タグ:バンブーロッド ( 30 ) タグの人気記事

ありゃまぁなんと!


ありゃまぁなんと!気が付けば目の前に解禁日。

ぽつりぽつりと管釣りに行っていたせいか、以前の様な高揚感はそれほどでもありませんが、やっぱりそれでも嬉しメデタシ解禁日!

で、やっぱりこの日もドライで入れ食い!結局全く沈めず仕舞い。
寄せて~~~巻いて、寄せて~~~巻いて、でドラグファイト!
うん、上手くなった。

d0091323_14424028.jpg

この時使っていたロッドは9フィート3ピースの4番、123g。
片手でひょいひょい振り回すので、
「重くないか?」と聞いてみたら、
「べつに~~」だそうで・・・・。
レンタル送料は片道分だけでOKです、是非お試し下さい。

解禁準備はまだしていませんが、それでもやっぱり多少のフライは巻かなくちゃいけません。
荒雄と岩姫用にミッジを巻いてはいたけれど、それはニジマス用の太軸フックであって、早春のチビちゃん達のために細軸フックでまた新たにミッジを巻かなきゃならんのです。

なのでそれ用のフックを取り寄せてみたら、ありゃまぁなんと?いつの間にやら値上がってやんの。
14本で400円だったものが、イキナリ14本で500円って?!どーしましょ。
14番とかはシーズン常用フックなだけにホントにもう、なんだかな~。

多少値上がってもいいから、2110のフック素材を初期の硬いやつに戻してもらってバレ難くなれば、即そっちに戻るんだけどなぁ・・・・。
もしくは細くて軽量でシルバーグレイの100を、20本500円で出してもらえれば即それに飛び付くんだけどなぁ・・・・。
いずれ理想のフックは今だ現れず、悩みは尽きないのでありました。

ロッド作業の方はと言えば、ありゃまぁなんと!素晴らしい!!
何が素晴らしいかって?ご覧下さいこのニッケルシルバーの見事な切粉。

d0091323_14423506.jpg

今までドリルは自分で研ぎ砥ぎ使っていたけれど、初めてプロに頼んでみたれば、いつまで経ってもこの切れ味!サクサクシュルル~~~ですぜ、気持ちエエ~~、流石プロ!!

とは言っても、こんなに削って切り出したのは、たったのこれだけ。

d0091323_14423094.jpg

幅が不ぞろいなのは、0.4mm刻みで何パターンか作るため。
この後、咥え直して仕上げ削りへと進みます。

そして削って削ってたったこれだけ、ってのはバンブーロッドも同じ事。
あんなに長くて太いトンキンからたった一掴み、3セット分のロッドしか作れないんですよね。

d0091323_14422361.jpg

画像で見えるオプションのワンポイントコルクラインは1200円。
極薄1/4カットのコルクグリップは2800円にて承ります。
穴埋めしたパテがぽろぽろ取れるとか、大きな穴で不快な思いをしないで済みます。

それとパッと見、変化が無いように見えるカーボンフェルールですが、実は内部ではちょこちょことバージョンUPしております。
そしてまだまだ進化しますよ~~、次作では見た目もちょこっと変わるかも??です、お楽しみに!

では解禁に向けて、 ~GO!GO!FlyFishing!~ ですよ~~~っ!!



【バンブーロッドのオーダー製作】 【フィッシングガイド】
のお問い合わせはお気軽に!まずは クリック⇒ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

フィッシングガイド遠野Quest!
Quest!BambooRod
阿部まで!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)



[PR]
by koubouquest | 2017-02-27 14:58


FFを再開した友人に誘われて、最近出来たらしい「岩姫フィッシング」と言う管理釣り場へ行ってきました。
ここの良いところは、料金がリーズナブルで、水も魚もきれいで、そこそこスレているけれどそこそこ釣れる、ってところでしょうか。
そして自分的には、「魚達の表情が良く見える」ってところが最高に気に入りました。

d0091323_15355099.jpg



今回は息子メインで釣らせるつもりが、魚達の「おや~?」とか「ちぇっ」とか「ヤバイ!」とかいうその表情が水面を通して見ちゃうもんだから、あれこれフライを試したくなり挙句、息子を放っぽって熱中する事しばしば。
午後にちょっとだけのつもりだったのに、気が付いたらあっ!と言う間に日没終了!?となってしまっていたのでした。

いや~~~~しかし、なんでこんなに楽しいんでしょうかねぇ、フライフィッシングって。
お陰様でシーズン2016は、管釣りにて最高に楽しいスタートを切る事が出来ました。
ああ、ヒジが痛い。


これは現在進めているオーダーロッドの、フェルール部加工前の状態です。

d0091323_15354464.jpg



強度を高め且つ高反発力を得るために断面の空洞は丸く、望むアクションを得るためにインナーテーパーには滑らかなカーブが付けられており、それゆえ場所毎の肉厚に違いが出ているのが見て取れます。

その後フェルール部分は、オスメス共に強固なカーボンシートで覆われ、高強度のナイロンスレッドで密に巻かれ、度重なるキャストにもびくともしない強度を獲得するのです。

d0091323_15353930.jpg



最近ではこのように全てのフェルール部分をカーボンシートで補強する事が標準仕様となっていますが、以前まではカーボンシートで補強するのはロングロッドのバット側だけで、低番手やショートロッドやロングロッドのトップ側は、バンブーシートでの補強が標準となっていました。

下の画像は、ニッケルとバンブーフェルールバージョンを含め、今まで作った全てのオーダーロッドの中で、初めてフェルール部分が破損してしまったフェルール(CGS)のメス側です。

d0091323_15353445.jpg



原因は、オスが抜けかかったままの状態に気が付かず使っていた事であろうと推察されます。
現在のカーボンシート仕様であれば、このような破損はまず起きなかったでしょう。

もし不幸にもフェルール部分が破損してしまった場合、安心して下さい。
補修費一律4千円となりますが、現在のカーボンシート仕様にグレードアップした状態にて補強修理致します。

d0091323_15353164.jpg



以下は、補修が終わり、スレッドが巻かれ、仕上げコーティング待ちのCGSフェルールです。

d0091323_15352528.jpg



大変有り難い事に、ここ暫くオーダーが途切れない状態が続いており、仕上がり待ちの皆様には大変ご迷惑をお掛けしております。

もうすぐ解禁を迎えてしまいますが、誘惑に負けず製作に励む所存でありますので、今後とも引き続きQuest!BambooRodを御贔屓に、 m(__)m 宜しくお願い致します。




バンブーロッドの見積もりオーダー・レンタルのお問い合わせはお気軽に!
まずは【メール】からどうぞ!

