ブログトップ

~GO!GO! Fly Fishing!~

2016荒雄川C&Rの大晦日


11月30日(水)荒雄川C&Rの大晦日!

天気が良かったので混雑&苦戦は覚悟の上、今シーズンを締め括るべく行ってきました。

遠野から約140km、3時間ちょい掛けて現地到着は9時。

天候は晴れ、気温3度、水温6度、微風、今年も周囲に雪は無く、山々がようやく雪化粧を始めたばかり。

数年前に比べてなんと暖かくて楽なシーズンが続くんだと、思いを馳せてしまいます。

聞けば既に7・8人は入っているとの事で、行くとざっと見その倍は居る様でやはり今日は荒雄の大晦日、予定していた魚影の濃い下流部は諦めて上流へと向かった。

しかし、と言うかやはりと言うか、人気の薄い上流部とは言えどもう既に一通り誰かに叩かれた後らしくて、コッソリ近付いたつもりでも魚達には素早く察知されてしまい、成す術も無く川底にベッタリと張り付いてハンガーストライキ態勢を取られてしまう有り様。

もう少し早く魚達が放流されていたならば人馴れ川慣れ虫慣れが進み、コカゲロウのハッチも盛んになる今頃は釣り人の前でも堂々とライズしたり中層で川虫を啄んだり、それこそ最高のゲームフィッシュとなって多くの釣り人を楽しませてくれた筈なんですがね。

私は荒雄川CRの特別解禁期を、ざっくりと4期に分けて考えています。

1)多くの釣り人がうろついていても、何を投げても喰ってくれる、10月前半の「カーニバル期」

2)怖い目に遭って完全ダンマリを決め込む魚と、粘れば釣れる魚が混在する、10月後半の「明暗期」

3)殆どの魚が2・3度は釣られ、人影に怯えてしまって何をやっても釣れなくなる、11月前半の「ビビリ期」

4)人馴れ川慣れフライ慣れが進み、ウデ次第で釣果を上げる事が出来る、11月後半の「テクニカル期」

今シーズンは、大半の魚が未だに「ビビリ期」継続中、なのでありました。

それならばと、たったさっき2人も通過したばかりのポイント近くの川岸に陣を取り、下流から来る釣り人に「この近く通るなよ」的オーラでもってバリアを張って15分程クールダウンさせ、ビビリが解けてライズを再開したのを確認した後、18番の赤ピューパを渦の中に滑り込ませてみたのでした。

そしてラインがツツっと引き込まれ、喰ったァ!

d0091323_18254327.jpg


実はコイツ、2人が通過するちょっと前に、俺が打ち込んだミッジドライをアッサリ見切りやがった、「オレ騙されないもんね~」君。

そして実は、前回もドライを銜える直前で辛くも見切って釣り逃れた賢いヤツだったので嬉しさ2倍!

なあ、ようやく会えたぜ~!おっと逆光。

d0091323_18253646.jpg

じゃあねー、また来年。

d0091323_18252954.jpg


その後この下のプールで超レアキャラ、無班のホウライマスちゃん(逃走のため画像無し)をキャッチしたものの、その時の騒ぎで数匹全員がべた底ストライキに突入、あ~~あ。

すぐにでも移動したかったものの、下流が混雑していたので暇つぶしにと時間を空けてあれこれやってはみたけれど、やっぱり無駄。

遂には、BOXの隅に入っていた管釣り用のエッグでさえ、目の前を横切らせても逃げる事もしなくなってしまった。

これ即ち、「ビビリ期」が更に進行した「ダンマリ期」状態。

特に橋下とかの大きめのプールで起きる、いわゆる「ツンデレ」とも言える厄介な現象で、フライを替えると見に来るし大して逃げもせず、そして突発的に釣れちゃう事もあるのでついついズルズルと粘ってしまうという恐ろしい末期の症状なのでした。

しかしこんな小悪魔的な連中とは、しっかり時間を決めて遊んでもらう事にしないと痛い目に合っちゃうんですよね~。

こんな時はキッパリと予定時間通りに切り上げて、気が緩んでいるのんびりちゃんや人間様をナメている小生意気なニジマスクンを見つけ、コッソリストーキング&一発勝負を挑んで行くのが吉、なのです。

さて、周囲の釣り人の動き具合を伺いながら瀬を下りつつ、偶然見つけた黒い影へとニンフを打ち込んだらラッキー!釣れちゃった。

流石は瀬付き、ヒレが御立派!

d0091323_18252292.jpg

お顔を、ちょっ?な!

d0091323_18251663.jpg

ま、いいけどね。

お?!下流のお目当てポイントがようやく空いたので、大急ぎでバリアを張りに行く事としましょう。

実はこのポイント、数少ない「テクニカル期」になっているゾーン。

着けば既にコカゲロウが流れており、そしてさっきまであれだけジャボジャボとルアーを投げ込まれていたのに、なんともうライズしているではありませんか!

