~GO!GO! Fly Fishing!~ koubouq.exblog.jp

■ 中空


体感度★★★★   標準仕様


中空ロッドとはバンブースプリットの比較的柔らかい内側を削り取り、ロッドブランク内部に中空部分のある軽量化されたロッドの事を言います。

d0091323_10201845.jpg


番手や長さ等により、バットセクションだけが中空のものやバットとトップの両方が中空のものなどがあります。

持っては軽くてしなやか、振ると思いのほかパワフルでラインの飛びが良く、魚を掛けてからは予想外に良く曲がる、と言う独特のアクションを楽しむ事が出来ます。


中空加工による軽量化は、持ち重りの軽減はもちろんの事、ロッド自重の慣性力が弱まるためラインに対する追従性がUPしてブレが抑えられてキャスティング能力の向上が見込めたり、ロングロッドや高番手ロッドの設計の幅が広がるなど非常に多くの利点が得られます。

d0091323_1022415.jpg


構造としては、強度を保つために一定の間隔で隔壁を設けているダムタイプ(セミホロウ)や、その隔壁を設けないフルホロウタイプが一般的ですが、その他に、接着面積を稼ぐためにブランクの断面が花弁のような形をしたフルーテッドタイプや、レンコンのように複数の穴を持つタイプや、任意のスプリットのみ削るタイプや、それらを複雑に組み合わせたマルチパターンなどがあり、機材や加工システムの開発や進化と共に、まだまだ発展途上の余地がある工法とも言えます。

いずれの場合も削り残すパワーファイバーの肉厚や隔壁の位置などで、重量、強度、アクションをコントロールすることが出来、それらの設定はインナーテーパーやブラインドテーパーと呼ばれ、外見から見る事の出来ないデーターは公表される事も少なく、ある意味企業秘密的要素となってしまっています。

d0091323_1023118.jpg


図中両方とも中空ロッドと考えた場合、曲がり荷重を一枚の直線面で支えている4角に対し、6角は「くの字」に曲がった2枚の面(図中Cの2面)で支えているために、キャスト中のブランク潰れは6角の方が大きいであろう、と言う事が予測出来ると思います。

つまり4角中空は6角中空に比べて潰れにくい構造であり、潰れ難さはイコール反発力の差となりパワーの差となって現れ、これが4角中空は細くてもパワーがあると言われる由縁でもある訳なのです。

上記踏まえ、4角ロッドと中空加工は非常に相性の良い組み合わせ構造である、と言う事も併せてお分かり頂けたでしょうか。



しかし、中空ロッドにも欠点はあります。
薄肉化と接着面積減少による強度の低下や、その軽さから来る手応えの無さに少々不満を感じる場合もあるでしょう。

工房Quest!ではその不安と不満を解消するべく「ノードレス工法」を取り入れたり、削り取った部分に再度軽量な素材を貼り付けて組み上げた「インナーコア加工」や、更にその上を行く「スーパーコア加工」を採用しています。

これらの工法は中空ロッドの欠点を補い、軽さはそのままに強度とパワーとキャスティングフィールを高め、更には魚を掛けた時の曲がり具合や釣り味までもを高める工法となっています。
[PR]
# by koubouquest | 2007-07-07 07:06