タグ:フライフィッシング ( 143 ) タグの人気記事

いよいよ終盤戦のテクニカルステージ荒雄、虫は出るのか?ライズはあるのか?

痺れを切らして時計を覗き込めば、針はぴったり11時を指していた。

さてそろそろ始まっても良い頃だぞと、再び水面に目を移す。

程無く、ぽつりぽつりと流れる小さな羽虫の1匹が不意に水中へと引き込まれ、そしてついに、やっとの事でそれは始まった。

まずは、ロッドに取り付けたティペットキーパーと人差し指に廻し掛けていたラインを、水面へぱらりと解き落とす。

次に、ライトグレイの小さなフライの針先とティペットを唾で濡らし、それを摘まんだまま一旦ラインを下流へと垂れ流し、態勢を整え、一つ深呼吸をした。

そして、水面で消える羽虫のタイミングにシンクロさせて、バンブーロッドの胴のしなりの一振りでやんわりと、その水中の主のちょっと上流へとフライを送り込んだ。

水中の主は、真正面に流れて来たそれを当たり前のように吸い込み、俺は誇らしげにロッドを天高く突き立てた・・・・。

d0091323_15105391.jpg


・・・・ってのが最高のシチュエーションだったんだけどなぁ。

この日は殆ど虫が出ずライズも無く、大場所の中層に浮かぶ魚の影にデカフライを落としたらあっさり出ちゃった、って言うのが上の画像の正しい状況なのでした、ああ残念。

ある意味、秋終のミッジングこそが荒雄の醍醐味、真骨頂と思っており、この時期をとても楽しみにしているんだけれども、出ないものはしょうがない、自然相手の遊びだから仕方ないですね。

そしてこの日は寒気団が入り込んでかなり寒く、到着時は周囲に雪が残っており、山は真っ白雪景色だったんだけど実は、前日にギックリ腰(ケツ)をやってしまい、寒さよりもそっちの方が痛くて辛くてしんどかった~~。

そしてまずは朝イチ本番前の1匹目、「え~~っ?こんな場所で?!」から引っ張り出した竿抜けくん。

d0091323_15104783.jpg


誰も狙わないもんだから、1回バタついてすっぽ抜けてるのに2度出でドン!

しかし今年は早くから婚活闘争グループのなんと多かった事か。

基本私は婚活組は狙わない主義なので、その分対象魚が減る訳ですが反面、その周囲には若者青年半人前青二才君があぶれている訳で・・・・。

婚活いちゃつきペアから爪はじきにされて、イライラしていたあばれる君。

d0091323_15104196.jpg


ケツが痛いので川歩きは勿論の事、しゃがみ込んでのキャッチ&鈎外し&撮影がしんどいったらありゃしない、ちゃんと・・・・あーあ。

d0091323_15103549.jpg


あーもう!・・・・いいけどさ。

d0091323_15103021.jpg


そしてお昼ちょっと前、いよいよこれからが本番と思い見当をつけていたライズするであろう何カ所かのポイントに行ってみるも、何処も彼処も先行者の影。

何とか空きを見つけてBランクポイントに入ってみたものの、これがもう大失敗!

待てど暮らせど虫は出ないしライズもしない、そしてそのままズルズルと・・・・。

人が多くて動きが取れない腰が痛くて動きたくない、ってのもあったんだけれど見切りを付けるタイミングを失ってしまい、気が付けば3時をとっくに過ぎていた、さてどうしよう。

後ろ髪を引かれつつもミッジゲームは諦め、でもこのままじゃ治まらないので魚影の濃かった婚活パーティー会場へと出向いたらラッキー!一息休憩中のライズ発見!!

そして一投目、ちょいとズレちゃったものの、わざわざ下流側まで追って来てハグハグしながら喰い付いてくれた。

d0091323_15102441.jpg


しかしこの画像、見てダメなところ解りますでしょうか?

ロッドとリーダーの角度は90度前後なのでOKだけど、リーダーと魚の角度が90度以上に開きすぎているのでNGですね。

このままだとフライが抜ける可能性が大だし、賢い大物ならば一気に堰堤下流へと下られてしまいます。

じゃあなぜ?? かと言うと、まずは腰が痛くて動くのがしんどいという事もありますが、バンブーロッドだから、です。

じゃあなぜバンブーロッドだから?? かと言うと、バンブーロッドは最初の一暴れさえ凌げば、そのしなやかなしなりがお互いを早く落ち着かせてくれるので、その後の暴走やバラシや糸切れを軽減する事が出来るから、この角度でもまあ許せるわけです。

※この日使用していたロッドは、Dragontail 9フィート 4番 3ピース 荒雄川ミッジング対応仕様 でした。 

この「お互いが早く落ち着く」事がいかに重要なポイントなのかは、場数を踏んだバンブーロッダーならば頷いて頂けるでしょう。

これは「バンブーとカーボンの機能的な差」の一つ、とも言える訳です。

そしてその都市伝説の様に語られている、「バンブーロッドはバラし難い」は、Quest! BambooRodsのロッドをこのオフシーズンに管釣りで使って頂ければ、それを実釣体感する事が出来るのです。

その体験料金は『片道送料分だけ』をご負担下さい、それと勿論、フック先端のチェックは常時怠り無き様、併せて宜しくお願い致します。

Quest!BambooRodsのコマーシャル、で御座いました~~~m(__)m

さてその後どうなったのかと言えば、まずは一暴れを凌げたという事と、反転してバックリと喰い付きしっかりフッキングしているという事と、サイズは45cm前後の若者であるという事を鑑みて、このまま動かずとも獲れると判断。

まずは1・2度オバセてその場へ留まらせ(上の画像がまさにこの状態です)、ロッドを立てて刺激を加えて徐々に上流へと昇らせつつこちら側に引き寄せます。

そして自分よりも上流へ行った時点でゆっくりと魚の後ろ側に回り込み、わざと刺激を加えて上流へ何度か走らせ、体力を奪い引きを十分楽しんだ後、ワンアクションでネットに収まる距離のリーダー部分を掴み、リフトUPして顔を水面へと出しターンさせてネットイン!

メデタク手中に収まった、と言う訳なのでした。

d0091323_15101849.jpg


「あ~オレ、何やってんだろ」な、青二才君でした。

じゃあね~~婚活頑張れよ~~~。

d0091323_15101229.jpg


さて次回はどうしましょ、まずは腰が治っていればなんだけど、今後もコカゲロウは少なそうなんだよな~、でも雪が降ればユスリカなんかもいっぱい出そうな気もするし、悩むな~~~。

いやそれより何より、ウチの母ちゃんのご機嫌取りの方が先か・・・・。








のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?





[PR]
by koubouquest | 2017-11-23 15:34

ビビリ期突入!の荒雄川、一体何が明暗を分けるのか~~?!