自宅 0198-60-1282
携帯 080-3320-0267

※平日の午前中&夜間は、自宅電話へお願いします。
耳が悪いので、シツコク10回以上鳴らして下さい。

「Quest! Bamboo Rod」 阿部まで!
お問い合わせ、お待ちしておりま~~~す!! /(^ー^)




[PR]
by koubouquest | 2016-02-12 15:45

バカだねぇ

久しぶりにキンキンに冷えた朝、遠野出発時の温度計は0度。
ノーマルタイヤのままでは峠がちょっと心配だったけれど11/13(金)、行ける時には行っとかなアカン!という事で、プチ営業も兼ねて荒雄詣でに行って参りました。

DragonTail 9’0” 4Wt 3/1 
CarbonGraphiteSpigotferrule Hollowbuilt Quad BambooRod
T11.4g+M32.3g+B80.6g=124.3g (4.38oz) 

d0091323_12324918.jpg



DragonTail-904を荒雄のレインボー相手に3日間使ってみましたが、9フィートというその長さや重さの事を全然気にする事無く全く普通に使えた、という事に自分自身ちょっと驚いています。

なぜって、釣り終えて手が痛いとか肩が疲れたとかいう事が(私の場合)、殆ど無かったんですね。
この軽さは、バンブー好きの人に何も言わずに渡して使ってもらったとしたら「8フィートぐらい?」としか思わないんじゃないでしょうか。

このロッド、変なバイブレーションが無いのでロッドを忘れて釣る事だけに集中出来る、かなり良いアクションのロングバンブーに仕上がったと自負しています。

ただしちょっと注意して頂きたい点は、ティペットが簡単に伸びきっちゃうので少々継ぎ足さないといけないかもしれないと言う事と、対岸を狙う時も9フィートロッドであることを忘れて普通に振っちゃうと飛距離が出すぎて、あっさり対岸のボサに引っかかっちゃうので注意が必要、という事でしょうか。

Quest!ならではの『軽くて使えるシングルハンドロングバンブーロッド』のご用命、お待ちいたしております。

さて今日は赤橋から下る予定だったもののそこは既に満員御礼だったので、ちょっと上流の前回やらかしちゃったクンにまずはご挨拶。

d0091323_12324357.jpg



やっぱりいたねー、今回はそのお顔を見る事が出来ました。
ベンディングカーブ撮影の協力者は、赤いホッペの50君で御座いました。

では下流部の、早い時間帯でなければ水中を見る事が出来ないポイントをメインに探って参りましょう。

d0091323_12323873.jpg

魚が見えている時間を有効に使い、やる気のあるヤツを見つけて一発勝負の短期決戦を挑んで行く。

この時期はドライにびっくりされたら絶対に連投はせず、時間を空けてからの~ミッジニンフ、が効果的。


d0091323_12323371.jpg



俺が見えている筈なのに、対岸でこれ見よがしにぽつりぽつりとライズを繰り返すいイヤラシイ奴。
こんな風にニンゲンをナメている奴をよく見掛けるのもこの時期ならでは。

しかしそんな奴こそスキがあるというもの。
20番の黒ドライを真正面に流し込んでやればホレこの通り。

d0091323_1232259.jpg



バカだねぇ、ニンゲン様をナメちゃいかんぜよ。

d0091323_12322096.jpg



ドライを怪しまれたらじっと我慢、5分空けてミッジニンフを流し込んでやればホレこの通り。

d0091323_12321573.jpg



そしてアメリカ~~ンな瀬。

d0091323_12321186.jpg



本日もサイコ~~~です!イエ~~イ。

d0091323_1232319.jpg



流石は瀬付き、なんと立派なヒレだこと!

中層をぼんやりと漂っていた若者には、今シーズン殆ど出番がなかったカメちゃんでスイッチを入れるつもりでポン!なのに出ちゃったお間抜けクン。

d0091323_12315865.jpg



「まじか~~~?」って感じ?
ふっふっふ、本物にしか見えなかったでしょ、バカだねぇ。

そして青橋、なんとコカゲロウが1分に3匹ぐらいのペースで流れはじめ、遂にライズも始まった!
そして、ヤッタぜ!!

d0091323_12315331.jpg



結果2勝3すっぽ抜けだったものの、殆ど期待していなかったコカゲゲームが出来た上に、5回も「シュポッ!」を見る事が出来てなんともシアワセ~、な一時を過ごせたのでありました。

d0091323_12314993.jpg



そして帰り際、赤橋が空いていたのでどれどれとばかりに本日の当たりニンフをぽちゃぽちゃと打ち込んでいたら喰ったぁ!
しかもコイツは明らかにデカイ!尾っぽの一振りのブンブンが半端ねェ!!!

ゴンゴンと2度3度続いた大暴れを何とか凌ぎ、落ち着いたところでデジカメ取り出してパチリ!
d0091323_16084863.jpg
のその直後、リールがニャ~~~~ン!
d0091323_12314421.jpg
リールのノブが小指にガツッ! 
ロッドがばい~~~ん!
d0091323_12313912.jpg
ラインがだら~~~ん。

あ~~あ、あのまま気分良く帰ってれば良かったのに。
スケベ心でデジカメを出しちゃったばっかりに、スーパーダッシュ一発であっさりとブツリ。

だからさぁ、大物相手にロッドを左手っつうのはダメだってえのよ。
コレで何度目?


バカだねぇ。




バンブーロッドの見積もりオーダー・レンタルのお問い合わせはお気軽に!
まずは【メール】からどうぞ!

