりと解き落とす。

次に、ライトグレイの小さなフライの針先とティペットを唾で濡らし、それを摘まんだまま一旦ラインを下流へと垂れ流し、態勢を整え、一つ深呼吸をした。

そして、水面で消える羽虫のタイミングにシンクロさせて、バンブーロッドの胴のしなりの一振りでやんわりと、その水中の主のちょっと上流へとフライを送り込んだ。

水中の主は、真正面に流れて来たそれを当たり前のように吸い込み、俺は誇らしげにロッドを天高く突き立てた・・・・。

d0091323_15105391.jpg


・・・・ってのが最高のシチュエーションだったんだけどなぁ。

この日は殆ど虫が出ずライズも無く、大場所の中層に浮かぶ魚の影にデカフライを落としたらあっさり出ちゃった、って言うのが上の画像の正しい状況なのでした、ああ残念。

ある意味、秋終のミッジングこそが荒雄の醍醐味、真骨頂と思っており、この時期をとても楽しみにしているんだけれども、出ないものはしょうがない、自然相手の遊びだから仕方ないですね。

そしてこの日は寒気団が入り込んでかなり寒く、到着時は周囲に雪が残っており、山は真っ白雪景色だったんだけど実は、前日にギックリ腰(ケツ)をやってしまい、寒さよりもそっちの方が痛くて辛くてしんどかった~~。

そしてまずは朝イチ本番前の1匹目、「え~~っ?こんな場所で?!」から引っ張り出した竿抜けくん。

d0091323_15104783.jpg


誰も狙わないもんだから、1回バタついてすっぽ抜けてるのに2度出でドン!

しかし今年は早くから婚活闘争グループのなんと多かった事か。

基本私は婚活組は狙わない主義なので、その分対象魚が減る訳ですが反面、その周囲には若者青年半人前青二才君があぶれている訳で・・・・。

婚活いちゃつきペアから爪はじきにされて、イライラしていたあばれる君。

d0091323_15104196.jpg


ケツが痛いので川歩きは勿論の事、しゃがみ込んでのキャッチ&鈎外し&撮影がしんどいったらありゃしない、ちゃんと・・・・あーあ。

d0091323_15103549.jpg


あーもう!・・・・いいけどさ。

d0091323_15103021.jpg


そしてお昼ちょっと前、いよいよこれからが本番と思い見当をつけていたライズするであろう何カ所かのポイントに行ってみるも、何処も彼処も先行者の影。

何とか空きを見つけてBランクポイントに入ってみたものの、これがもう大失敗!

待てど暮らせど虫は出ないしライズもしない、そしてそのままズルズルと・・・・。

人が多くて動きが取れない腰が痛くて動きたくない、ってのもあったんだけれど見切りを付けるタイミングを失ってしまい、気が付けば3時をとっくに過ぎていた、さてどうしよう。

後ろ髪を引かれつつもミッジゲームは諦め、でもこのままじゃ治まらないので魚影の濃かった婚活パーティー会場へと出向いたらラッキー!一息休憩中のライズ発見!!

そして一投目、ちょいとズレちゃったものの、わざわざ下流側まで追って来てハグハグしながら喰い付いてくれた。

d0091323_15102441.jpg


しかしこの画像、見てダメなところ解りますでしょうか?

ロッドとリーダーの角度は90度前後なのでOKだけど、リーダーと魚の角度が90度以上に開きすぎているのでNGですね。

このままだとフライが抜ける可能性が大だし、賢い大物ならば一気に堰堤下流へと下られてしまいます。

じゃあなぜ?? かと言うと、まずは腰が痛くて動くのがしんどいという事もありますが、バンブーロッドだから、です。

じゃあなぜバンブーロッドだから?? かと言うと、バンブーロッドは最初の一暴れさえ凌げば、そのしなやかなしなりがお互いを早く落ち着かせてくれるので、その後の暴走やバラシや糸切れを軽減する事が出来るから、この角度でもまあ許せるわけです。