台風増水の引き際の笹濁り、と言う大チャンスに行けそうだったのになんやかんやで結局は行けず、やっとこさ一昨日、平水に戻り濁りもすっかり取れ、連休中には相当な数の釣り人に叩かれたであろうビビリ期突入!の荒雄川に、風邪気味でダルい体にムチ打ち行ってきました。

天気予報では昼頃からずっと曇りで釣り日和のはずだったのに、予報に反して朝からピーカン&強風となってしまい、只でさえキビシイ釣りに輪を掛けて辛く厳しい釣りになってしまう予感がよぎるのでありました。

d0091323_10013025.jpg


案の定、流石にこの時期ともなるとそのスレ具合たるやハンパ無く、正しくビビリ期突入!の荒雄川、一体何が明暗を分けるのか~~~?!なのでした。

不都合な事に、この日は天気の良さと水の透明度が災いし、全てが丸見えお見通し状態。

近づいただけで沈むなんてのは当たり前、フォルスキャストで逃げる、落ちたフライにビックリする、ラインを引き出す動作で感付く、横切るティペットの光を嫌がるとかそんな奴ばかり。

そんな奴ばかりなもんだから当然沈めたフライにもかなり敏感で、リアル系フェザントテイルの20番をナチュラルに真正面に流し込んでも、「はいはい騙されませんよ」ってな感じでやんわりかわされてしまう始末。

おかげで午前中は1抜け2かじりノーフィッシュと言う、かなりヤバイ状態に・・・・。

そして午後、この天気気温水色虫の少なさ釣り人の多さを考えて導き出した戦略が・・・・、

「竿抜け&ヤル気のあるヤツを見つけ、ドライで叩き釣る!」

なんか前回とあまり変わらない様な気もするけれど、コレが過去の経験から導き出した最善手と判断し午後の部をスタートさせた。

で、結果はすぐに出た。

d0091323_10012347.jpg

ありがとうね~、のボウズ逃れ君。

d0091323_10011792.jpg

ここに居たのもチェック済み。

d0091323_10011147.jpg

そんなに大きくは見えないけれど、結構グラマラスな50姐さん。

d0091323_10010369.jpg

ここも一応竿抜けかな、深瀬際の木の根っこに何発か打ち込んで誘い出しに成功!

d0091323_10005593.jpg

瀬の中の午前中に獲り逃がした何匹かはやっぱりツンデレ状態。

d0091323_10004750.jpg

その後僅かながら大小の羽虫が出て来てドライでバシバシ!楽し~~!

d0091323_10004147.jpg

今回も多かったごましお君。

d0091323_10003505.jpg

大場所は1匹出たらお終い、全員ベタ底で後が続かないので粘っちゃダメです。

d0091323_10002709.jpg

おおこれは、多分前回も釣っている砂色ちゃん!?逆面から撮っていればよかったな。

d0091323_10002223.jpg

彼女は2014年に放流された砂色ちゃんの生き残りと思うんだけど、どうでしょう。

その後何匹か釣って、前回良い思いをした下流部のトロ瀬へとワープ!

彼らは賢いから釣られていないはず&虫が出たのでスイッチ入っているはずとの読みで、投げたら出た。

うひょ~~~~走るねー強いねーやっぱ凄いですよ!

d0091323_10001692.jpg

大物と長時間ファイトするとフィッシュセット=曲がり癖が付いてしまうので、取り込みの際には画像の様にロッドを裏返しにして行うと癖が取れるのでおススメです。

おお~~これまたカッコええトンガリ様!ありがたやありがたや。

d0091323_10001055.jpg

こちらは上流部のガンガン瀬のど真ん中からバシュッ!と出た婚活終了のトンガリ様。

d0091323_10000364.jpg

見た目そっくり!多分兄弟でしょう。


ココでこれだけ暴れられたらもう終わりだな、と思ったらピシャリとライズする過信者がいた。

油断してると釣っちゃうぞ~~そりゃ! で釣れちゃった君、これがもう暴れる暴れる!掬ってみたらやっぱりね。

えっ?オレ釣られちゃったの??マジで???  と、びっくり顔の荒雄鱒君でした。

d0091323_09595649.jpg

ご覧下さい、度重なる洪水のせいでちょっとアレだけど、なんと立派な尾びれ。

d0091323_09595125.jpg

そしてこの、ピシッと伸びた素晴らしい背びれ。

d0091323_09594522.jpg

では正装のお写・・・・。

d0091323_09593934.jpg

ま、いいけどね。

午前中は絶不調で丸ボーズも覚悟した今回の釣行、戦略組み立てが上手くハマり、結局はドライオンリーで気が付けばツ抜けと言う幸釣果に終わったものの、見え鱒相手にニンフをとっかえひっかえツンデレ沼にハマっていたら一体どうなっていた事か。

気持ちの切り替え、大胆な戦略変更が釣果の明暗を分けたと言っても良い、更なる引き出しが増えた今回の釣行でした。

次回、「いよいよ終盤戦となるテクニカルステージ荒雄、虫は出るのか?ライズはあるのか?」をお送りいたします、お楽しみに!


~おまけ~

その1  戦い済んで日が暮れて、酷使され殉職した小太りフォームカディスさん、ここまで使われたら本望でしょう。

d0091323_09593238.jpg

この後、骨は拾われ砥石で砥がれ再巻きされ、戦線へと復帰します。

その2  やってます!頑張ってます!

d0091323_09592577.jpg
d0091323_09590212.jpg


もう暫くお待ちくださいませ。m(__)m




のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?





[PR]
by koubouquest | 2017-11-10 10:13

めいとアン


d0091323_16462364.jpg

いつもは全く気配の無い長深瀬の下流にある石に登り立ち、朝日が差し込んで明に暗にヌラヌラと揺らめく上流の川底に目を凝らすと、居た。

まずは9m上流の沈み石の前に1匹、更にその3m上の石の前にも1匹、そしてずっと上流のザラ瀬のヨレで僅かに揺れる砂色の影も多分そうだろう。

ドキドキとしながらティペットを08(5X)の新品に張り換え、その先に未使用のフォームカディス10番を結び付け、リールからラインを目測分ジージーと引き出し、深呼吸を一つした。

こいつら多分凄いに違いない、そして1発で出るな。

もう一度9m先のターゲットを確認し、素振り無しの只の一振りでそいつの鼻先1mにフライを送り込む、良し入った。

出るぞッ・・・・あれ?

スーーとその脇をフライが流れ去るや突如!緑色の影が振り向きざまカディスにザブンと襲い掛かり水柱がドーーン!と上がった、ウヒョ~~~ッ!!!

d0091323_16461842.jpg


北海道でバラした50オーバーの時もそうだったけど、喰った瞬間に水柱を上げるヤツなんてそうそういない。

多分、己を陥れた者への怒りとそれを見抜けなかった己に怒る賢者に違いない。


d0091323_16461386.jpg


逸る心を静めつつ、今度は更に上流の影の脇へと1回だけ空打ちをし、手元のラインで微調整を加え、再度フライをシュート!これまた完璧。

行った、出ろ出ろ喰え!そして今度は素直にガフッ!と出た。

d0091323_16460813.jpg


全てが完璧!パーフェクト!この出だしの3匹でもう十分満足!?

d0091323_16460346.jpg





お祭り騒ぎで人だらけのカーニバル期が過ぎ、そのホトボリも冷めたであろうちょっと前、2017セカンドシーズン只今絶賛開幕中!の荒雄川へと行ってきました。

到着時の下流部青橋上流の様子。

d0091323_16455724.jpg
この時釣り人は1人ぐらいしか見えていませんでしたが、上流部は既に人だらけ、だったようです。

その初日はなるべく、毎年変化している川底の状況や魚影や付き場の様子を伺うために、あまり時間を掛けずに上から下まで見て回るってのがパターンなんだけど、今年は既に全域8月にある程度下見済みだったって事と、上流部が激混みでいつもの釣車スペースがどこも満車で止められなかったって事で、久しぶりに最下流部からスタートしてみたのでしたが、結果としてはこれが大正解、だったようです。