自宅 0198-60-1282
携帯 080-3320-0267

※平日の午前中&夜間は、自宅電話へお願いします。
耳が悪いので、シツコク10回以上鳴らして下さい。

「Quest! Bamboo Rod」 阿部まで!
お問い合わせ、お待ちしておりま~~~す!! /(^ー^)




[PR]
by koubouquest | 2015-11-15 12:48

こんな荒雄じゃ・・・

2015 ~荒雄川C&RシーズンⅡ~ 始まりましたね。 

≪荒雄川テレメーター≫ ←クリック 当日は25cmの平水

稲穂が黄金に輝く、今まさに稲刈り最盛期の10月15日(木)、やっとの事で行ってきました。
事前情報で、「連休前に3回(3か所?)放流したらしくて結構釣れたよ~」と耳に入って来ていたので、かなりの期待をしていたのです。

いつものようにキノコ屋のおばちゃんに様子を聞くと。
「魚はいっぱい放してるって言うんだけどねー、石の陰に隠れてるらしいから、頑張って探して釣ってちょうだいね」
「は、え???」

おばちゃんの表情と会話から読み取れる当日の予測というのは、残念ながらいつも当たってしまうのです。

結果から言ってしまうと、魚影は事前情報を裏切ってかなり薄く(放流場所以外)、活性は予想通りと言うかいつも通りに渋く、釣り上げるには相当に厳しい(面白い?)と言わざるを得ない状況となっておりました。

「いっぱい釣れたよ~」って言う評判を聞いて、これから荒雄に出掛けようとしている皆さん、放流魚いっぱいの管釣り気分で出掛けると、逆にストレスが溜まってしまう結果となってしまうかもしれませんのでご注意を!
良かったのは連休までだった様です。


さてこの日のテーマは、雨台風による大洪水でかなり変わってしまったと言われるその川の様子を見るために、最上流部から下流部まで全部見て回るという事と、後日女房に釣らせるために釣りやすそうな魚を見つけておく事と、世界戦略用ロッド、「DragonTail 9フィート4番3P」の実践フィールドテストをする、という事の3つなのでありました。

とりあえず車を中間部へ止め、まずは最上流の堰堤へと川沿いに歩いてみると、平日の木曜日というのにいるわいるわ、ざっと見10人位はいる感じ。

実際に川を歩いてみたら、まぁポツリポツリと魚は見えるし、幸先良い事にライズを3つも発見!
少々水が濁っていたのでサイズがよく分からなかったものの、とりあえず16番のグレーソラックスを流してみたらあっさりヒット!

相手はノーカウントの尺レインボーちゃんだったものの、さっきまで頭の隅っこに漂っていたいや~~な暗雲は早々にどっかへ吹っ飛んで行ったのでありました。

しかしです、魚影はぽつりぽつりと見えはするけれど、まあ少なかったですね。
これは多分、残留組が洪水のせいでその殆どが流されてしまったって事と、連休中に攻めに責められてウブな放流魚達が深みに引き籠っているって事もあるんでしょう。
それでも前評判に心躍らせ、去年並みの魚影の濃さを期待していたばっかりに、尚更少なく感じてしまったんでしょうか。

もちろん放流場所ではそれなりに魚影は確認できましたが、全体としては3・4年前のがっかりする程の少なさに比べれば多少はマシかな~って思う程度で、いつも通りの「テクニカルステージ荒雄」に戻ってしまっていたのでありました。

そしてそのポツリポツリと見える見えマスにどっぷりと嵌って時間を取られない様にちょっとづつお相手して頂きながら釣り進み、お昼ちょい過ぎに赤橋に到着。
この間なんと1ノーカン1バラシ2すっぽのマルコメ君状態。

このままじゃヤバイぞと思いつつも、依然赤橋では何人かが粘っていたので一旦上がってお昼にしようとひとしきり川面を眺めていたら最下流部になんと、ポツリとしたライズが見えた。
すかさずサーフェイスガガンボ14番を投入!そしてなんとか1匹目が出てようやくの一安心となった訳なのでした。

d0091323_17444896.jpg

画像は45cmのレインボーの突進を引き留めている状態です。
使用バンブーロッドは。

DragonTail 9’0” 4Wt 3/1 
CarbonGraphiteSpigotferrule Hollowbuilt Quad BambooRod
T11.4g+M32.3g+B80.6g=124.3g (4.38oz) 

今では、設計やブランクが完成した時点で、重さやアクションの予測がある程度出来る様になりましたが、このロッドに関してはその予測をかなり上回った「上出来ッ!」と言って良い仕上がりとなっておりました。

まず、9フィートという長さに見合わない124gというその軽さです。
軽く作るだけならば中空率をどんどん上げていけば良いのですが、それだと大物に対するパワーが削がれ、ロングキャストで腰砕けするようなロッドになってしまいます。

しかしこのロッドは、荒雄のレインボーを相手として長年培われたデーターを元に、バランスよく構築された中空設計(インナーテーパーフルーテッド加工)で制作されていますので、ロングキャストや大物に対しても不安無く使える『軽くて強いロッド』となっています。

そしてもう一つは、ベロベロだらだらしないキレの良さです。
このロッドは画像を見てお分かり頂けるように、曲がりのピークがブランクの真ん中より少し先寄りの、ミディアムファストアクションになっています。

※ファスト=先調子 ミディアムファスト=ファストとミディアムの中間調子 ミディアム=胴調子(真ん中調子) スロー=手元寄り調子。
※上記の表現は、トップセクションの動きのスピードや柔らかさを示す表現ではなく、曲がりの頂点がどの辺なのかを示す表現です。

上記の様なミディアムファストアクションに設計する事でベロベロ感がさらに抑えられ、ラインにウエーブが発生せずに楽に真っ直ぐ飛ばせるロッドとなる訳ですが、その設計を可能にしたのが4角(6角よりも軽く作れる)、中空、CGSフェルールを採用している私のロッドだから、という訳なのです。

そしてなぜロングロッドの4番に拘るのかと言いますと、海外の広大でフラットな水面下で小さな羽虫をついばむクレバーな鱒達を相手に、痺れる戦いを強いられた経験の持ち主ならば頷いて頂けるでしょう。