※この日使用していたロッドは、Dragontail 9フィート 4番 3ピース 荒雄川ミッジング対応仕様 でした。 

この「お互いが早く落ち着く」事がいかに重要なポイントなのかは、場数を踏んだバンブーロッダーならば頷いて頂けるでしょう。

これは「バンブーとカーボンの機能的な差」の一つ、とも言える訳です。

そしてその都市伝説の様に語られている、「バンブーロッドはバラし難い」は、Quest! BambooRodsのロッドをこのオフシーズンに管釣りで使って頂ければ、それを実釣体感する事が出来るのです。

その体験料金は『片道送料分だけ』をご負担下さい、それと勿論、フック先端のチェックは常時怠り無き様、併せて宜しくお願い致します。

Quest!BambooRodsのコマーシャル、で御座いました~~~m(__)m

さてその後どうなったのかと言えば、まずは一暴れを凌げたという事と、反転してバックリと喰い付きしっかりフッキングしているという事と、サイズは45cm前後の若者であるという事を鑑みて、このまま動かずとも獲れると判断。

まずは1・2度オバセてその場へ留まらせ(上の画像がまさにこの状態です)、ロッドを立てて刺激を加えて徐々に上流へと昇らせつつこちら側に引き寄せます。

そして自分よりも上流へ行った時点でゆっくりと魚の後ろ側に回り込み、わざと刺激を加えて上流へ何度か走らせ、体力を奪い引きを十分楽しんだ後、ワンアクションでネットに収まる距離のリーダー部分を掴み、リフトUPして顔を水面へと出しターンさせてネットイン!

メデタク手中に収まった、と言う訳なのでした。

d0091323_15101849.jpg


「あ~オレ、何やってんだろ」な、青二才君でした。

じゃあね~~婚活頑張れよ~~~。

d0091323_15101229.jpg


さて次回はどうしましょ、まずは腰が治っていればなんだけど、今後もコカゲロウは少なそうなんだよな~、でも雪が降ればユスリカなんかもいっぱい出そうな気もするし、悩むな~~~。

いやそれより何より、ウチの母ちゃんのご機嫌取りの方が先か・・・・。








のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?





[PR]
by koubouquest | 2017-11-23 15:34

ビビリ期突入!の荒雄川、一体何が明暗を分けるのか~~?!

台風増水の引き際の笹濁り、と言う大チャンスに行けそうだったのになんやかんやで結局は行けず、やっとこさ一昨日、平水に戻り濁りもすっかり取れ、連休中には相当な数の釣り人に叩かれたであろうビビリ期突入!の荒雄川に、風邪気味でダルい体にムチ打ち行ってきました。

天気予報では昼頃からずっと曇りで釣り日和のはずだったのに、予報に反して朝からピーカン&強風となってしまい、只でさえキビシイ釣りに輪を掛けて辛く厳しい釣りになってしまう予感がよぎるのでありました。

d0091323_10013025.jpg


案の定、流石にこの時期ともなるとそのスレ具合たるやハンパ無く、正しくビビリ期突入!の荒雄川、一体何が明暗を分けるのか~~~?!なのでした。

不都合な事に、この日は天気の良さと水の透明度が災いし、全てが丸見えお見通し状態。

近づいただけで沈むなんてのは当たり前、フォルスキャストで逃げる、落ちたフライにビックリする、ラインを引き出す動作で感付く、横切るティペットの光を嫌がるとかそんな奴ばかり。

そんな奴ばかりなもんだから当然沈めたフライにもかなり敏感で、リアル系フェザントテイルの20番をナチュラルに真正面に流し込んでも、「はいはい騙されませんよ」ってな感じでやんわりかわされてしまう始末。

おかげで午前中は1抜け2かじりノーフィッシュと言う、かなりヤバイ状態に・・・・。

そして午後、この天気気温水色虫の少なさ釣り人の多さを考えて導き出した戦略が・・・・、

「竿抜け&ヤル気のあるヤツを見つけ、ドライで叩き釣る!」

なんか前回とあまり変わらない様な気もするけれど、コレが過去の経験から導き出した最善手と判断し午後の部をスタートさせた。

で、結果はすぐに出た。

d0091323_10012347.jpg

ありがとうね~、のボウズ逃れ君。

d0091323_10011792.jpg

ここに居たのもチェック済み。

d0091323_10011147.jpg

そんなに大きくは見えないけれど、結構グラマラスな50姐さん。

d0091323_10010369.jpg

ここも一応竿抜けかな、深瀬際の木の根っこに何発か打ち込んで誘い出しに成功!