その後、殆どの釣り人が見落としてしまうような竿抜けで、私の影に一瞬躊躇し疑いながらもパックンチョ!

d0091323_16455162.jpg


人馴れしていたデカヒレ様、過信は禁物ですよ~。

d0091323_16454558.jpg


そして普段はスルーしてしまう、下流部の中程にある大堰堤に到着。

ふと見たら、流れの開きの表層に漂う何匹かの影が見えたので、投げたら出た!

d0091323_16453995.jpg


しかもこんなのばかりが3連発!!

d0091323_16453063.jpg

ココでドライで釣ったのは何年振り?でしょうかねぇ。

沈めていた方は入れ食い状態でしたので、ココだけ極端にゴッソリ溜まってるって感じでしたが・・・・。

個人的にはココよりも、ココの下流部にこそより多く放流すべきかと思いますが如何でしょう。

さて、のどがカラカラだし腹は減ったし上下から何人か現れたので一旦上がってお昼にしましょ!

d0091323_16452480.jpg


この日の午前中に使用していたロッドは、北海道でも使っていた9フィート 4番 3ピース149g のDragontail  と言う、長~いロングレングス・シングルハンド・バンブーロッド。

d0091323_16451833.jpg


キャストのコツは手首をあまり使わず、腕を伸ばさず肘を締め、体重移動でバットに体重を乗せるイメージでコンパクトに振れば、「竿が勝手に仕事をしてくれる」ので思いのほか疲れないんですが、それより何よりバンブーロッドは楽しい!んですよ~是非お試しください。

お試し送料は、片道分だけ(関東で1800円前後)しか頂きませんので、その点何卒宜しくお願い致します。 m(__)m


後半戦は荒雄基準として作った、これまたスーパーロング・シングルハンド・バンブーロッド、 Dragontail 9フィート 4番 3ピース 124g に持ち替えて、赤橋のちょい上流部からスタート。

したんだけど、いや~~しかし釣り人だらけでしたね、午前中の快進撃はどこへやら、啄む突つく見切る無視する奴らばかりで、かな~~~りスレていて大苦戦!

~以下備忘録~

1)それでも何とか掛けたヤツには、掛かるや突然下流へ猛ダッシュされロッドをノサれ、戦う間も無くブツリ、あ~~悔しい。

原因はデカかったってのもあるんだけれど、フライ交換せずにずっと使っていたがために、アイの部分がぐらぐらと動いて摩擦で弱って切れたと思われ、いわゆる定期的リカバリー忘れと言う凡ミス。

今後デカフックでは、二つ折り通しで巻く事とする。

2)その後換えたフライは午前中と同じ小太りフォームカディスで、12番に巻いた一回り小さなタイプ。

しかしこれ薄々気が付いてはいたけれど、構造的な要素もあってちょっとばかしバレやすい。

案の定、上流部の喰いの浅いスレた奴らに対してバレを連発してしまった。

今後巻く時は100の10番に巻く事とする。

3)今回瀬の中で結構な数の魚影を見つけたものの、反応するのは1回目だけって奴が多かった。

そんなヤツに対してはテンテン落としが有効のため、それ用のフライをもっと巻いておく。


その後何とか、皆さんが敬遠しがちな細流の上流からするすると流し込んで喰わせた美人さん。

d0091323_16451109.jpg


逆光で出たのが全く分からなくて、ちょっと残念。

d0091323_16450526.jpg


そしてまだ明るかったけれど、上がりの1匹と決めた色白クン。

d0091323_16445814.jpg


これ以上釣ったらヤバい事になっちゃうもんね。


まあしかしスレていました、ルアーマンも多かったので沈めるフライは不利と判断し、この日は結局デカドライオンリーで通したけれど、おかげで結構な数の魚の顔を見る事が出来ました。

ポイントを最初から瀬だけに絞り、デカドライでヤル気のあるやつだけを拾って行くという、一見無謀とも思えた迷案だったけれども実はそれが名案で、それこそが釣果の明暗を分けたと思われる今回の釣行、まさにこれぞ明暗期の荒雄川の一つの攻略法だったと言う訳なのでありました。 


明るい釣果に安心し、明安した方、

魚影を求めてあちこちさ迷い、暗い釣果に迷暗した方

皆さんそれぞれがメイとアンに振り回された、これぞ正に荒雄の明暗期、だったんじゃないでしょうかね。

さて次回は、ビビリ期突入!の荒雄川、一体何が明暗を分けるのか~~?!の予定です、お楽しみに!


~おまけ~

今年のヤリイカは、ちょいちょいやりに行ってもいーかもね~~~!

d0091323_16444473.jpg





のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?





[PR]
by koubouquest | 2017-10-20 17:02

男ヤマメと秋の空

d0091323_15382871.jpg




d0091323_15382253.jpg




d0091323_15381692.jpg




d0091323_15381012.jpg




d0091323_15380480.jpg



9月28日禁漁目前の現在、結構な雨が降っています。

あと1・2回は行っときたいと思っていましたが、これじゃあどうやら今シーズンはこのまま終了となってしまいそうです。


今年は随分と雨に祟られ、泣かされました。

カッパを着込んでのガイド釣行ってのはしょっちゅうで、直前の豪雨台風のせいでガイドキャンセルも4件ありましたし無理を承知のダメ元強行開催もありました。

それでも何とか、ケガ無く事故無く大したトラブルも無く、シーズン2017を終える事が出来そうでほっと一息、何よりです。


失礼ながらこの場を借りて、山の神様、川の神様、魚神様、お客様に厚く感謝御礼申し上げます。

本年度は有り難う御座いました。m(__)m

あ、管釣りレクチャー&荒雄川ガイドは引き続き絶賛受付中!となっておりますので宜しくどうぞ。

お問い合わせはお気軽に!まずはメールからどうぞ~~(^^)/


実は昨日、もしかしたらラスト釣行になるかもなんてこれっぽっちも思わないまま、先週の台風増水がようやく落ち着いて来た近くの川へ、ちょこっと様子を見に行ってきたのです。

しかし魚は居るけれど多分午前中に一人入った形跡はあるけれど、フライへの反応がなんか変? もしや・・・・。

それでも何とか、すっかりと婚姻色に染まった秋ヤマメが何匹か、ぽつりぽつりと釣れて来た。
d0091323_15375896.jpg
実は川中にその姿を見つけた時、婚姻色のウグイが何故今ここに?と一瞬思ったのでした。

謎を解くべくヤマメを水中で撮影してみたらアラ不思議?何故かヤマメがウグイ色。※上下同じ魚です。
d0091323_15375282.jpg
魚族は体色でも以心伝心、これを見ると魚族にしか分からない色覚の世界がそこにある事を感じます。

そうこうしているうちにとあるポイントへとたどり着き、その光景を目にしてああそうかと嬉しくなったのです。

そうなんです、1匹の大きな母サクラマスの周りに、多くの男ヤマメを引き連れた産卵遡上の集団がそこにいたのでした。

道理でね、川の中はすっかりとお見合い婚活バトル&期間限定イクラパーティー秋祭りの真っ最中だった、と言う訳です。

こんな時釣り人は、野暮なちょっかい出す事などせずこっそりと見守り、放っておいてあげましょう。

そして30分ほど男ヤマメ達の婚活闘争劇を微笑ましく見守りつつ、天高く晴れ渡った秋空の下でシーズン2017は静かに終劇、となったのでありました。


~おまけ~

今回やっとの事で、ジジババと一緒にハゼ釣り、が実現しました。

そしてやはり今回も大漁!それぞれが20匹以上釣ったでしょうか。

特に、みんなの喰いが止まった時のバアの入れ掛かりが凄かった~!
d0091323_15374792.jpg
この釣りも河口での釣りとなるため、大雨台風増水の影響をモロに受けてしまうため油断できませんが、あと1・2回は行っときたいな~。

d0091323_15374053.jpg

だって、刺身でしょ、天ぷらでしょ、フライでしょ、しょうゆ焼きでしょ、ハゼ丼でしょ、みりん干しでしょ、燻製でしょ、焼き干しでしょ、ハゼだしでしょ、甘露煮でしょ・・・・生唾ゴクリでしょ!





のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?





[PR]
by koubouquest | 2017-09-28 15:49

そうだ、北海道へ行こう!


てな訳で御座いまして、北海道まで遠路遥々、フェリーを使ってマイカーキャンプ旅行に行ってきました。

北海道は高校生の時に修学旅行で来たきりで、釣りをするのは全くの初めて。

スケジュールの都合で、釣りが出来るのはホンの僅かな時間だけなんだけど・・・・さて、どうなってしまうのか~~。


2017/8/6(日) 北海道旅行3日目。

お昼頃まで息子がゴーカート(かなり本格的!旭日山動物園とセットでおススメ!)を楽しんだ後、キャンプしている「ひがしかぐら森林公園キャンプ場」脇を流れる忠別川まで戻り、まずは上流の忠別ダムまで川沿いを下見。

事前情報では、「荒雄並みに魚はいるけれど、かな~~りスレているし、いつも人だらけで混んでるよ」との言葉通り、日差しがジリジリと照り付ける夏日の昼時にも関わらず、日曜日だったせいもあってか、既に数台の車が川沿いの釣車スペースに止められていた。

ざっと見た感じで上流部は難しそうだったので、下流部の橋上近くの開けた区間まで戻り、息子に釣らせるべく超メジャーポイントであろう場所にて初北海道フライフィッシングをスタートさせた。
d0091323_12264849.jpg
しかし、完全アウェー&この天気じゃダメじゃん的な感じを持ちつつ何とか頑張ったけど、やっぱりダメ。

だって、ここはしょっちゅう誰かが釣ってる感アリアリだし、水が綺麗でお互いが丸見えだし、天気は良すぎるし暑いしで、息子と母ちゃんは小1時間にてギブアップ!

二人は車にてキャンプ場に退散、イブニングまで待機、となってしまったのでした。

との事で、父ちゃんだけがぽつんと河原に置いて行かれ(ニヤリ)、午後3時から一人で再スタートとなったのでありました、ああ寂しいなー。

さて、一旦橋まで戻ってみたものの、ここら近辺は超メジャーポイントらしくて其処彼処に釣り人の姿が見え、その間に入るのはちょっと気が引けたので、少し移動して誰かのすぐ下流に入ってみた。
d0091323_12264343.jpg

すると程無く、荒雄川でも評判の良かった小太りフォームカディスに、北海道忠別川のワイルドレインボーがあっさりパクン!と喰い付いた!!

掬って見ればそれほど大きくはないけれど、流石は北海道のネイティブ、キレのある素晴らしいファイト。

d0091323_12263748.jpg

まずは一安心、と、周りにいた釣り人の姿が消えたので、気配のあった入渓点まで戻ってみたらばなんと、もう既に何事も無かったかのように何匹かがライズしていた。

しかもにわかに曇り出して来て、雰囲気的にもいい感じになってきましたよ~~。

早速その一番大きそうなライズの主にフライをポトリ!するとこれまたあっさりパクリ!

これまた上下左右にキビキビとした鋭い走り、流石は忠別川のニジマス。

多分40有るか無いかなんだけど、これまた引く引く!楽しい~~!

d0091323_12263244.jpg

揚げて見たらばナルホドのトンガリ具合、ここだけでこんなのが3連発!イエ~~イ!!

d0091323_12262510.jpg

その後チビニジばかりになってしまったので上流へ移動、するとなんと、尺ニジ含めて出るわ出るわ!

沈み石からバシュッ!ボサ下からドバッ!

d0091323_12262175.jpg

このぐらいのサイズのニジマスがぽんぽんと5連発!

そのどれもがここで育った忠別虹鱒、凄いぜ忠別川!凄いぜ北海道!

d0091323_12261629.jpg

しかし油断大敵、ガンガン瀬脇に見えたちょっと大きめの魚影にロングキャストでシュート!の途端、追い風に押されティペットが一直線になってしまい、フライが落ちた瞬間にドバン!と水しぶきが上がってあっさりブチッ!! 残念、デカかった~~~。

切れ目を見たらなんと、ティペットがザラザラ、どうやら歯の鋭い小ニジを何匹も掛けてしまったため、強度がかなり落ちていた模様。

くっそー、いつもより太い1号を使っていたので油断してしまった、相変わらず詰めが甘い。

その後、50オーバーのチャンスが2度ほどあったものの、すっぽ抜けるはチビに邪魔されるわで遂にキャッチには至らず。

そうこうしているうちに父ちゃんだけのフィッシングタイムが終了、一旦上がって合流し、イブニングへと備える事になった、ああ名残惜しい。


さてそれでは3人揃ってのイブニングスタート、しかし残念、見当をつけていたポイントはどこも満席。

たまたま空いた橋下に入ったものの、ここもしょっちゅう攻められていると見えて、ライズの気配は薄いし釣れて来るのは小ニジばかり。

d0091323_12261053.jpg

ならばダメ元で、さっき40サイズが連発した堰堤上へ様子を見に行ってみたらラッキー、空いていた。

しかしここでも釣れて来るのは尺前後のニジマスばかり。

d0091323_12260302.jpg

お母ちゃんには上でライズしていた40オーバーの忠別レインボーを何とか釣って欲しかったんだけど、流石にさっきお父ちゃんに釣られたばかりだったので不発に終わってしまったものの、親子共々数多くの尺ニジ小ニジに遊んでもらい、北海道フライフィッシングは楽しく終了、となったのでありました。

しかし北海道はすげえなあ、いいなぁ、悔しいなあ・・・・ナルホド、釣りバカ共が魚に釣られ、北海道に移住しちゃう訳だネ。


以下備忘録。

大迫力の青森ねぶた祭り。

d0091323_12252838.jpg



かなり本格的なカート場、愛別カートランドARK。

d0091323_12252134.jpg



大定番、旭日山動物園。

d0091323_12251666.jpg



美瑛は見どころ満載。

d0091323_12250313.jpg



中盤のキャンプ地、かなやま湖畔キャンプ場。

d0091323_12245113.jpg



富良野ネイチャークラブは遊びが満載!安くてたっぷり楽しめるので超お勧め!!

d0091323_12244419.jpg



今回は、釣り&バーベキュー&ラフティングのセットツアーに参加。

d0091323_12243753.jpg



釣り人だったら行かねばならぬ!サケのふるさと千歳水族館。

d0091323_12243126.jpg



安っ!津軽海峡フェリー

d0091323_12242559.jpg

さようなら~~、また来るぜ~!でっかいど~~!北海道~~~!