彼らは「フォルスキャストを許してくれない」のです。

彼らは頭上に2・3度フライの陰を通しただけで深く沈み沈黙してしまいます。
それを防ぐためには、ロングキャストのただ1投のみで彼らのフィーディングレーンにフライを届ける必要がある訳ですが、それを実現するためには長いロッドの方が圧倒的に有利である事は明白の理、という事です。

そしてフライそのものですが、16番以下でないと見向きもしない、なんて事はざらです。
つまり、細いティペットで小さなフライを使った繊細な釣りを強いられる訳ですから4番なんです。

という事で長々と書いちゃいましたが、海外釣行の際に是非1本!いかがでしょうか。
Quest! Bamboo Rod’sのコマーシャルでございました~。m(__)m

d0091323_17444185.jpg

CM出演は、最近引っ越してきたばかりの45cmレインボーちゃんでした~ありがとね~~。

さて後半戦、時間が無いのでドンドン釣り下って行きましょう。

しかしこの日は結構な人出で、赤橋から下流のここぞと思う場所にはほぼ誰かが張り付いており、お気に入りだった小場所やちょっとした見落としポイントも洪水のせいで潰れてしまっていたり魚がついていなかったりで殆どロッドを出せずじまい。
下流部は単なる川の様子見、藪漕ぎ、川歩きに終始してしまいました。

それでもたまに見つかる見えマス君にお相手願うも、彼ら相当にヘソ曲げちゃっていると見えて、何をやっても「チッ!」と言われるだけ。

d0091323_17443375.jpg

ドライを何度も見に来てくれたって~のに、こっちも「ちっ!」だぜ。

そしてせっかくデカドライで掛けたって~のにその食う瞬間を見逃した挙句、ベンディングカーブをもう一枚なんてスケベ心を出しちゃったせいで魚にも逃げられ、なんとも間抜けなワンショットになっちゃいましたが自戒の意を込め載せときます、ロッドコマーシャルも兼ねてネ。

d0091323_17442721.jpg

ブランクカラーは今後暫く、画像のようなナチュラルカラーとなります。


なおこのロッドのグリップはC級コルクを薄くスライスした積層バージョンなんですが、良質コルク不足の昨今の対策として今後は、A級コルクを使用した1/4カット積層バージョンをオプションとして設定する事と致しました。(2800円です・・・・結構大変なんです、コレ)
d0091323_17442018.jpg
それと全くの余談ですが、最近主流の裏面照射型CMOSコンデジの、ダシもコシも抜けたような色具合の画像に比べ、久しぶりに使ってみたCCDタイプのこの古いコンデジのなんという色乗りの良さ、レンジ深さ、グラデーションなのでしょうか!
静止画像最優先の広角防水CCDコンデジの復活を願って止みません。

そして夕方近くに青橋のちょい下まで行ってきましたがここも人だらけ。
それでもなんとか一矢報いようと、青橋下の空きを待っていましたが遂に空かず。

という事でまだ時間があるし、ロッドテストにはまだ不十分だし、消化不良のまま帰るのもなんだしという事で、奥様孝行のために取っておきたかった途中で見かけたドライに出てくれそうな何匹かを獲るべく大急ぎで逆戻り!

そして何とか、そのうちの空いていた1匹にお相手願い、日没終了間際に20番のパートリッジハックルユスリカドライにてスッキリ~~~!

d0091323_17441574.jpg

ドライに出てくれてありがとう、いや~~面白かった!

~おまけ~

2015最後のガイドはやはりこの方。
9月30日(水)という釣り人の大晦日に、とある事情と条件が重なって釣るチャンスができた我が家の女王様。

執事「いくらなんでも多分、良くて2・3匹出ればいいほうだと思いまするが?」
女王「いいよ~釣れれば!」
との事で、日も陰り始め切羽詰まった午後3時30分からのスタートではありましたが、開始早々あっさり釣れちゃった。

d0091323_17440880.jpg

しかもなんと、この区間では非常に珍しいイワナを釣り上げたかと思ったら幸運にもちらほらと虫も飛び始め、昼間は全く気配も見せないヤマメ達と、いるとも思わなかったイワナを交えて、あれよあれよのツ抜けオーバー!
しかも全部がまあまあサイズというおまけ付き!

d0091323_17435993.jpg

結果、大上出来の万々歳!で大晦日を〆る事が出来たのでございました。

その後
執事「今年の荒雄は多分、良くて2・3匹出ればいいほうだと思いまするが?」
女王「それなら行かな~い!」
との事で、年間めったにない機会なのに、こんな荒雄じゃ奥様孝行&ポイント稼ぎができませんではございませんか!残念!!


バンブーロッドのお問い合わせはお気軽に!

※ロッドのレンタル【送料は片道分だけ】を頂いております。
関東周辺で1500円前後となりますが、宜しくお願い致します。

まずは【メール】からどうぞ!

自宅 0198-60-1282
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中&夜間は、自宅電話へお願いします。
耳が悪いので、10回以上鳴らして下さい。

「フィッシングガイド遠野Quest!」 阿部まで!
お問い合わせ、お待ちしておりま~~~す!! /(^ー^)





[PR]
by koubouquest | 2015-10-18 18:17



◆Quest! Bamboo Rod◆
~価格&オプション~


◆◆参考仕様【完成品ロッド】価格表◆◆
d0091323_11532798.jpg
※赤字は最近人気のアイテムです。

◆◆参考仕様【完成品ロッド】の内容◆◆
◆スレッドカラー・・・各色から選べます。
◆飾り巻き・・・なし
◆ガイド・・・シルバークロムガイドセット 1T=【1200円】 2T=【2200円】
◆ストリッピングガイド・・・オールドタイプ
◆フックキーパー・・・・無し
◆ティペットキーパー・・・・無し
◆グリップ・・・・フルウェル
◆リールシート金具・・・・リング&リング
◆リールシートフィラー・・・・ウォールナット【2200円】
_________________________________
◆◆◆ブランク基本料金◆◆◆
6’00”・・・60800円 6’06”・・・64400円
7’00”・・・68000円 7’06”・・・71600円
8’00”・・・75200円 8’06”・・・78800円
9’00”・・・82400円
※ブランク基本料金は全モデル共通料金です。
※ブランク仕様は全モデル共通の
【カーボングラファイトスピゴットフェルール】です。
※1インチ単位でのオーダーも可能です。
±1インチ=±600円 ±1フィート=±7200円です。
_________________________________
ピース
1)2P・・・0円
2)3P・・・+6200円
3)4P・・・+12400円
4)5P・6P・・・お問い合わせ下さい。
_________________________________
追加ティップ
1)2P/2T・・・+40%
2)3P/2T・・・+35%
3)4P/2T・・・+30%
※ブランク基本料金に上記%を加算します。
_________________________________