d0091323_10005593.jpg

瀬の中の午前中に獲り逃がした何匹かはやっぱりツンデレ状態。

d0091323_10004750.jpg

その後僅かながら大小の羽虫が出て来てドライでバシバシ!楽し~~!

d0091323_10004147.jpg

今回も多かったごましお君。

d0091323_10003505.jpg

大場所は1匹出たらお終い、全員ベタ底で後が続かないので粘っちゃダメです。

d0091323_10002709.jpg

おおこれは、多分前回も釣っている砂色ちゃん!?逆面から撮っていればよかったな。

d0091323_10002223.jpg

彼女は2014年に放流された砂色ちゃんの生き残りと思うんだけど、どうでしょう。

その後何匹か釣って、前回良い思いをした下流部のトロ瀬へとワープ!

彼らは賢いから釣られていないはず&虫が出たのでスイッチ入っているはずとの読みで、投げたら出た。

うひょ~~~~走るねー強いねーやっぱ凄いですよ!

d0091323_10001692.jpg

大物と長時間ファイトするとフィッシュセット=曲がり癖が付いてしまうので、取り込みの際には画像の様にロッドを裏返しにして行うと癖が取れるのでおススメです。

おお~~これまたカッコええトンガリ様!ありがたやありがたや。

d0091323_10001055.jpg

こちらは上流部のガンガン瀬のど真ん中からバシュッ!と出た婚活終了のトンガリ様。

d0091323_10000364.jpg

見た目そっくり!多分兄弟でしょう。


ココでこれだけ暴れられたらもう終わりだな、と思ったらピシャリとライズする過信者がいた。

油断してると釣っちゃうぞ~~そりゃ! で釣れちゃった君、これがもう暴れる暴れる!掬ってみたらやっぱりね。

えっ?オレ釣られちゃったの??マジで???  と、びっくり顔の荒雄鱒君でした。

d0091323_09595649.jpg

ご覧下さい、度重なる洪水のせいでちょっとアレだけど、なんと立派な尾びれ。

d0091323_09595125.jpg

そしてこの、ピシッと伸びた素晴らしい背びれ。

d0091323_09594522.jpg

では正装のお写・・・・。

d0091323_09593934.jpg

ま、いいけどね。

午前中は絶不調で丸ボーズも覚悟した今回の釣行、戦略組み立てが上手くハマり、結局はドライオンリーで気が付けばツ抜けと言う幸釣果に終わったものの、見え鱒相手にニンフをとっかえひっかえツンデレ沼にハマっていたら一体どうなっていた事か。

気持ちの切り替え、大胆な戦略変更が釣果の明暗を分けたと言っても良い、更なる引き出しが増えた今回の釣行でした。

次回、「いよいよ終盤戦となるテクニカルステージ荒雄、虫は出るのか?ライズはあるのか?」をお送りいたします、お楽しみに!


~おまけ~

その1  戦い済んで日が暮れて、酷使され殉職した小太りフォームカディスさん、ここまで使われたら本望でしょう。

d0091323_09593238.jpg

この後、骨は拾われ砥石で砥がれ再巻きされ、戦線へと復帰します。

その2  やってます!頑張ってます!

d0091323_09592577.jpg
d0091323_09590212.jpg


もう暫くお待ちくださいませ。m(__)m




のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?





[PR]
by koubouquest | 2017-11-10 10:13

薄暗ドンヨリ肌寒のヤマセ

d0091323_15225620.jpg




d0091323_15225084.jpg




d0091323_15224501.jpg




d0091323_15223974.jpg




d0091323_15223400.jpg




d0091323_15222861.jpg




d0091323_15222185.jpg






梅雨明け宣言が出された直後からジトジトじめじめ、薄暗ドンヨリ肌寒のヤマセがもう2週間以上続いています。

涼しくて過ごしやすいのはいいけれど、いつもどこかで小雨霧雨が断続的に降っており、8月の釣行日数はすっかりと少なくなってしまいました。

重い腰を上げ空を見上げ、天気予報に雨マークの無い日を選んで出掛けてみても、やはりシトシト降られてしまう始末。

それでも何とか、すくすくと育つ野生の命や災害を生き抜いた逞しい命を手にすると、嬉しさと愛おしさがこみあげてきます。

d0091323_15181453.jpg





d0091323_15180857.jpg





d0091323_15180236.jpg



ロッド製作の方はと言えば、オイカワロッドとかショートロッドのデモロッドを作るとか言ってた矢先に、修理やレストアや新規オーダーが立て続けに舞い込んで来たため、嬉しい悲鳴を上げております。

