Quest!バンブーロッドのアレやコレや


以前採用していたバンブーフェルールや、現在採用しているカーボンスピゴットフェルールの擦り合わせ勘合調整について、「自分で直してみたいからやり方を教えてほしい」と、過去に何度かメールを頂いた事がありました。


d0091323_16553275.jpg


その都度【あくまでも自己責任にて行う】という事を前提に、メールでその手順を説明させて頂きました。

そして幸いな事に、その方々は失敗する事無く問題無く、そのロッドを使われているとの事です。

しかしやはり企業秘密とかではなく、作業に失敗して手に負えなくなったりはしないか?と言う不安があったので、今までその手順はブログで公開はしていませんでした。

それでも「まずは自分でやってみたい」と言う問い合わせが増えて来た現在、Quest! Bamboo Rodsが採用しているカーボンスピゴットフェルール(旧式のバンブーフェルールにも対応可能)の、ゆるくなったりきつくなったりした場合のフェルール擦り合わせ調整メンテナンスのやり方を、【手先の器用な方に限り、あくまでも自己責任にて行う】と言う事を前提として、ここに公開したいと思います。

なおこのやり方は簡易的な方法であり、本格的な調整方法とは全く異なりますので、本格的な摺合せ調整をお望みの場合は当方までロッドをお送り下さい。

オーダーか新品か中古かの入手形態に関わらず、全てのオーナー様に対し、「完全無料にて、フェルール再調整&メンテナンス随時受付中!」となっておりますので、まずはメールにてご連絡ご相談下さい。


まず最低限準備して頂きたいのは、キッチンペーパー・耳掻き・タイイングワックス(ろうそくも可)・瞬間接着剤・つまようじ・ポリ袋(レジ袋ラップも可)・600番程度の紙やすり、の7つです。

【フェルールがキツイ、たまに抜けなくなってしまう場合の対処法】

これらは水やゴミや砂が入り込んでしまったり、ワックスを使っている場合は寒さで硬くなってしまったり古くなって固着して起こってしまう現象です。

釣り場で抜けなくなった場合は、「温める事」でなんとか対処できますので、手で握ったり口に咥えたり、場合によってはライターや車のヒーター等で温めると外れる場合があります。

またゴム手袋を使えば、手が滑らず力も入り安全に外す事が出来ますので、車に常備しておく事をお勧めします。

1)まずはキッチンペーパーでオスの汚れをしっかりと拭き取り、ほんの少しだけワックスを塗り付けてみて下さい。

滑りが良くなり、スムーズに抜き差し出来るようになるかと思います。

2)上記でダメな場合は、100均等で買って来た竹製の耳掻きで、メスの中に付着しているゴミの塊を少しづつ掻き取ってみて下さい。

いきなりゴッソリ取ってしまうとスカスカになってしまう事もありますので、くれぐれも慎重に少しずつ掻き取って下さい。

これでほぼ解決するかと思います、仕上げにワックスを少々塗っておきましょう。


【フェルールがゆるい、または簡単に抜けてしまう場合の対処法】

釣り場で何千何万回と振り続ける訳ですから、少しずつゆるくなってしまう事はどうしても避けられません。

現場での応急処置として、フェルール部分をテープで巻き留めると言う事も選択肢に入れ、準備しておく事もアリかと思います。

1)まずは市販のフェルールワックスや、タイイング用のワックスやろうそくなどのロウを少しずつ塗り重ねてみて下さい。

いきなりゴッソリ塗り付けると喰い込んで抜けなくなってしまう事もありますので、くれぐれも慎重に少しずつ!

2)上記でもダメな場合、まずはオスに付いているワックス等の汚れをキッチンペーパーを使ってしっかりと完全に取り除きます。

次に、瞬間接着剤をほんの少量つまようじに付け、オスのフェルールに縦に塗り、すぐにポリ袋(くっ付き防止のため)で塗り広げ、しっかり硬化したのを確認してから(水で擦ると硬化が進みます)ゆっくりと差し込んでみます。

ゆるければ上記の作業を何度か繰り返し、ちょうどよくなる寸前で瞬間接着剤は止め、最後はワックスで仕上げて下さい。

もし接着剤を塗り過ぎてしまった場合は、600番ぐらいの紙やすりで接着剤のみを慎重に擦り落として下さい。

いずれの場合も、★オス本体のカーボンを紙ヤスリで擦って細くする事は絶対にしないで下さい!★保障の対象外となり、調整メンテナンスが有料となってしまいます。

作業のコツは、隙間が出来ているであろう部分に、「少しずつ何度かに分けて塗り重ねていく」という事と、「ちょうど良くなる寸前で止める」という事です。

くれぐれもやり過ぎ盛り過ぎは禁物です、抜けなくなったりメスフェルールに深刻なダメージを与えかねません。

一度でやろうとせずに、釣行毎に少しずつやる、ぐらいの感じが良い結果を生みます。


【冬場のキャスティング練習について】

今時期は広場でキャスティング練習に励む、と言う方も少なくないんじゃないでしょうか。

その場合、何故だか妙に飛ばないな~~って感じる事はありませんか?それって、「静電気」が原因となっている場合が多いものです。

そんな時は「エレガード」などの、静電気防止スプレーをリールに直接シュー!