次は完璧釣りツアーでな~~~っ!!!



のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック➡ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!


ぽちっとナ ➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ  ┐(^_^;)さて何位?




[PR]
by koubouquest | 2017-08-14 12:35

そうだ、荒雄へ行こう!


暑かったり雨降ったり、増水だったりなんやかんやで、ここ暫く釣りに行っていませんでした。

やっとの事でフルタイム釣行の時間が取れる事となり、水沢時代に通っていた和賀方面へ行こうか、いやいっその事秋田へ行っちゃおうかなんて考えていたんだけど、北海道旅行も決まった事だし・・・・そうだ、荒雄へ行こう! そしてデカドライでデカレインボー釣っちゃおう!!

d0091323_12313149.jpg

てな訳で御座いまして、北海道での釣行(ほんのちょっとだけ、トホホ)の前哨戦を兼ねて行ってきました。

話の流れで思い立ったのが朝食ミーティング中だったので、到着はお昼。

なのに天気予報では、雨は夕方からのはずだったのに、釣り始めるや否や雨。

しょうがない、一旦上がって仕切り直しのんびりと昼メシを食べ、1時から再スタートとなってしまった。

しかしさっきの雨が幸いして活性が上がったのか、この日は絶好釣!

開始早々、ボサ下から飛び出して来て8番のセミドライにバコン!わ~~お!!

d0091323_12312472.jpg

誰かがさっきまで叩いていた流れで小さなライズ!ロングキャストでドン! イ~~ネ!!

d0091323_12311853.jpg

今回多く釣れて来たごましお君、どれもサイズの割にはパワフル。

d0091323_12311274.jpg

暫くしたら太陽が出て来て、おまけに蒸して来た。

こんな時は荒瀬でドカン!と行きたいところだったんだけど、ナゼカと言うかヤハリと言うか、どこの瀬も魚影薄。

そして流れ着いた最上流部、ボロボロになったデカセミフライを見切ったので、10番の小太りカディスにチェンジしたらこれが大当たり!

「あれ、旨いんだよな~~」って感じで、上流からわざわざ流れ下って来てがっぽり喰い付いた50クン。

d0091323_12310663.jpg

一息ついてリールファイトの体制が整ったところにトンボが飛んで来たのでパチリ、夏ですな~~。

d0091323_12310069.jpg

一味違った鋭いファイトの10分後、揚げて見たらばやっぱりね、前回2匹目に釣れて来た現地生まれの荒雄鱒様でございました。

d0091323_12305300.jpg

前回はメタボチックに撮っちゃったけれど(前回参照)、今回はしっかりトンガリ菱形イケメン君に撮りましたぜ、カッチョエエ~~!!

って、今度はシッポが切れてるし・・・・だって、眩しいし偏光(縦撮り時)だし老眼だしで、画面が見えないんだもんさ。

さらに追加のゴマシオ君、しっかし暑くて溶けそうだ~。

d0091323_12304822.jpg

その後折り返すものの、瀬ではやはり釣れず。

ゆるい流れの底に魚影を見つけ、草むらに隠れて様子を伺い、日が隠れるタイミングに合わせてデカフライをポトリと落とす、と、ついーーっと浮かんで来てばっくりポン!夏ですね~~。

d0091323_12303912.jpg

コイツも凄かった~~~!流石は荒雄のジモティー君、サンキューです。

d0091323_12303484.jpg

その見分け方のコツとしては、尾びれの下側のトンガリ具合は言うまでも無く、背びれも凄いんですよ!ナゼならポンド育ちは、餌を争って喰うあまり乗っかり合いになってしまい、背びれがつぶれてしまうんですね、ってちゃんと写ってねえし。

この日の最大、グリップオーバーの60おーばーさん、お疲れ様です。

d0091323_12302827.jpg

前回はロッドテストのために強引なファイトをしたけれど、やはり普通にファイトした方が魚も自分も疲れずファイトタイムも大して変わらない、という事を今回改めて確認出来ました。

バンブーロッドの利点は、まずは最初の一暴れはカーボンと変わらないとは思いますが、その暴れが早く収まり、そしてその後のやり取りやファイトが落ち着いて出来る、という事が挙げられます。

まず一暴れが治まったら、ファイトしやすい場所までロッドを立てて移動し、自分の場合可能であれば腰を落とします、これは魚を驚かさずに早めに落ち着いてもらうためです。

そして自分よりも常に上流に魚を止める様に務め、魚とライン、ラインとロッドのそれぞれの角度を90℃前後に保ち、ロッドのバット部分でパワーを掛けるイメージでじんわりとプレッシャーを掛け続けます。

この時何度か走られますが、それこそがパワーをそぎ落とす行為なので、それぞれの90℃をなるべく保つように努め、ロッドワークと、絡まないように気を付けつつラインワークで凌ぎます。

暫くすると疲れて来て長く休むようになります、この時自分も少し落ち着いて休み、態勢を整えましょう。

ブログにあるファイト中にロッドを立てた画像は、そんな一休みした後にリフトアップして勝負に出るぜ!という画像です。

相手のサイズや残パワーを推し量り、その時点で主導権を握りほぼ勝ったな、と思っています。

魚が下流に居る画像の場合は、その後上流に泳がせてターン返し(後述)でネットインさせます。

休憩時にまだ時間が掛かりそうな相手だったらその時点でラインを巻き取り、リールファイトに備えます。

その後も下流に走られた時は慌てず騒がず、自分もじわじわと下流に下がり、パワーが落ちた頃に一度勇気をもってラインを一瞬緩めてみて下さい、上手くすると魚がそこで止まってくれます。

コレ結構重要で便利なテクニックですので、ダメ元で何度か試してみて下さい。

そして魚より下流にポジションが取れたらしめたもの、下流側に軽くテンションを掛けて上流に走らせてパワーを奪い取る、を何度か繰り返し、頃合いを見計らってリフトアップして頭を出せたらもうこっちの物、そのまま上流でターンさせてネットイン!あなたの勝ち!!となります。

ネットインミスって下流に行っちゃった場合は諦めてやり直しましょう、下流側で掬おうとしてバラした事、何度もあるでしょ!

カーボンを使っていた頃は、ガツガツがばがばとした暴れがなかなか治まらず、こっちも慌てたファイトをしてばかりでしたが、バンブーには慌てずじっくり落ち着いてファイト出来る粘りがあり、それを味わい楽しめる余裕も生まれてきます。

d0091323_12302111.jpg

今回のロッドは前回同様、9フィート、4番、3ピースのシングルハンド。

ご用命はこちらまで!⇒【Quest!Bamboo Rod’s】  のコマーシャルで御座いました~~!

さてそろそろ帰ろうかなと気が付けば、こんな時間なのにベゼルがこの数値?!

d0091323_12301455.jpg

ヤバイぜ!帰るに帰れず続行決定!