今回の焼きは、ぱっと見殆ど分かりませんが、ちょいと深焼で濃い目のストローカラーとなります。

d0091323_15175499.jpg

完成納品をお待ちの皆々様方、今暫くお待ち下さいませ。





のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?





[PR]
by koubouquest | 2017-08-24 15:28

そうだ、荒雄へ行こう!


暑かったり雨降ったり、増水だったりなんやかんやで、ここ暫く釣りに行っていませんでした。

やっとの事でフルタイム釣行の時間が取れる事となり、水沢時代に通っていた和賀方面へ行こうか、いやいっその事秋田へ行っちゃおうかなんて考えていたんだけど、北海道旅行も決まった事だし・・・・そうだ、荒雄へ行こう! そしてデカドライでデカレインボー釣っちゃおう!!

d0091323_12313149.jpg

てな訳で御座いまして、北海道での釣行(ほんのちょっとだけ、トホホ)の前哨戦を兼ねて行ってきました。

話の流れで思い立ったのが朝食ミーティング中だったので、到着はお昼。

なのに天気予報では、雨は夕方からのはずだったのに、釣り始めるや否や雨。

しょうがない、一旦上がって仕切り直しのんびりと昼メシを食べ、1時から再スタートとなってしまった。

しかしさっきの雨が幸いして活性が上がったのか、この日は絶好釣!

開始早々、ボサ下から飛び出して来て8番のセミドライにバコン!わ~~お!!

d0091323_12312472.jpg

誰かがさっきまで叩いていた流れで小さなライズ!ロングキャストでドン! イ~~ネ!!

d0091323_12311853.jpg

今回多く釣れて来たごましお君、どれもサイズの割にはパワフル。

d0091323_12311274.jpg

暫くしたら太陽が出て来て、おまけに蒸して来た。

こんな時は荒瀬でドカン!と行きたいところだったんだけど、ナゼカと言うかヤハリと言うか、どこの瀬も魚影薄。

そして流れ着いた最上流部、ボロボロになったデカセミフライを見切ったので、10番の小太りカディスにチェンジしたらこれが大当たり!

「あれ、旨いんだよな~~」って感じで、上流からわざわざ流れ下って来てがっぽり喰い付いた50クン。

d0091323_12310663.jpg

一息ついてリールファイトの体制が整ったところにトンボが飛んで来たのでパチリ、夏ですな~~。

d0091323_12310069.jpg

一味違った鋭いファイトの10分後、揚げて見たらばやっぱりね、前回2匹目に釣れて来た現地生まれの荒雄鱒様でございました。

d0091323_12305300.jpg

前回はメタボチックに撮っちゃったけれど(前回参照)、今回はしっかりトンガリ菱形イケメン君に撮りましたぜ、カッチョエエ~~!!

って、今度はシッポが切れてるし・・・・だって、眩しいし偏光(縦撮り時)だし老眼だしで、画面が見えないんだもんさ。

さらに追加のゴマシオ君、しっかし暑くて溶けそうだ~。

d0091323_12304822.jpg

その後折り返すものの、瀬ではやはり釣れず。

ゆるい流れの底に魚影を見つけ、草むらに隠れて様子を伺い、日が隠れるタイミングに合わせてデカフライをポトリと落とす、と、ついーーっと浮かんで来てばっくりポン!夏ですね~~。

d0091323_12303912.jpg

コイツも凄かった~~~!流石は荒雄のジモティー君、サンキューです。

d0091323_12303484.jpg

その見分け方のコツとしては、尾びれの下側のトンガリ具合は言うまでも無く、背びれも凄いんですよ!ナゼならポンド育ちは、餌を争って喰うあまり乗っかり合いになってしまい、背びれがつぶれてしまうんですね、ってちゃんと写ってねえし。

