◆Quest! Bamboo Rod◆
~価格&オプション~


◆◆参考仕様【完成品ロッド】価格表◆◆
d0091323_11532798.jpg
※赤字は最近人気のアイテムです。

◆◆参考仕様【完成品ロッド】の内容◆◆
◆スレッドカラー・・・各色から選べます。
◆飾り巻き・・・なし
◆ガイド・・・シルバークロムガイドセット 1T=【1200円】 2T=【2200円】
◆ストリッピングガイド・・・オールドタイプ
◆フックキーパー・・・・無し
◆ティペットキーパー・・・・無し
◆グリップ・・・・フルウェル
◆リールシート金具・・・・リング&リング
◆リールシートフィラー・・・・ウォールナット【2200円】
_________________________________
◆◆◆ブランク基本料金◆◆◆
6’00”・・・60800円 6’06”・・・64400円
7’00”・・・68000円 7’06”・・・71600円
8’00”・・・75200円 8’06”・・・78800円
9’00”・・・82400円
※ブランク基本料金は全モデル共通料金です。
※ブランク仕様は全モデル共通の
【カーボングラファイトスピゴットフェルール】です。
※1インチ単位でのオーダーも可能です。
±1インチ=±600円 ±1フィート=±7200円です。
_________________________________
ピース
1)2P・・・0円
2)3P・・・+6200円
3)4P・・・+12400円
4)5P・6P・・・お問い合わせ下さい。
_________________________________
追加ティップ
1)2P/2T・・・+40%
2)3P/2T・・・+35%
3)4P/2T・・・+30%
※ブランク基本料金に上記%を加算します。
_________________________________

◆◆◆追加オプション&コスメ◆◆◆
★当方にて既製品取り寄せの場合は、購入総額の2割増し料金となります。
スレッドカラー 
1)「レッド」「グリーン」「ブラウン」「シースルー」等、各色から【無料】で選べます。
2)色止め加工・・・・1T=3000円 2T=5000円
※色が濃くならず下地も透けず、糸の色味がそのまま出ます。
_________________________________
飾り巻き
★グリップ上側には、お任せ飾り巻きが【無料】にて施されます。
1)ガイド両端の飾り巻き・・1T=6800円 2T=9600円
2)ロッド全体の段巻き・・・1ヶ所250円にて算出します。
_________________________________
ガイド
1)シルバークロムガイドセット・・・1T=1200円 2T=2200円
2)ブラッククロムガイドセット・・・1T=2200円 2T=3200円
※セットにはトップガイドも含まれます。
※ブラックセットには金具類の黒染め加工料も含まれます。
_________________________________
ストリッピングガイド 
1)オールドタイプ、ミルドラム、他各種・・・800円~
2)メノウ類・・・3800円~
_________________________________
フックキーパー 
1)シルバークロムorブラッククロム・・・600円  
_________________________________
ティペットキーパー
1)シルバークロムorブラッククロム・・・600円
※ストリッピングガイドより1~2個上のガイドの裏に取り付ける小さなシングルフットガイドです。
このガイドとロッドを握る人差し指にティペットを8の字に巻き掛ける事で、素早い移動とキャストが可能になります。
_________________________________
グリップ  
※タイプ指定、採寸コピー等に【無料】にて対応致します。取り寄せ品を使う場合は-2000円です。
※コルクリング12個以上になる場合は、コルクリング追加1個に付き+200円となります。
_________________________________
リールシート金具
1)Quest!オリジナル・・・・ニッケルシルバー自作削り出し リング&リング
2)その他・・・・マイナス1000円となり、スペシャルオーダーまたは既製品使用となります。
_________________________________
リールシートフィラー
1)花梨バール・・・・・・・・・・A)4800円 B)3800円
2)タモ玉杢・縮み・・・・・・・A)4800円 B)3800円
3)メイプルタイガー・・・・・・A)3800円 B)2800円 
4)ウォールナット・その他・A)2200円~
※A)=濃密杢・特選品 B)=良杢・並品
_________________________________
その他
1)専用アルミチューブ・・・・8800円
2)オリジナルロッドソック・・・・1200円※オーダー品には付属
_________________________________

※商品には1年間の品質保証が付帯します。
通常使用において、製造が原因とされる不具合が発生した場合、無料にて補修、または新品と交換致します。
※商品を受け取りお気に召さなかった場合、2週間以内であれば返品が可能です。
オーナーネームが入っている場合でも、ネーム消し代金10,000円にて返品可能となります。
但し、竹肌が露出する等の「補修が必要な傷」が付いている場合は返品不可となります。
※返品諸経費はお客様のご負担となります。
※料金及び仕様内容は予告なく変更される場合があります。
※最終変更日「2015年3月1日」

◆Quest! Bamboo Rod◆
は、コチラ ↑↑↑ からどうぞ!