◆◆◆追加オプション&コスメ◆◆◆
★当方にて既製品取り寄せの場合は、購入総額の2割増し料金となります。
スレッドカラー 
1)「レッド」「グリーン」「ブラウン」「シースルー」等、各色から【無料】で選べます。
2)色止め加工・・・・1T=3000円 2T=5000円
※色が濃くならず下地も透けず、糸の色味がそのまま出ます。
_________________________________
飾り巻き
★グリップ上側には、お任せ飾り巻きが【無料】にて施されます。
1)ガイド両端の飾り巻き・・1T=6800円 2T=9600円
2)ロッド全体の段巻き・・・1ヶ所250円にて算出します。
_________________________________
ガイド
1)シルバークロムガイドセット・・・1T=1200円 2T=2200円
2)ブラッククロムガイドセット・・・1T=2200円 2T=3200円
※セットにはトップガイドも含まれます。
※ブラックセットには金具類の黒染め加工料も含まれます。
_________________________________
ストリッピングガイド 
1)オールドタイプ、ミルドラム、他各種・・・800円~
2)メノウ類・・・3800円~
_________________________________
フックキーパー 
1)シルバークロムorブラッククロム・・・600円  
_________________________________
ティペットキーパー
1)シルバークロムorブラッククロム・・・600円
※ストリッピングガイドより1~2個上のガイドの裏に取り付ける小さなシングルフットガイドです。
このガイドとロッドを握る人差し指にティペットを8の字に巻き掛ける事で、素早い移動とキャストが可能になります。
_________________________________
グリップ  
※タイプ指定、採寸コピー等に【無料】にて対応致します。取り寄せ品を使う場合は-2000円です。
※コルクリング12個以上になる場合は、コルクリング追加1個に付き+200円となります。
_________________________________
リールシート金具
1)Quest!オリジナル・・・・ニッケルシルバー自作削り出し リング&リング
2)その他・・・・マイナス1000円となり、スペシャルオーダーまたは既製品使用となります。
_________________________________
リールシートフィラー
1)花梨バール・・・・・・・・・・A)4800円 B)3800円
2)タモ玉杢・縮み・・・・・・・A)4800円 B)3800円
3)メイプルタイガー・・・・・・A)3800円 B)2800円 
4)ウォールナット・その他・A)2200円~
※A)=濃密杢・特選品 B)=良杢・並品
_________________________________
その他
1)専用アルミチューブ・・・・8800円
2)オリジナルロッドソック・・・・1200円※オーダー品には付属
_________________________________

※商品には1年間の品質保証が付帯します。
通常使用において、製造が原因とされる不具合が発生した場合、無料にて補修、または新品と交換致します。
※商品を受け取りお気に召さなかった場合、2週間以内であれば返品が可能です。
オーナーネームが入っている場合でも、ネーム消し代金10,000円にて返品可能となります。
但し、竹肌が露出する等の「補修が必要な傷」が付いている場合は返品不可となります。
※返品諸経費はお客様のご負担となります。
※料金及び仕様内容は予告なく変更される場合があります。
※最終変更日「2015年3月1日」

◆Quest! Bamboo Rod◆
は、コチラ ↑↑↑ からどうぞ!


★★メールで初めてお問い合わせ頂くお客様へ★★
※メールで初めてお問い合わせいただいた場合、こちらからの返答メールが、お客様側の【メール受信拒否設定】により、そちらに届かない場合がありますのでご注意下さい。
※特に、【携帯メール】でお問い合わせを頂いた場合、お客様の携帯メール受信設定が、【パソコンからの受信を拒否】となっていると、こちらから送信した返答メールを受け取る事が出来ません。
※つきましては、携帯メール受信の設定を、【パソコンからの受信を許可】へと変更をお願い致します。
※もし問い合わせメールへの返答が3日以上なかった場合は、電話で直接お問い合わせして頂くか、今一度【受信拒否設定の見直し】をして頂き、改めてお問い合わせの程、宜しくお願い致します。
※またタイトル欄も空欄のままではなく、【バンブーロッドの件】、【フィッシングガイドの件】等、必ずご記入下さる様、併せて願い致します。


~おまけ~
解禁間もなく広範囲に降り続いた雨のお陰で大増水し、川底は形を変えすっかりと洗われて青く輝き、爆弾低気圧による猛吹雪のお陰で、解禁前にチョコッとだけ放流されたひ弱なヤマメちゃん達は悲しいかな、どこかへ吹き飛ばされてしまった様です。

それでもなんとか、過去累々と積み重ねたデーターを頼りに、あそこなら何とか残っていてくれているであろうというポイントを虱潰しに渡り歩いて小さな幸せに浸るのでアリマシタ。
d0091323_11583076.jpg
よく頑張った!おれも頑張る!


~おまけのオマケ~
おや?オマエさん、なぜここへ??
「あひゃ~~ なんか・・・ あったかいんだからぁ~~」
d0091323_12025346.jpg
※今の時期水の中で支えてやると、こんな「ほっこり顔」になります。


バンブーロッドの見積もり・製作・レンタルのお問い合わせはお気軽に!
クリック→【メール】からどうぞ!
お問い合わせ、お待ちしておりま~~~す!! /(^ー^)

自宅 0198-60-1282
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中&夜間は、自宅電話へお願いします。
※聞こえが悪いので10回以上鳴らして下さい。

「Quest! Bamboo Rod」 阿部まで!