この日の最大、グリップオーバーの60おーばーさん、お疲れ様です。

d0091323_12302827.jpg

前回はロッドテストのために強引なファイトをしたけれど、やはり普通にファイトした方が魚も自分も疲れずファイトタイムも大して変わらない、という事を今回改めて確認出来ました。

バンブーロッドの利点は、まずは最初の一暴れはカーボンと変わらないとは思いますが、その暴れが早く収まり、そしてその後のやり取りやファイトが落ち着いて出来る、という事が挙げられます。

まず一暴れが治まったら、ファイトしやすい場所までロッドを立てて移動し、自分の場合可能であれば腰を落とします、これは魚を驚かさずに早めに落ち着いてもらうためです。

そして自分よりも常に上流に魚を止める様に務め、魚とライン、ラインとロッドのそれぞれの角度を90℃前後に保ち、ロッドのバット部分でパワーを掛けるイメージでじんわりとプレッシャーを掛け続けます。

この時何度か走られますが、それこそがパワーをそぎ落とす行為なので、それぞれの90℃をなるべく保つように努め、ロッドワークと、絡まないように気を付けつつラインワークで凌ぎます。

暫くすると疲れて来て長く休むようになります、この時自分も少し落ち着いて休み、態勢を整えましょう。

ブログにあるファイト中にロッドを立てた画像は、そんな一休みした後にリフトアップして勝負に出るぜ!という画像です。

相手のサイズや残パワーを推し量り、その時点で主導権を握りほぼ勝ったな、と思っています。

魚が下流に居る画像の場合は、その後上流に泳がせてターン返し(後述)でネットインさせます。

休憩時にまだ時間が掛かりそうな相手だったらその時点でラインを巻き取り、リールファイトに備えます。

その後も下流に走られた時は慌てず騒がず、自分もじわじわと下流に下がり、パワーが落ちた頃に一度勇気をもってラインを一瞬緩めてみて下さい、上手くすると魚がそこで止まってくれます。

コレ結構重要で便利なテクニックですので、ダメ元で何度か試してみて下さい。

そして魚より下流にポジションが取れたらしめたもの、下流側に軽くテンションを掛けて上流に走らせてパワーを奪い取る、を何度か繰り返し、頃合いを見計らってリフトアップして頭を出せたらもうこっちの物、そのまま上流でターンさせてネットイン!あなたの勝ち!!となります。

ネットインミスって下流に行っちゃった場合は諦めてやり直しましょう、下流側で掬おうとしてバラした事、何度もあるでしょ!

カーボンを使っていた頃は、ガツガツがばがばとした暴れがなかなか治まらず、こっちも慌てたファイトをしてばかりでしたが、バンブーには慌てずじっくり落ち着いてファイト出来る粘りがあり、それを味わい楽しめる余裕も生まれてきます。

d0091323_12302111.jpg

今回のロッドは前回同様、9フィート、4番、3ピースのシングルハンド。

ご用命はこちらまで!⇒【Quest!Bamboo Rod’s】  のコマーシャルで御座いました~~!

さてそろそろ帰ろうかなと気が付けば、こんな時間なのにベゼルがこの数値?!

d0091323_12301455.jpg

ヤバイぜ!帰るに帰れず続行決定!

の20分後、やっとの事で鬼門抜け、しかも嬉しい荒瀬での釣り、イエ~~~イ!

d0091323_12300272.jpg

そしてここでも出ました少年ジモティー君、こんなサイズなのにビックリするほどのファイターなのです。

d0091323_12295561.jpg

もっと早くここに来ていれば良かった~~、あっという間に3匹追加。

しかし油断大敵、ボサ下で怪物君が掛かった途端に木の枝に突っ込まれて本日初のラインブレイク!残念、デカかった~~~。

その下流のタルミ、誰かがずーっと粘っていたのはキミだったのかな?2・3度見切られたものの、真黒カディスに替えたら油断して思わず喰い付いちゃった美人さん、してやったり。

d0091323_12294889.jpg

さてさて、やっとの事で赤橋到着。

たったさっきまで誰かが粘っていたのでそのまま上がろうと思っていたらなんと、ボサ下でライズしてるではありませんか!しかも2匹。

まあでもダメだろうなと思ったら、あっさり2投目で喰って来た。

d0091323_12294168.jpg

これは多分、橋の上から見えていたヒレピン菱形イケメン君。

d0091323_12292705.jpg

そして更に、下流の葦際にライズ発見!と思ったら、その下流から釣り人が登場。

むむむっ?!おやおや?! 瞬間知り合いの様にも見え声を掛けようかなと思ったものの、疲れていたし喉がカラカラだったのでライズはその方へと譲り、上がる事にしたのでした。