の20分後、やっとの事で鬼門抜け、しかも嬉しい荒瀬での釣り、イエ~~~イ!

d0091323_12300272.jpg

そしてここでも出ました少年ジモティー君、こんなサイズなのにビックリするほどのファイターなのです。

d0091323_12295561.jpg

もっと早くここに来ていれば良かった~~、あっという間に3匹追加。

しかし油断大敵、ボサ下で怪物君が掛かった途端に木の枝に突っ込まれて本日初のラインブレイク!残念、デカかった~~~。

その下流のタルミ、誰かがずーっと粘っていたのはキミだったのかな?2・3度見切られたものの、真黒カディスに替えたら油断して思わず喰い付いちゃった美人さん、してやったり。

d0091323_12294889.jpg

さてさて、やっとの事で赤橋到着。

たったさっきまで誰かが粘っていたのでそのまま上がろうと思っていたらなんと、ボサ下でライズしてるではありませんか!しかも2匹。

まあでもダメだろうなと思ったら、あっさり2投目で喰って来た。

d0091323_12294168.jpg

これは多分、橋の上から見えていたヒレピン菱形イケメン君。

d0091323_12292705.jpg

そして更に、下流の葦際にライズ発見!と思ったら、その下流から釣り人が登場。

むむむっ?!おやおや?! 瞬間知り合いの様にも見え声を掛けようかなと思ったものの、疲れていたし喉がカラカラだったのでライズはその方へと譲り、上がる事にしたのでした。

しかし実はやっぱり、以前ガイドした知り合いのIさんでした、直感を信じて声をかけるべきでした~~残念!


そして車まで戻り、ウエーダーを脱ごうと思ったらかなり汚れていたので洗おうと思い、せっかくだからロッドも持って行こうと思い、カウンター見たら18だったのでキリ良く20にしちゃおうと思い、投げたら出た。

d0091323_12291982.jpg

ライズは殆ど無いものの、やっぱイブニングタイムだもんね。

更にあっさり2匹目も出て、夏の荒雄釣行はクッタクタに疲れて大満足にて終了!となったのでありました、どんど晴れ~~!!

d0091323_12291256.jpg


あ~~~~~腕が心地良く、痛い。








のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!



クリック➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)





[PR]
by koubouquest | 2017-08-02 12:41

ヤバイ日

d0091323_12162624.jpg




d0091323_12161912.jpg




d0091323_12161472.jpg




d0091323_12160479.jpg




d0091323_12155979.jpg




d0091323_12155364.jpg




d0091323_12154454.jpg




d0091323_12153747.jpg




1・2年に1日、予感がするにもかかわらず何をやってもダメ裏目に出る、運転が危なくなる日と言うのがあります。

最近ないなーなんてふと思い出したのが2・3日前、そして昨日、野暮用済ますために車で街中へと向かったのでした。

そして近所のちょっと危ない路地、危ないが故に運転が慎重になるその場所で、突然おばあちゃんが目の前にひょこり!ヤバかった!


で用足しに行ったその先が、何と臨時休業、チッついてねぇ。


せっかくだからこの間作った試作ロッドのテストでもするかと思い広場へと向かうと、工事中で進入禁止、なんだよ。


じゃあちょっと遠くの河川敷へと向かい、さて振ろうかと思ったそのタイミングで大粒の雨がバチバチと落ちて来た、マジかいな。

見上げれば頭の上だけに真黒な雲、他はそうでもないのにさ。

10分ほど待ったものの止む気配無し。

諦めてそこを離れたら、何じゃこりゃ?こっちは降ってないじゃん!


このままじゃ気が治まらないので、どこかで釣りでもしようかと裏道を走っていたら、目の前にのろのろ車。

見ると目の前の営業車のその前の軽自動車が40km程でゆるゆる蛇行運転していた。

裏道なのを良い事に、若者5人が酒盛りの勢いでドライブに出た模様、つまり飲酒運転。

イライラしながらしばらく進むと営業車は去ったものの、ノロ車は相変わらず蛇行運転のため追い越せない。

やっと見通しの良い広い直線に入ったので何とか追い越そうと、タイミングを見て隣に並びかけたその刹那!ふらふらとこちらに寄って来やがった!ヤバい!こっち見てない!隣のヤツと話し!なッ!!!

危うくサイドミラーをガードレールに擦るところだった!くそっ!!マジでヤバかった!!!



ムムッ?コレってもしかして、「ヤバイ日」なのか・・・・??



お目当ての川沿いへと入り、細い区間に入ってカーブミラーに?アッ!逆光でヤバかった、ちょっと見えなかったぜ茶色の車。

すれ違いざまにオバチャンの怒り顔が見えた、危ない危ない。

「ヤバイ日」を意識していなければ本当にヤバかった、注意せねば。


そして何とか無事に現場到着、ふぅうう。

車止めからず~~っと下がってから入渓、の5分後またもや、にわかに曇るや大粒の雨がバチバチと落ちて来た。

分かってます、今日は「ヤバイ日」なのでイライラしません、じっと耐えます。

木陰で耐える事5分、10分、20分・・・・ダメか。

そしてびしょ濡れにて戦意喪失、分かりました帰ります、山の神様川の神様、背後霊様ごめんなさい。


入渓点まで戻り、そしてまた上流へと歩き車に到着しベストを脱いでいたら、晴れちゃった。


分かっています、ヤバイ日と言うのは神様が意地悪をしている、そしてそれは次から次へと起こる、という事を。

しかしどんどん晴れて来て、夏の眩しい日差しが周りを照らし出した、ううむ。

神様御免なさい、もういいでしょ?これだけ意地悪したんだから、この青空の様に気が晴れたのだと思います。


ので、またトボトボと下流へ向かい再度入渓、やれやれ。

程無く15cm程のちびっことまぁまぁサイズを何匹か掛け、駐車地点を超えていよいよ気になっていたブラックゾーンへと進み、そのちょうど中間点付近へと来た時、向かいの山でバシーーーーン!と落雷が!ギョエ~~!

すぐまた一発、今度は頭の上でドシーーーーン!!ゴメンナサーーイ!!

そしてまたしても大粒の雨がボト!ボトボトボト!!

ごめんなさいごめんなさい、だけど鹿よけ電線やらネットが張ってあり、すぐには川から上がれないんですよぉ~~~。


バチバチと叩きつけるような土砂降りの中、上がるか下がるか待つか、10分ほど迷っていたらええええっ?!

ダメ押かぁ?あっという間に川が茶色に濁り始め、脱出困難な川の中で増水と落雷の恐怖に怯えながらそれでも何とか、這う這うの体で車まで戻った。


すると雨脚が弱まって・・・・分かってます、多分晴れるんでしょ?

その通り、ウエーダーを脱ぐ頃には雨は止み、運転席に座ったその向こうにはこれ見よがしな青空が広がっていた。

分かりました、もう惑わされず本当に帰りますだから、お願いだからもう何もしないで下さい、本当にお願いします・・・・では失礼致しました。


そして慎重に慎重にの帰り道、道路の左側の旗振りのおじさんがふらふらと旗を振っ?うわぁあああ!!!

右の林の工事現場から大型ダンプがっ!!両車とも急ブレーキ!!!

旗振りのおじさん、ぼんやりしていたみたいで・・・・両車に平謝り。

しかし私は分かっています、原因は私なんです、ヤバイ日MAXの私のせいなんです、御免なさい。


びくびくしながらあともう少し、あともう少しで帰れる、と思いつつのスーパーのレジ。

えーーっと、2149円ね・・?!?!

ヤッター! 硬貨だけでぴったんこカンカ~~ン!!!

俺は、レジの若いおねーちゃんの前で、こみ上げて来るフクザツな涙を、必死にこらえるのでアリマシタ・・・・。



ヤバイ日終了? どんど晴れ~~~!!!   