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ




[PR]
by koubouquest | 2015-03-18 12:08 | ◆Quest!BambooRod◆



◆Quest! Bamboo Rod◆
~構造&アクション~


Quest! Bamboo Rodは、同一番手の6角よりも、約7.1%も軽く作れて直進性に優れた【4角ロッド】をベースとして、接着面積が大きく取れて強度と軽さを両立させた【丸断面のフルーテッド中空加工】、軽くて強靭で、見た目とコストパフォーマンスにも優れた【カーボングラファイト スピゴットフェルール】の3つを基本構造として作られています。

想像してみて下さい、これら3つの要素で構成された、直進性に優れ、軽くて強くて、しなやかなバンブーロッドを。

「マルチピースで欲しいけど、高いし、重いし・・・・」
「8フィートのバンブーは重いから、カーボンでいいや」
なんて躊躇し敬遠していたあなたにこそ使って欲しいバンブーロッドが、ここにあります!

d0091323_15421892.jpg



アクションは、全シリーズ共通で、ミディアムでややファスト寄りなセミパラボリックアクションを基本としています。

設計は、そのセミパラボリックアクションをアウトラインテーパーとして、オーナー様の好みや、使用シチュエーション、対象魚のサイズに合わせてインナーテーパー設計(中空加工)による微調整を加え、オーダー毎に再設計し、世界で唯一のあなたにピッタリな【愛竿】を作り出します。

❑MI KA ZU KI (三日月)
6’0”・6’6”・7’0” #3・#4

狭い場所でもコンパクトなアクションでフライを送り込めるしなやかさと、開けた場所でのロングキャストもこなせる粘り強さも兼ね備えた切れ味鋭い三日月刀。
薮沢の奥に潜む岩魚用の隠し刀として是非一刀。

❑Angel Touch(エンジェルタッチ)
7’0”・7’3”・7’6” #0・#1・#2

水面へのコンタクトはまさにエンジェルタッチ!曲がり具合も20cmチョイでそりゃもう大騒ぎ!弛みの少ない超低番手ラインのダイレクト感はまさに感動モノです。
釣るだけに飽きちゃった貴方へ、新たなシゲキを求めている貴方へ贈ります。

❑Windist (ウインディスト)
7’0”・7’3”・7’6” #3・#4  
 
1日中振り回しても振り疲れる事の無い驚異的な軽さ、そしてバンブーロッドならではの、ラインの重みを感じながらゆったりと振る事が出来るその使い心地は、「カーボンロッドよりも振りやすい!」「振っていて楽しい!」と、多くの方にお褒め頂いております。
そんな、向かい風(Wind)に勝つ(Win)者という意味が込められたこのロッドは、フライデビューしたばかりのビギナーの方にも自信をもってお勧め出来る、頼りになる「相棒」になってくれる事間違い無し!です。

❑Inprest (インプレスト)
7’6”・7’9”・8’0” #3・#4
 
長めのロッドはロングキャストが楽になるだけでなく、各種のテクニカルキャストやメンディングや、ロングティペットでの繊細なミッジや重いニンフも格段に扱いやすくなります。
更には、魚に過大なプレッシャーを与えない小さなアクションで振り込む事が出来たり、小さな魚でもテコの原理で釣り味が増したり、大物に対してはショックアブソーバーレンジが広がったりと、それはもう使ってみなければ分からない、使ってみて納得!と言う有利な魅力が満載なのです。
振って楽しく!掛けて面白い!Inpurestは、そのロングロッドの楽しさと優位性が実感できるQuest! Bamboo Rodのベストセラーロッドとなっています。

❑Dragon Tail (ドラゴンテイル)
8’0”・8’6”・9’0” #4・#5・#6

ロングロッドやマルチピースにありがちな、嫌な振動やブレが無く、スッキリとした振り味が自慢の、荒雄川のレインボーに鍛えられた「竜の尾」です。
重さも、海外北海道釣行用の8’6”#4の4ピースで【120g以下】という驚異的な軽さを誇り、投げて、掛けて、寄せて、獲る!為の、シングルハンド高番手ロングロッドです。
オーナー様が求めるバットパワーや想定ファイトタイム、アベレージサイズに合わせてインナーテーパー(中空加工率)を検討し、オーダー毎に最適な軽量化に勤めています。

※以前はシリーズ毎に作りもアクションも違っていましたが、現在では前述の通り、作りも設計も基本的な部分は全て共通となってしまい、シリーズ名は昔の名残り、単に長さや番手を区切るだけの手段となっています。

◆Quest! Bamboo Rod◆
~価格&オプション~
は、コチラ ↑↑↑ からどうぞ!


~おまけ~
2月中旬、周りの雪がすっかり融けて「今年の春は早いゾ」なんて油断してたら案の定、解禁前後に雪が積もって真冬に逆戻り。水温は下がり増水し、虫も少なく魚達は渋かったものの、何はともあれ、

あけましてオメデトウございま~~~す!
d0091323_12424677.jpg
今年も怪我無く安全に、宜しくお願い致します。m(__)m

バンブーロッドのオーダーお問い合わせはお気軽に!
【メール】 からどうぞ~。
お待ちしておりま~~~す!! /(^ー^)
自宅 0198-60-1282 ※平日の午前中、夜間はこちらへ。
携帯 080-3320-0267 ※左耳が全く聞こえませんので10回以上鳴らして下さい。

Quest! Bamboo Rod
阿部 俊一


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
さて何位? ┐(^_^;)




[PR]
by koubouquest | 2015-03-10 12:44 | ◆Quest!BambooRod◆



★メールで初めてお問い合わせのお客様へ★


メールで初めてお問い合わせいただいた場合、こちらからの返答メールが、お客様側のメール受信設定により、そちらに届かない場合があります。

特に、【携帯メール】でお問い合わせ頂いた場合、お客様の携帯メールの【受信設定】が【パソコンからの受信を拒否】となっていると、こちらからの返答メールを受け取る事が出来ません。
つきましては、メール受信の設定を【パソコンからの受信を許可】へと変更をお願い致します。

もし問い合わせメールへの返答が3日以上なかった場合は、電話で直接お問い合わせして頂くか、今一度【受信拒否設定の見直し】をして頂き、改めてお問い合わせの程、宜しくお願い致します。

またタイトル欄も空欄のままではなく、「バンブーロッドの件」、「フィッシングガイドの件」等、必ずご記入下さる様、こちらも宜しくお願い致します。



d0091323_18292266.jpg





バンブーロッドのオーダー製作 フィッシングガイド
のお問い合わせはお気軽に! 【メール】 からどうぞ~。
お問い合わせ、オーダー&ご予約、お待ちしておりま~~~す!! /(^ー^)