ってのは流石に気が引けるので、まずはキッチンペーペーにシュー!してから、ついでにラインクリーナーも垂らしてラインをクリーニングするとアラ不思議?!ビックリする程ラインが飛ぶようになりますのでお試しあれ。


【オフシーズンのロッドのお手入れ】

え~~今更?とか言われそうですが、私の作ったバンブーロッドをお買い上げ頂いているオーナーの方々には、ロッド磨きには車用の保護艶出し剤、「アーマオールかクレポリメイト」をお勧めしています。

素材的な相性もあるでしょうが、ラインに使うのもアリと思いますのでお試し下さい。

車に使うようなワックスを使っている方もいるかと思いますが、ロッドを補修する場合に、塗料とか接着剤をはじいてしまって大変な事になる場合がありますので注意が必要です。

ロッドを補修に出す際には、「ロッド磨きには何を使っていたのか?」を伝える事も非常に重要な情報となりますのでご留意ください。


【オフシーズンのロッドの保管】

え~~今更?とか言われそうですが、私の作ったバンブーロッドをお買い上げ頂いているオーナーの方々には、ロッドはチューブから出し、トップの曲がりを手で逆に曲げて真っすぐに直してから、ロッドソックに入れ、部屋の隅に吊るしておいて下さい、と伝えています。

ちなみにロッドチューブは、ヘアドライヤーでしっかり中身を乾燥させてから蓋をして保管するのが良いでしょう。


【リールシートの曖昧さ】

リールシート作成はいつも悩みます、リールシート然りリールフット然り、実は厳格な規格というものが未だに定められていないのです。

ハマらないリールがある、とかいう声をたまに聞きますので、最近はちょいと長めにゆるめに作ってあるものもあります・・・・付けられないよりはマシですからね。

で、ゆるい場合の対処法は、ビニールテープをリールフット裏に何枚か張り付けて余りを切れば簡単に対処する事が出来ますのでお試し下さい。

昔のオービスとかにはかなり薄い物もありますので、この方法で対処する事が出来ます。


【ラインとリーダーの接続方法】

前回のブログを見た方から、ラインとリーダーの接続部分はどうなってんの?と言う質問を受けましたが、よくぞ見つけました。

実は、ラインの芯にピンで穴を開け、リーダーを2mmばかり差し込んで瞬間接着剤で止めているだけ、なんですね~~~。

フライを始めた当初から、渓流ではもちろんNZや荒雄や管釣りや北海道のレインボー相手でもすべてこのシステムでやっていますが、魚とのファイト中に取れた事は今の今まで只の一度もありません!スゴイでしょ?!ウソだ~~~~~~っ!?!とか言われそうですが、本当です。

しかも全然ヘタらないマキシマリーダーだから、テーパー部分がチビてダメになるまで年中ズ~~~ッと付けっぱなし!!

但し、フロロリーダーや特殊コーティングされたリーダーはダメだった記憶がありますし、ラインのセンターにしっかり穴があけられない広がらないラインもありましたので、素材的な相性はあるかと思います。

それと、開封してから1年以上経った物は接着力が落ちますし(引っ張ってみれば分かります)、接着してから3・4年も経てば取れやすくなるでしょうから、接着剤はなるべく新しい物を使う事、1年以上経ったら付け直す事を前提に、「自己責任にて」試してみては如何でしょうか???


【エルゴノミックグリップ】

変形グリップに対して偏見が薄まりつつある昨今、Quest! Bamboo Rodsでは、当方が独自にデザインしたエルゴノミックグリップを、全てのレンタルお試し用ロッドに採用しております。


d0091323_16552648.jpg


このグリップは、パッと見それ程変形しているように見えませんが、握りやすい、疲れにくい、投げやすい、ロッドの動きが良く分かる、命中率が上がる等々、体感した皆さまに大好評を得ております。

特にロングロッドや高番手ロッドでは、歴然とその効果を体感する事が出来、グリップ形状がいかに重要であるかを再認識する事と思います。

もちろん従来のノーマルタイプグリップもお作りしますが、オーダーを決定される前に是非一度レンタルロッドをお試し頂き、その驚きの性能を体感してみて下さい、丸グリップに戻れなくなるかも?ですヨ!!





のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?





[PR]
# by koubouquest | 2018-01-29 17:07 | ◆Quest!BambooRods◆