しかし実はやっぱり、以前ガイドした知り合いのIさんでした、直感を信じて声をかけるべきでした~~残念!


そして車まで戻り、ウエーダーを脱ごうと思ったらかなり汚れていたので洗おうと思い、せっかくだからロッドも持って行こうと思い、カウンター見たら18だったのでキリ良く20にしちゃおうと思い、投げたら出た。

d0091323_12291982.jpg

ライズは殆ど無いものの、やっぱイブニングタイムだもんね。

更にあっさり2匹目も出て、夏の荒雄釣行はクッタクタに疲れて大満足にて終了!となったのでありました、どんど晴れ~~!!

d0091323_12291256.jpg


あ~~~~~腕が心地良く、痛い。








のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!



クリック➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)





[PR]
by koubouquest | 2017-08-02 12:41

荒雄実釣【Quest!Bamboo Rod’s】コマーシャル 

という訳でございまして、行ってきました宮城県は鬼首の荒雄川C&R。

今回の釣行は、前回の話題に挙がった新作ロッド、904-3のテストがメイン。

9フィート台シングルハンドのデモロッドはあるものの、今現在そのどれもが荒雄を基準としたタイプだったので、今回はたまにご要望のある、荒瀬を下る大物や倒木に逃げ込もうとするモンスターの走りをガッツリと止めるためのパワーを備えた、「海外&北海道モンスター対応の9FTデモロッド」を作っての実釣テスト、となった訳です。

更にはその止めるためのパワーを試すべく、「ラインを出さないストップファイト」をサブテーマとして釣り進む事を心に決めていたのでした。

が、最初の1匹目が凄かった!

d0091323_10335985.jpg

フロロの0.8号(5X)を慎重に結んでいたのでまず切られる事は無いと思い、最初からガッツリストップファイト!と思っていたのに、こやつがまあなんと走る走る!強い強い!

何とか踏ん張ってラインは10m以上出さないように戦い、ファイトタイムも10分掛けないで獲れたものの、1匹目にしてすでにクタクタ。

ここはNZかUSAか?と思うようなビッグファイトが1匹目にして出来て大満足!となったのでした。

画像ではちょいメタボに見えるものの、なんともカッコ良くて男前なレインボートラウト。

d0091323_10335343.jpg

で件のロッドがコレ。

d0091323_10334781.jpg

バットパワーUPのため、「荒雄基準の9フィートロッド」よりもちょっと重くなってしまったけれど、ぎりぎりセーフで150gは切れた。

9’0” 4Wt 3/1 T=13.5g M=40.3g B=96.0g 149.8g

★オーダー仕様★
◆ブランク基本料金 9’0”・・・・82400円
◆ピース  3P・・・・6200円
◆スレッドカラー グリーン
◆飾り巻き ブラック・・・・6800円
◆ガイド  シルバークロムガイドセット・・・・1200円
◆ストリッピングガイド オールドタイプ・・・・1200円
◆フックキーパー シルバークロム・・・・600円  
◆ティペットキーパー シルバークロム・・・・600円
◆グリップ ワンポイントコルクライン・・・・1200円
◆リールシート金具 Quest!オリジナル・・・・0円
◆リールシートフィラー ウォールナットA)2200円
◆その他 オリジナルロッドソック・・・・0円※オーダー品には付属
★オーダー参考価格 102400円

是非手に取ってお試し実釣してみて下さい! お試し送料は当方にて片道分を負担致します。

★なおティペットキーパーが付いている以外は全て通常仕様となっており、参考価格の10%OFF(92000円)にて、ご購入も可能となっております。


で、ファイト中のベンディングカーブはこんな感じ。

1匹目はロッドを撮る余裕が無かったので、これは3匹目の50ちゃんの時のやつ。

d0091323_10334132.jpg

バット部分の中空率を下げてパワーを上げた分、ややファスト寄りのカーブとなっています。

これも多分去年からの生き残りだと思うんだけど、引きが凄くて良いテストになりました。

d0091323_10333544.jpg

そしてこいつも凄かった!そしてやっぱりね!なその尾びれ。

d0091323_10332936.jpg

木陰の岸際がモコン!としたのでヒゲナガdeツツッツツッで、ガボン!!ヒーハー!!

d0091323_10332347.jpg

デカドライは楽し~~~い!