自宅 0198-60-1282 ※平日の午前中、夜間はこちらへ。
携帯 080-3320-0267 ※左耳が全く聞こえませんので10回以上鳴らして下さい。

フィッシングガイド遠野Quest!
Quest!BambooRod
阿部 俊一





にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
さて何位? ┐(^_^;)
[PR]
by koubouquest | 2015-02-13 18:34 | ◆フィッシングガイド遠野Quest!◆

ラッキーロッド108

ショップやイベントとかで、バンブーロッドがズラ~ッと並べて置いているのを目にした時、最初の1本目にアナタはどんな『長さ』のロッドを手に取るんでしょうね。

d0091323_1563483.jpg


そんなこんなでQuest! Bamboo Rodの「CSフェルール」1本目のお試しレンタルロッドは、

8'6 3/2 4wt Hollowbuilt Quad-BambooRod Model-DoragonTail
B73.0g + M25.7g + T9.3g = 108.0g (3.81oz)

d0091323_157719.jpg


1本目がナンでこの長さ?この番手?しかも2T?って思うでしょうが、とある事情がありまして・・・いわゆるフツーの長さのデモロッドはもう暫らくお待ちくださいませ。

◇◆DragonTail 8’06” 3P 2T #4 ブランク詳細仕様◆◇

◆ブランク基本料金 8’06”・・・【78,800円】
◆ピース 2)3P・・・【4,800円】
◆追加ティップ ブランク基本料金+ピース料金に下記料金を加算します。
2)3P時・・・30% (78,800+4,800)×0.3=【25,080円】

d0091323_1565298.jpg


◆スレッドカラー・・・ゴールデンイエロー 1)色止め加工・・・2T【4,000円】
◆飾り巻き・・・パールホワイト 1)ガイド両端の飾り巻き・・・2T=【6,800円】
◆ガイド 1)シルバークロムガイドセット・・・2T=【2,200円】
◆ストリッピングガイド・・・ 1)ミルドラム・・・【2,000円】
◆フックキーパー・・・無し
◆ティペットキーパー 1)シルバークロム・・・【600円】
◆グリップ・・・スクエアトップカットフルウェル
巷ではフラットグリップが評判ですが、このロッドもそれに近い効果が得られるように、人差し指と親指が当たる部分を四角くマイルドに削っています。
これによりブランクの向きがしっかり認識できて、ロッドを真っ直ぐ振る事が出来るようになり、飛距離が伸びて正確度も上がる様になります。
つまりはロッドが生まれ変わるんじゃなくて、サムオンで握って真っ直ぐ振れ、って事なんですね。

d0091323_1564166.jpg


◆リールシート金具 1)標準品・・・ニッケルシルバー削り出しQuest!オリジナル リング&リング
◆リールシートフィラー 4)メイプルタイガー(ダイド)・・・A)【3,800円】

d0091323_1565674.jpg


新品オーダー参考価格 【128,080円】


では一体どんなアクションなのか誤解を恐れずに簡単に説明しますと、その辺の川でも普通に使える虹鱒対応のドライフライアクションロッド、とでも申しましょうか・・・・ハァ?とか言われそうですね。

でも実際にそうなんです、重さは約108gと、私の作る同クラスの荒雄用中空ロッドとほぼ同じ重さなんですが、それらはニンフも楽に扱えるような胴調子のミディアムアクション設計なのに対し、このロッドはミディアムファストなドライフライアクション寄りに設計していますので、トップセクションの「しなり」が早く収束し、長い事振り続けても疲れ難いロッドになっています。

もう少し詳しく説明すると、同じ長さ同じ重さのロッドでも、柔らかいロッドの方はゆったりとした「しなり」を抑え込もうとして無意識にグリップを強く握ってしまうがために重く感じてしかも疲れやすく、逆を言えば硬い方がその振幅が早く収まるので強く握り締める必要が無いために軽く感じて疲れ難い、という事なのです。

本来ならば、荒雄とかでレインボー相手にテストするのが妥当なんでしょうが、とりあえずそこらの川でやってみました。
そしたらついつい丸1日使ってしまい、終わってみたらあれっ?手首がさほど痛くもないし持ち重り疲れもそれ程でも無い。
じゃあとその後3回使ってみたけれど、やっぱり普通に使えてしまったわけなんです。

しかもその4日間でなんと108匹も釣れちゃうほどの爆釣運がオマケに付いていたラッキーロッド!だったんですねこれが。(偶然にも重さと同じ数字だったので思わず書いちゃいましたがホントの話です。前回書いた106匹とは別のその後の釣果です。)

しかしやはり作りは虹鱒対応のロッドです、ティップセクションは太めで堅く出来ていますのでバラし易くなっています。小物を合わせる時はあくまでもソフトに、手首をキュッと絞る程度が良いでしょう。

d0091323_157177.jpg


興味がある方、レンタルしてみたい方は
【メール】
からどうぞ~!!

もちろん管釣りやそこらの川で実際に使って頂いて構いません。

荷姿は丈夫な紙筒で120サイズです、料金は岩手から東京近郊までで約1,400円前後です。
レンタル送料は「片道だけ」のご負担をお願いしておりますので宜しくお願いします。

自宅 0198-60-1282 ※平日の午前中、夜間はこちらへ。
携帯 080-3320-0267 ※聞こえが悪いので10回以上鳴らして下さい。
Quest! Bamboo Rod 阿部 俊一 まで!