★★メールで初めてお問い合わせ頂くお客様へ★★
※メールで初めてお問い合わせいただいた場合、こちらからの返答メールが、お客様側の【メール受信拒否設定】により、そちらに届かない場合がありますのでご注意下さい。
※特に、【携帯メール】でお問い合わせを頂いた場合、お客様の携帯メール受信設定が、【パソコンからの受信を拒否】となっていると、こちらから送信した返答メールを受け取る事が出来ません。
※つきましては、携帯メール受信の設定を、【パソコンからの受信を許可】へと変更をお願い致します。
※もし問い合わせメールへの返答が3日以上なかった場合は、電話で直接お問い合わせして頂くか、今一度【受信拒否設定の見直し】をして頂き、改めてお問い合わせの程、宜しくお願い致します。
※またタイトル欄も空欄のままではなく、【バンブーロッドの件】、【フィッシングガイドの件】等、必ずご記入下さる様、併せて願い致します。


~おまけ~
解禁間もなく広範囲に降り続いた雨のお陰で大増水し、川底は形を変えすっかりと洗われて青く輝き、爆弾低気圧による猛吹雪のお陰で、解禁前にチョコッとだけ放流されたひ弱なヤマメちゃん達は悲しいかな、どこかへ吹き飛ばされてしまった様です。

それでもなんとか、過去累々と積み重ねたデーターを頼りに、あそこなら何とか残っていてくれているであろうというポイントを虱潰しに渡り歩いて小さな幸せに浸るのでアリマシタ。
d0091323_11583076.jpg
よく頑張った!おれも頑張る!


~おまけのオマケ~
おや?オマエさん、なぜここへ??
「あひゃ~~ なんか・・・ あったかいんだからぁ~~」
d0091323_12025346.jpg
※今の時期水の中で支えてやると、こんな「ほっこり顔」になります。


バンブーロッドの見積もり・製作・レンタルのお問い合わせはお気軽に!
クリック→【メール】からどうぞ!
お問い合わせ、お待ちしておりま~~~す!! /(^ー^)

自宅 0198-60-1282
携帯 080-3320-0267
※平日の午前中&夜間は、自宅電話へお願いします。
※聞こえが悪いので10回以上鳴らして下さい。

「Quest! Bamboo Rod」 阿部まで!


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ




[PR]
by koubouquest | 2015-03-18 12:08 | ◆Quest!BambooRod◆



◆Quest! Bamboo Rod◆
~構造&アクション~


Quest! Bamboo Rodは、同一番手の6角よりも、約7.1%も軽く作れて直進性に優れた【4角ロッド】をベースとして、接着面積が大きく取れて強度と軽さを両立させた【丸断面のフルーテッド中空加工】、軽くて強靭で、見た目とコストパフォーマンスにも優れた【カーボングラファイト スピゴットフェルール】の3つを基本構造として作られています。

想像してみて下さい、これら3つの要素で構成された、直進性に優れ、軽くて強くて、しなやかなバンブーロッドを。

「マルチピースで欲しいけど、高いし、重いし・・・・」
「8フィートのバンブーは重いから、カーボンでいいや」
なんて躊躇し敬遠していたあなたにこそ使って欲しいバンブーロッドが、ここにあります!

d0091323_15421892.jpg



アクションは、全シリーズ共通で、ミディアムでややファスト寄りなセミパラボリックアクションを基本としています。

設計は、そのセミパラボリックアクションをアウトラインテーパーとして、オーナー様の好みや、使用シチュエーション、対象魚のサイズに合わせてインナーテーパー設計(中空加工)による微調整を加え、オーダー毎に再設計し、世界で唯一のあなたにピッタリな【愛竿】を作り出します。

❑MI KA ZU KI (三日月)
6’0”・6’6”・7’0” #3・#4

狭い場所でもコンパクトなアクションでフライを送り込めるしなやかさと、開けた場所でのロングキャストもこなせる粘り強さも兼ね備えた切れ味鋭い三日月刀。
薮沢の奥に潜む岩魚用の隠し刀として是非一刀。

❑Angel Touch(エンジェルタッチ)
7’0”・7’3”・7’6” #0・#1・#2

水面へのコンタクトはまさにエンジェルタッチ!曲がり具合も20cmチョイでそりゃもう大騒ぎ!弛みの少ない超低番手ラインのダイレクト感はまさに感動モノです。
釣るだけに飽きちゃった貴方へ、新たなシゲキを求めている貴方へ贈ります。