正にこれが11月後半の「テクニカル期」、待ち焦がれていたミッジゲームを楽しませて頂きましょう!

まずは大事な1投目、その後の2・3投以内に取れなければ長期戦を覚悟しなければなりません。

1投目、ヤバい、ちょいとズレた。

2投目、上手く行ったがタイミングが合わず、ふぅ~~。

3投目、ドラグが掛かってしまい直前でターン、チッ見破られたかぁ?

やはり失敗なのでした、そのまま5分程の沈黙の後、状況が一変してしまったのです。

さっきまでの鼻先を出した水面吸い込みライズが、水面直下でのヌルリライズへと変わってしまったのだ。

どうやらドライで何回か釣られ、これなら喰っても大丈夫、ってのにメニューを変更した様なのだ。

取りあえず、そのまま20番のコカゲミッジを流し込んでみるものの、その隣でこれ見よがしに堂々と起きるヌルリとした直下型ライズ。

なるほど、やるね~、流石はテクニカル期、さてどうする?

大きく分けて選択肢は2つ、水面直下のピューパで行くかシャック(抜け殻)にするか?

インターバルを取りつつ、まずはシャックパターンを試す。

しかし流し込んだシャックパターンを掻いくぐり、12m先の水面直下で繰り返されるヌルリヌルリとしたイヤラシイライズは続く。
※距離はグーグルアースにて計測。ちなみに、プール等を計測するとかなり正確であることが分かります。

ならばフローティングピューパでキマリでしょ!ところがなんと、これもダメ?こりゃ困ったぜ。

ううむパターンか?色か?サイズなのか?はたまたティペットかぁ??くそ~~~ッ、楽しいじゃねぇか!コノヤロ~ッ!! 

そしてあれこれ楽しく悶絶しての40分後。

遂に、キタァァアアアアーーーーーーーッ!!!

d0091323_18251079.jpg

やれやれ・・・・うれしいねぇ・・・・3時間半も掛けて来た甲斐があるってもんです。

d0091323_18250499.jpg

その後メデタクもう1匹追加、イエ~~~~イ。


d0091323_18245884.jpg



それからは完全沈黙ベタ底ツンデレ状態となってしまったので、メシだ!腹減った!あーオモシロかった!!


d0091323_18245177.jpg





d0091323_18244415.jpg




メシ後、空いていたスペースを見て回ったものの、どこもかしこも相当に叩かれた後と見えて、ベタ底&ダンマリ&ツンデレの、未だ「ビビリ期」から脱していない連中ばかりとなっていた。

ならばと、可能性のありそうな前回やらかしちゃった年越しベテランさんへ会いに行くと、居ましたよ。

多分殆どの方が見落としてしまうんじゃないでしょうかね、こんなキツイ流れの中に居る訳が無い、ってね。

画像のド真ん中のちょい上、こんなに早くて厚い流れの中央の大石のヨレの脇に、茶色の55ちゃんが居たんですよ。

d0091323_18243770.jpg

しかもなんと、この距離からもう既にこちらの存在に気付いてる風で、ギラリと身をよじって上流へと移動してしまった。

図体がデカいからこんな遠くからでも確認できますが、イワナヤマメもこんな感じで逃げているんですよね。

居ないんじゃなくて、散らしちゃってるんですよ、多くの場合。

そしてバリアを張って時間を空け、遠くから様子を伺い、戻って来たのを確認し、18番のスリムニンフをアップクロスでロングキャスト!

ダメか?と思った数投目、ドバ~~ン!ダバダバ!ガボガボ!プツッ!な?

くああぁ~ッ切れたのか?いやバレたのかァ、クソーーーッ!2連敗!!俺の負け。

今考えれば、攻められていない分10番のデカモスドライでも出ただろうし、ドライの方がバレなかったかもしれないな、なんて思うんだけど後の祭り。

あーしかし、コイツさえ取れていればかなりスッキリと終われたのに。

暫くはベッドに潜り込むたびに思い出すんだろうなぁあの瞬間を、ガボガボ!プツッ!クソーッ!!てやつをさ。

さてと、十二分に楽しませて頂きました、まだ3時だけど上がるとしましょうか。

下流部のカードも少しあるけれど、これだけ混んでいたんじゃもう使い物にならないでしょうからね。

d0091323_18243175.jpg

来年こそは早い事「テクニカル期」になって、カメちゃんやばったクンの出番もありますように、と願うばかり。

あ、これだけ魚影が濃ければ夏に来るってのもいいかもね!!



【バンブーロッドのオーダー製作】 【フィッシングガイド】
のお問い合わせはお気軽に!まずは クリック⇒ 【メール】 からどうぞ!

自宅 0198-60-1282  
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中と夜間は自宅へ。
※左耳が全く聞こえませんので、10回以上鳴らして下さい。

フィッシングガイド遠野Quest!
Quest!BambooRod
阿部まで!



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへさて何位? ┐(^_^;)



[PR]
# by koubouquest | 2016-12-02 18:40