お問い合わせ、お待ちしておりま~~~す!! /(^ー^)


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
さて何位? ┐(^_^;)
[PR]
by koubouquest | 2014-05-02 15:27

■Carbon Graphite Spigot ferrule

ソケット式後付タイプのバンブーフェルールを採用していた頃、「スピゴットタイプはやらないんですか?」と度々聞かれたものです。※ソケットタイプ=筒状に作られた部品単体を接着し、メスとして使用するタイプ。 ※スピゴットタイプ=芯棒をブランクに接着し、オスとして使用するタイプ。

それは少なからず、(そっちの方が簡単そうなのに、なぜやらないんだろう?)と言う意味合いが込められていたのでしょう。

d0091323_1125395.jpg

※竹肌の見える透明な補強巻きにずっと拘ってきましたが、少なからずどうしてもクラックが発生してしまうため、目隠し巻き(色選択可)を採用しています。
※画像では分かりにくいですが、リングには細かい斜めのナーリング(ギザギザの飾り掘り込み)が施されています。

それは6角バンブーを作っていた頃なので、もう15年以上前になるでしょうか。
パワーファイバーを内側にして接着してみたり中に鋼材を入れてみたり、竹素材に拘ってそのスピゴットタイプを色々と試してはいましたが、どうしても強度が足りずにそれらは投げ出したままの状態となっていました。※その他カーボン、グラス、アルミ等の異素材複合式、平板スリット式、
組み木式、ネジ止め式、スライドバンド止め式等、色々とやっていましたね。

実は、構造も作るのも一見簡単そうに見えるスピゴット式ですが、強度を得るのが一番難しいタイプのフェルールがこのスピゴット式なのです。

なぜならば両端が10と10で出来ているブランクを、細くなった9という芯棒で繋ぐ訳ですから、瞬間的なパワーが掛かるキャスト中に、応力の作用で力がそこに集中してしまうため、細い芯棒はある日突然ポッキリと折れたり曲がったりしてしまうのでした。

結局はあれこれ試した後に、短縮薄肉軽量化したニッケルフェルールを自作する事によって、フェルールの軽量化問題は一旦落ち着いた訳です。


d0091323_1131782.jpg

※勘合時はメンテナンス調整のため、5mm程度の隙間が開くようになっています。
※透明な部分に見える僅かな段差は、透明な下地巻きです。つまり飾り巻き部分は2重巻きになっています。
※スネークガイドの下にチョコッと見えるのは、移動に超便利なティペットキーパーです。1度試したらヤメラレナイ!


その後ついに念願の4角バンブーロッドの製作をスタートさせる訳ですが、程なくしてブチ当たった壁がまたまたフェルール問題だったのです。

と言うのも、金属で出来た丸い穴のフェルールに、カドのある竹のブランクを差し込むためには、竹のカドを少々削る必要がある訳ですが、「4角のロッドは6角のロッドよりも、更に多くカドを削らなければならない」という、4角ならではのあまり知られていない、しかし最大にして最悪の弱点が思いもよらず発覚したのでありました!ナンテコッタ~~!

金属フェルールに密着させたいがために角を削りすぎると、これまた応力でもってそこに力が集中してしまい、破損する危険性がどんどん増していくのでした。

フェルールの付け根でブランクがポッキリと折れてしまった、ってのを聞いた事はありませんか?6角でも起こりやすいその原因(接着やフェルール外しの時の過熱も問題です)は、そこにあるのです。さ~て困りました。



d0091323_1133814.jpg

※Quest! Bamboo Rodではフェルールをトップ側に付けます。このシステムはダブルティップでも安く簡単に対応する事が出来ます。



しかしそのようなリスクを少しでも避けるために、ニッケル製の丸いブランク挿入口に、四角い形のポンチを圧入して広げて四角くするという、先人達のワザがありました。
4角ビルダーの端くれとしては、四角い真鍮のポンチを自作してそのワザも試してはみました。

しかし、6角時代にかなりの短縮薄肉軽量化に成功していた自作のニッケルフェルールでそれを実行すると、薄肉化されているがゆえにヒビ割れを起こしたり勘合部まで変形してしまったりと、これまた新たなる問題を抱えてしまうのでした。

その問題を解決するには、重い肉厚なフェルールに戻せばよいだけの事でしたが、僅かたったの1~2g程だけ軽量化されたフェルールにも拘らず、その予想を超えた軽やかなロッドの使い心地にもう以前のような重いフェルールに戻る事など到底考えられず、そんなジレンマの壁にブチ当たって何とかヒネリ出したのが、スリップオーバーの試作ついでに作ってみたソケットタイプのバンブーフェルールだった、という訳なのでした。※スリップオーバー=ブランク端がそのまま広がって穴となり、メスとして使用するタイプ。



d0091323_1135283.jpg

※オプションでスレッドの色止め加工も選択できます。売られているスレッドそのままの色や輝きや質感をお楽しみ頂けます。



ソケットタイプのバンブーフェルールの「部品」として優れている点は、軽い、強い、曲がる、という事が上げられます。
これは、ダブルハンドのバット側に使用しても問題無い程の強度がある、と確信しています。※私個人の見解です。

反面劣っている点は、作るのが大変(コスト高)、見慣れない(ちょっとゴツイ)、経年変化(オスが痩せる)に対応した初期メンテが必要、と言う点でしょうか。

そしてその弱点を補うべく、各種タイプのフェルールの検証と試作とテストを重ねた結果、軽くて強くて曲がり、安く作れてスマートで経年変化にも強い『カーボン グラファイト スピゴット フェルール』(Carbon Graphite Spigot ferrule)がここに復活、完成したのでした。


じゃあ何故今カーボンスピゴットなのかと問われれば、「時代が(日本人が)それを許す余裕を持てるようになったから」としておきましょうかね。



d0091323_1142219.jpg
◆Quest! Bamboo Rodは、バンブーフェルールとCGSフェルールの両者共に、入手の時期や中古か新品かの状態にも関わらず、全てのロッドに対して随時無料にてメンテナンスを受け付けていますので安心してお使い頂けます。

Quest! Bamboo Rodは、安くて、軽くて、強くて、Coooool!なロッドを追い求め、まだまだ進化し続けます。





にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ さて何位? ┐(^_^;)

[PR]
by koubouquest | 2014-02-13 11:25 | ◆Quest!BambooRod◆

やりたい!やりたい!ってうるさいもんだから、手順を教えたらあっさりマスター。

d0091323_1644798.jpg


私の出番は、最後にハーフヒッチで結び止めるだけ。

d0091323_1654611.jpg


そのうち「お小遣いちょうだい!」とか言われそう・・・。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
さて何位?┐(^_^;)
[PR]
by koubouquest | 2013-10-28 09:13