45くらいのサイズならば1分以内でOK!獲れます。

d0091323_10331768.jpg

その後下流部の様子を見るべく大急ぎで釣り下るも大した収穫は無く、ポイントが砂で更に埋まってしまっていた事と予想以上に魚影が薄かった、という事だけを確認してとりあえずは終了。

そして帰り際、午前中に反応してくれたやつらへとご挨拶。

たったさっき3・4人が叩いた後なれど、またしてもヒゲナガdeツツッツツッで、ザブン!イエ~~イ!!

d0091323_10331061.jpg

しかしこのロッド、カーボン並みに硬くて強くて衝撃が伝わりやすいためなのか、良くも悪くも魚が暴れる!暴れる!

d0091323_10330585.jpg


という事で何匹かの大物を相手に、想定通りの出来栄えだった事を何度も確認する事が出来た今回の釣行。

それに加えて荒雄では荒雄用、海外では海外用と、それぞれの釣り方やシチュエーションやアベレージサイズに合わせたロッドチョイスがいかに大事で楽しむための重要な要素であるか、という事が今回の釣行で再確認する事が出来、そして今後の竿づくりに生かそうと改めて心に刻むのでありました。

d0091323_10325837.jpg

Quest!Bamboo Rod’sでは、これまで数多く積み重ねて来た虹鱒達とのファイトデータを元にして、貴方の釣り方やシチュエーションに合わせたロッドテーパー&アクションをご提案する準備があります。

ビッグフィッシュ対応シングルハンドロングロッドの実釣レンタル&オーダー、お待ちしております!

【Quest!Bamboo Rod’s】の荒雄実釣コマーシャルでございました~!!



そうそう!すっかり忘れておりました。
去年の荒雄最終日?に、赤橋の下の中州でフライボックスを拾っておりました。
d0091323_11393489.jpg
青橋近くの釣り券も売っているキノコ屋さんにお渡ししてありますので、お心当たりのある方は取りに行って下さいませ。



のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!



クリック➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)





[PR]
by koubouquest | 2017-06-27 10:51 | ◆Quest!BambooRods◆

夏至の梅雨入り?

d0091323_15333369.jpg




d0091323_15332572.jpg




d0091323_15331964.jpg




d0091323_15331276.jpg




d0091323_15330684.jpg




d0091323_15330085.jpg




d0091323_15325397.jpg




d0091323_15324793.jpg




d0091323_15324093.jpg




d0091323_15323419.jpg




d0091323_15322558.jpg




d0091323_15321840.jpg




d0091323_15321161.jpg





気が付けば夏至、そして例年より2週間程遅く岩手県も梅雨入りした模様。

しかしここ最近は、寒気団が幾度となく押し寄せて来て寒く冷たい雨の日が続いていたために、その実感は特に無く、カラッと晴れた過ごしやすい季節を楽しむ間も無く、初夏が過ぎ去ろうとしています。

釣りの方はと言えば、ロッド作業の合間にちょこちょこ程度の割には思いのほか良くて、数は出ないもののサイズ的にはアベレージUPばかり。
d0091323_15313553.jpg


d0091323_15312785.jpg

ま、災害を生き抜いたのがこのサイズという事と、居ると分かっている場所にだけ行っている、という事ではあるんですけどね。

さて、そのロッド作業と釣りの合間に、ちょこちょこと進めていた9フィート4番のスーパーロングシングルハンド・フルーテッドホロービルド・カーボンファイバースピゴットフェルール・クワッドバンブーロッドが遂に完成!