ヤバイ程釣れ続いたりデカいのが連発する、ってのは年に何度かありますが、もちろんそっちは大歓迎!!

d0091323_12153122.jpg

ん?・・・・ってか詰まりは、行って来いでチャラ!って事なのか???



d0091323_12152534.jpg

それはそれで、ヤバイぜ!!!




のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod's]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!



クリック➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)





[PR]
by koubouquest | 2017-07-06 12:38

荒雄実釣【Quest!Bamboo Rod’s】コマーシャル 

という訳でございまして、行ってきました宮城県は鬼首の荒雄川C&R。

今回の釣行は、前回の話題に挙がった新作ロッド、904-3のテストがメイン。

9フィート台シングルハンドのデモロッドはあるものの、今現在そのどれもが荒雄を基準としたタイプだったので、今回はたまにご要望のある、荒瀬を下る大物や倒木に逃げ込もうとするモンスターの走りをガッツリと止めるためのパワーを備えた、「海外&北海道モンスター対応の9FTデモロッド」を作っての実釣テスト、となった訳です。

更にはその止めるためのパワーを試すべく、「ラインを出さないストップファイト」をサブテーマとして釣り進む事を心に決めていたのでした。

が、最初の1匹目が凄かった!

d0091323_10335985.jpg

フロロの0.8号(5X)を慎重に結んでいたのでまず切られる事は無いと思い、最初からガッツリストップファイト!と思っていたのに、こやつがまあなんと走る走る!強い強い!

何とか踏ん張ってラインは10m以上出さないように戦い、ファイトタイムも10分掛けないで獲れたものの、1匹目にしてすでにクタクタ。

ここはNZかUSAか?と思うようなビッグファイトが1匹目にして出来て大満足!となったのでした。

画像ではちょいメタボに見えるものの、なんともカッコ良くて男前なレインボートラウト。

d0091323_10335343.jpg

で件のロッドがコレ。

d0091323_10334781.jpg

バットパワーUPのため、「荒雄基準の9フィートロッド」よりもちょっと重くなってしまったけれど、ぎりぎりセーフで150gは切れた。

9’0” 4Wt 3/1 T=13.5g M=40.3g B=96.0g 149.8g

★オーダー仕様★
◆ブランク基本料金 9’0”・・・・82400円
◆ピース  3P・・・・6200円
◆スレッドカラー グリーン
◆飾り巻き ブラック・・・・6800円
◆ガイド  シルバークロムガイドセット・・・・1200円
◆ストリッピングガイド オールドタイプ・・・・1200円
◆フックキーパー シルバークロム・・・・600円  
◆ティペットキーパー シルバークロム・・・・600円
◆グリップ ワンポイントコルクライン・・・・1200円
◆リールシート金具 Quest!オリジナル・・・・0円
◆リールシートフィラー ウォールナットA)2200円
◆その他 オリジナルロッドソック・・・・0円※オーダー品には付属
★オーダー参考価格 102400円

是非手に取ってお試し実釣してみて下さい! お試し送料は当方にて片道分を負担致します。

★なおティペットキーパーが付いている以外は全て通常仕様となっており、参考価格の10%OFF(92000円)にて、ご購入も可能となっております。


で、ファイト中のベンディングカーブはこんな感じ。

1匹目はロッドを撮る余裕が無かったので、これは3匹目の50ちゃんの時のやつ。

d0091323_10334132.jpg

バット部分の中空率を下げてパワーを上げた分、ややファスト寄りのカーブとなっています。

これも多分去年からの生き残りだと思うんだけど、引きが凄くて良いテストになりました。

d0091323_10333544.jpg

そしてこいつも凄かった!そしてやっぱりね!なその尾びれ。

d0091323_10332936.jpg

木陰の岸際がモコン!としたのでヒゲナガdeツツッツツッで、ガボン!!ヒーハー!!

d0091323_10332347.jpg

デカドライは楽し~~~い!

45くらいのサイズならば1分以内でOK!獲れます。

d0091323_10331768.jpg

その後下流部の様子を見るべく大急ぎで釣り下るも大した収穫は無く、ポイントが砂で更に埋まってしまっていた事と予想以上に魚影が薄かった、という事だけを確認してとりあえずは終了。

そして帰り際、午前中に反応してくれたやつらへとご挨拶。

たったさっき3・4人が叩いた後なれど、またしてもヒゲナガdeツツッツツッで、ザブン!イエ~~イ!!

d0091323_10331061.jpg

しかしこのロッド、カーボン並みに硬くて強くて衝撃が伝わりやすいためなのか、良くも悪くも魚が暴れる!暴れる!

d0091323_10330585.jpg


という事で何匹かの大物を相手に、想定通りの出来栄えだった事を何度も確認する事が出来た今回の釣行。

それに加えて荒雄では荒雄用、海外では海外用と、それぞれの釣り方やシチュエーションやアベレージサイズに合わせたロッドチョイスがいかに大事で楽しむための重要な要素であるか、という事が今回の釣行で再確認する事が出来、そして今後の竿づくりに生かそうと改めて心に刻むのでありました。

d0091323_10325837.jpg

Quest!Bamboo Rod’sでは、これまで数多く積み重ねて来た虹鱒達とのファイトデータを元にして、貴方の釣り方やシチュエーションに合わせたロッドテーパー&アクションをご提案する準備があります。

ビッグフィッシュ対応シングルハンドロングロッドの実釣レンタル&オーダー、お待ちしております!

【Quest!Bamboo Rod’s】の荒雄実釣コマーシャルでございました~!!



そうそう!すっかり忘れておりました。
去年の荒雄最終日?に、赤橋の下の中州でフライボックスを拾っておりました。
d0091323_11393489.jpg
青橋近くの釣り券も売っているキノコ屋さんにお渡ししてありますので、お心当たりのある方は取りに行って下さいませ。



のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!



クリック➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)





[PR]
by koubouquest | 2017-06-27 10:51 | ◆Quest!BambooRod◆

夏至の梅雨入り?

d0091323_15333369.jpg




d0091323_15332572.jpg




d0091323_15331964.jpg




d0091323_15331276.jpg




d0091323_15330684.jpg




d0091323_15330085.jpg




d0091323_15325397.jpg




d0091323_15324793.jpg




d0091323_15324093.jpg




d0091323_15323419.jpg




d0091323_15322558.jpg




d0091323_15321840.jpg




d0091323_15321161.jpg





気が付けば夏至、そして例年より2週間程遅く岩手県も梅雨入りした模様。

しかしここ最近は、寒気団が幾度となく押し寄せて来て寒く冷たい雨の日が続いていたために、その実感は特に無く、カラッと晴れた過ごしやすい季節を楽しむ間も無く、初夏が過ぎ去ろうとしています。

釣りの方はと言えば、ロッド作業の合間にちょこちょこ程度の割には思いのほか良くて、数は出ないもののサイズ的にはアベレージUPばかり。
d0091323_15313553.jpg


d0091323_15312785.jpg

ま、災害を生き抜いたのがこのサイズという事と、居ると分かっている場所にだけ行っている、という事ではあるんですけどね。

さて、そのロッド作業と釣りの合間に、ちょこちょこと進めていた9フィート4番のスーパーロングシングルハンド・フルーテッドホロービルド・カーボンファイバースピゴットフェルール・クワッドバンブーロッドが遂に完成!

9’0” 4Wt 3p/1t T=13.5g M=40.3g B=96.0g 149.8g   
d0091323_15311450.jpg
リールシートを接着した直後に辛抱堪らず、一度もラインを通す事無く「岩姫フィッシング」へGO!