9’0” 4Wt 3p/1t T=13.5g M=40.3g B=96.0g 149.8g   
d0091323_15311450.jpg
リールシートを接着した直後に辛抱堪らず、一度もラインを通す事無く「岩姫フィッシング」へGO!

しかしなんと運悪く臨時休業!ならばと、十数年ぶりとなる「ユーランド清水川」へGO!

しかし閉店間際の1時間だけしか釣る事が出来ず、単なるニジマス釣りとはなってしまったものの50オーバーを何匹か含む20匹近くを掛ける事が出来、想定通りのパワーがある事は確認出来た・・・・もののやはりモヤモヤは収まらず近日、荒雄C&Rへと出向き実戦テスト釣行決定!となったのでありました。





のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!



クリック➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)





[PR]
by koubouquest | 2017-06-22 15:41

ありゃまぁなんと!


ありゃまぁなんと!気が付けば目の前に解禁日。

ぽつりぽつりと管釣りに行っていたせいか、以前の様な高揚感はそれほどでもありませんが、やっぱりそれでも嬉しメデタシ解禁日!

で、やっぱりこの日もドライで入れ食い!結局全く沈めず仕舞い。
寄せて~~~巻いて、寄せて~~~巻いて、でドラグファイト!
うん、上手くなった。

d0091323_14424028.jpg

この時使っていたロッドは9フィート3ピースの4番、123g。
片手でひょいひょい振り回すので、
「重くないか?」と聞いてみたら、
「べつに~~」だそうで・・・・。
レンタル送料は片道分だけでOKです、是非お試し下さい。

解禁準備はまだしていませんが、それでもやっぱり多少のフライは巻かなくちゃいけません。
荒雄と岩姫用にミッジを巻いてはいたけれど、それはニジマス用の太軸フックであって、早春のチビちゃん達のために細軸フックでまた新たにミッジを巻かなきゃならんのです。

なのでそれ用のフックを取り寄せてみたら、ありゃまぁなんと?いつの間にやら値上がってやんの。
14本で400円だったものが、イキナリ14本で500円って?!どーしましょ。
14番とかはシーズン常用フックなだけにホントにもう、なんだかな~。

多少値上がってもいいから、2110のフック素材を初期の硬いやつに戻してもらってバレ難くなれば、即そっちに戻るんだけどなぁ・・・・。
もしくは細くて軽量でシルバーグレイの100を、20本500円で出してもらえれば即それに飛び付くんだけどなぁ・・・・。
いずれ理想のフックは今だ現れず、悩みは尽きないのでありました。

ロッド作業の方はと言えば、ありゃまぁなんと!素晴らしい!!
何が素晴らしいかって?ご覧下さいこのニッケルシルバーの見事な切粉。

d0091323_14423506.jpg

今までドリルは自分で研ぎ砥ぎ使っていたけれど、初めてプロに頼んでみたれば、いつまで経ってもこの切れ味!サクサクシュルル~~~ですぜ、気持ちエエ~~、流石プロ!!

とは言っても、こんなに削って切り出したのは、たったのこれだけ。

d0091323_14423094.jpg

幅が不ぞろいなのは、0.4mm刻みで何パターンか作るため。
この後、咥え直して仕上げ削りへと進みます。

そして削って削ってたったこれだけ、ってのはバンブーロッドも同じ事。
あんなに長くて太いトンキンからたった一掴み、3セット分のロッドしか作れないんですよね。

d0091323_14422361.jpg

画像で見えるオプションのワンポイントコルクラインは1200円。
極薄1/4カットのコルクグリップは2800円にて承ります。
穴埋めしたパテがぽろぽろ取れるとか、大きな穴で不快な思いをしないで済みます。

それとパッと見、変化が無いように見えるカーボンフェルールですが、実は内部ではちょこちょことバージョンUPしております。
そしてまだまだ進化しますよ~~、次作では見た目もちょこっと変わるかも??です、お楽しみに!

では解禁に向けて、 ~GO!GO!FlyFishing!~ ですよ~~~っ!!



【バンブーロッドのオーダー製作】 【フィッシングガイド】
のお問い合わせはお気軽に!まずは クリック⇒ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

フィッシングガイド遠野Quest!
Quest!BambooRod
阿部まで!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)



[PR]
by koubouquest | 2017-02-27 14:58