しかしなんと運悪く臨時休業!ならばと、十数年ぶりとなる「ユーランド清水川」へGO!

しかし閉店間際の1時間だけしか釣る事が出来ず、単なるニジマス釣りとはなってしまったものの50オーバーを何匹か含む20匹近くを掛ける事が出来、想定通りのパワーがある事は確認出来た・・・・もののやはりモヤモヤは収まらず近日、荒雄C&Rへと出向き実戦テスト釣行決定!となったのでありました。





のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!



クリック➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)





[PR]
by koubouquest | 2017-06-22 15:41

えええっ?!なんだァ?!

一昨年、多数のヤマメが釣れ始まったと見る間に、河川工事の濁りが酷くなり残念終了した某川。

河川工事が終わったと聞き、久々遥々下見にやって来た。

さてと河原に立ち準備をしていたら・・・・えええっ?!なんだァ?!

何というタイミング、あっという間にダダ濁り・・・・残念、なんだかな~。

そこからずっと下流。

道路の上から確認した大ヤマメを釣るために、わざわざ30m程上流から回り込んでボサを掻き分けやっと到着。

さてと河原に立ち準備をしていたら・・・・えええっ?!なんだァ?!

何というタイミング、どこかの誰かが道路の上から覗き込み「どうですかー?」だってさ・・・・残念、なんだかな~。

そこから何匹か釣り上がっての大場所。

流心の向こう側の緩みの中で、のんびりとクルージングしている大岩魚を発見!

フックポイントをチェックし、距離合わせの空打ちをして、そして何投目かでがっぷりと喰った!遅めに合わスポン!・・・・えええっ?!抜けた?!

しかし大丈夫、ちょっとビックリしたみたいだけどまだイケる。

フックポイントとティペットを再度チェックし、ソラックスのポストにだけパウダーを擦り込み、じっくりとインターバルを取る。

更に時間つぶしにと、上流のトロ瀬に空打ちをしガポン!・・・・えええっ?!なんだァ?!

釣れちゃった、しかもデカい。

d0091323_17281730.jpg

そしてヤツは?と見てみたら、すっかり落ち着いてゆるゆるとクルージングしている。

よしよし今度こそ、距離合わせのために脇の方に何発か空打ちをし、やってくるタイミングを見計らい、バンブーロッドの胴に乗せてやんわりと、クルージングライン上にフライを、落とす。

来た、と思ったら岩魚の後ろに何かがポトリと落ちて残念、ヤツはそれに反応してクルリと反転してしまい、なのに尻尾でパクリ!?・・・・えええっ?!なんだァ?!

釣れちゃった、しかもデカい。

d0091323_17281063.jpg

スレかと思い見てみたら、ちゃんと口に掛かってる??

どうやら空打ちのテンテン落としに刺激を受けて、深みに潜んでいた別のヤツが飛び付いたらしい。

そしてヤツは?と見てみたら、未だのんびりゆるゆるとクルージングしている。

やれやれ今度こそ、バンブーロッドの胴に乗せてや~~んわりとフライをポトリ、大岩魚が寄って来てゆ~~っくりとフライをパクリ。

で、やっとこさの本命君。

d0091323_17280388.jpg

3匹目なので撮影が雑。


別の日、天気が良かったので思わず出勤。

遠野の里川、と言えばこんな風景が思い浮かぶんじゃないでしょうかね。

d0091323_17275773.jpg

しかし残念な事に、近年この川は支流に垂れ流されるドス黒い汚水のせいで、川底が真っ黒。

更に残念なのは、わずかばかり放流される魚達も放流直後からBFKに徹底的に通われて、あっという間にスッカラカンになってしまう、と言う事。

お?!しかしながらも、ボサの際にライズ発見!

14番を喰いそびれるので18番に替えてみたれば・・・・えええっ?!なんだァ?!

薄っすら気付いてはいたものの、アブラハヤ。

d0091323_17275084.jpg

大ヤマメが居付くような一等地でこれが出るという事は、これ以上探る必要無しと言う事、さっさと上流へ移動します。

しかしどうです、いかにもな田舎の中を流れるのんびりとした川の風景、遠野の里川でしょう。

d0091323_17274407.jpg

しかしいかんせん、魚が居ません。

雰囲気も渓相も良く、開けているので管理もしやすく、しかもフライフィッシング向きなのでC&R特区とすれば、外貨を相当に稼げるであろうポテンシャルを秘めた川なのに・・・・遠野人はお金に鈍感、商売っ気も無し・・・・嗚呼勿体無い。

今後絶対に上向かない鮎なんかとはスッパリと手を切って、【C&R天国 遠野川】で大儲けしませんか?冗談じゃなく。

魚が全く居ない訳ではないんですが・・・・。

d0091323_17273744.jpg

おススメ出来る川では無くなってしまいました、嗚呼残念。


某ポイントにて、まあまあのヤマメ発見。

この区間、かなりスレていたのでティペットを04(7X)に落とし、フライも18番の黒ミッジソラックスへと結び換え、下流側へと距離合わせのため2・3投空撃ちガポン!・・・・えええっ?!なんだァ?!

釣れちゃった、しかもデカイ。

d0091323_17272659.jpg

なんだかな~~最近多いこのパターン、ウレシイ様な嬉しいような?

そしてヤツは?と見てみたら流石はヤマメ、姿無し。

でそこそこ釣って、てくてくと車まで戻りつつの行きは全く気配もなかったプール。

まだ全然明るいのに、遠目からでも分かるくらいに虫がワンワンと湧いていて・・・・えええっ?!なんだァ?!

まあまあサイズのヤマメばかりがなんと十数匹、ぽつりぽつりとライズしているではありませんか!!

いるとは思っていたけれど、マサカこんなに居たとは・・・・唖然・・・・。

早速最下流部へと回り込み、少々苦労しつつやっとこさの1匹目。

なんとヒレピン!しかもいいサイズ!

d0091323_17271993.jpg

でリリースしてセッティングし直し、奥へと目をやると・・・・えええっ?!なんだァ?!

何と、見える範囲に魚影無し・・・・なんて奴らだ。

暫く待っていたらやっとこさで上流部でビビりライズが始まったものの、ロングキャスト2・3発撃っただけでまたしても沈黙。

これだけ虫が出ていて、あれだけの魚がまた全部消えちゃうって・・・・ハンパ無いスレ具合に降参、と相成りました。

しかしこの近辺、5mおきに1匹程度は居るんですが、誰かが頻繁に通っていると思われ、そのスレ具合がハンパ無く・・・・。

それでも良いという方、「えええっ?!」とか言わずに、遠野さ釣りっこに来てけでや~~~。

d0091323_17271213.jpg
な、一枚。




のお問い合わせはお気軽に!まずは

クリック【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

[Quest!BambooRod]
[フィッシングガイド遠野Quest!]
阿部まで!



クリック➡ にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)





[PR]
by koubouquest | 2017-06-08 17:38


◆フィッシングガイド◆バンブーロッドのオーダー◆受付中!お問い合わせはお気軽に!リンクもご自由にどうぞ!


by koubouquest

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

◆Quest!BambooRod◆
◆フィッシングガイド遠野Quest!◆

タグ

(143)
(38)
(38)
(35)
(34)
(22)

記事ランキング

画像一覧

ブログジャンル

釣り

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストをご利用になりたい場合はメールにてご相談下さい。