❑Windist (ウインディスト)
7’0”・7’3”・7’6” #3・#4  
 
1日中振り回しても振り疲れる事の無い驚異的な軽さ、そしてバンブーロッドならではの、ラインの重みを感じながらゆったりと振る事が出来るその使い心地は、「カーボンロッドよりも振りやすい!」「振っていて楽しい!」と、多くの方にお褒め頂いております。
そんな、向かい風(Wind)に勝つ(Win)者という意味が込められたこのロッドは、フライデビューしたばかりのビギナーの方にも自信をもってお勧め出来る、頼りになる「相棒」になってくれる事間違い無し!です。

❑Inprest (インプレスト)
7’6”・7’9”・8’0” #3・#4
 
長めのロッドはロングキャストが楽になるだけでなく、各種のテクニカルキャストやメンディングや、ロングティペットでの繊細なミッジや重いニンフも格段に扱いやすくなります。
更には、魚に過大なプレッシャーを与えない小さなアクションで振り込む事が出来たり、小さな魚でもテコの原理で釣り味が増したり、大物に対してはショックアブソーバーレンジが広がったりと、それはもう使ってみなければ分からない、使ってみて納得!と言う有利な魅力が満載なのです。
振って楽しく!掛けて面白い!Inpurestは、そのロングロッドの楽しさと優位性が実感できるQuest! Bamboo Rodのベストセラーロッドとなっています。

❑Dragon Tail (ドラゴンテイル)
8’0”・8’6”・9’0” #4・#5・#6

ロングロッドやマルチピースにありがちな、嫌な振動やブレが無く、スッキリとした振り味が自慢の、荒雄川のレインボーに鍛えられた「竜の尾」です。
重さも、海外北海道釣行用の8’6”#4の4ピースで【120g以下】という驚異的な軽さを誇り、投げて、掛けて、寄せて、獲る!為の、シングルハンド高番手ロングロッドです。
オーナー様が求めるバットパワーや想定ファイトタイム、アベレージサイズに合わせてインナーテーパー(中空加工率)を検討し、オーダー毎に最適な軽量化に勤めています。

※以前はシリーズ毎に作りもアクションも違っていましたが、現在では前述の通り、作りも設計も基本的な部分は全て共通となってしまい、シリーズ名は昔の名残り、単に長さや番手を区切るだけの手段となっています。

◆Quest! Bamboo Rod◆
~価格&オプション~
は、コチラ ↑↑↑ からどうぞ!


~おまけ~
2月中旬、周りの雪がすっかり融けて「今年の春は早いゾ」なんて油断してたら案の定、解禁前後に雪が積もって真冬に逆戻り。水温は下がり増水し、虫も少なく魚達は渋かったものの、何はともあれ、

あけましてオメデトウございま~~~す!
d0091323_12424677.jpg
今年も怪我無く安全に、宜しくお願い致します。m(__)m

バンブーロッドのオーダーお問い合わせはお気軽に!
【メール】 からどうぞ~。
お待ちしておりま~~~す!! /(^ー^)
自宅 0198-60-1282 ※平日の午前中、夜間はこちらへ。
携帯 080-3320-0267 ※左耳が全く聞こえませんので10回以上鳴らして下さい。

Quest! Bamboo Rod
阿部 俊一


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
さて何位? ┐(^_^;)




[PR]
by koubouquest | 2015-03-10 12:44 | ◆Quest!BambooRod◆

■Carbon Graphite Spigot ferrule

ソケット式後付タイプのバンブーフェルールを採用していた頃、「スピゴットタイプはやらないんですか?」と度々聞かれたものです。※ソケットタイプ=筒状に作られた部品単体を接着し、メスとして使用するタイプ。 ※スピゴットタイプ=芯棒をブランクに接着し、オスとして使用するタイプ。

それは少なからず、(そっちの方が簡単そうなのに、なぜやらないんだろう?)と言う意味合いが込められていたのでしょう。

d0091323_1125395.jpg

※竹肌の見える透明な補強巻きにずっと拘ってきましたが、少なからずどうしてもクラックが発生してしまうため、目隠し巻き(色選択可)を採用しています。
※画像では分かりにくいですが、リングには細かい斜めのナーリング(ギザギザの飾り掘り込み)が施されています。

それは6角バンブーを作っていた頃なので、もう15年以上前になるでしょうか。
パワーファイバーを内側にして接着してみたり中に鋼材を入れてみたり、竹素材に拘ってそのスピゴットタイプを色々と試してはいましたが、どうしても強度が足りずにそれらは投げ出したままの状態となっていました。※その他カーボン、グラス、アルミ等の異素材複合式、平板スリット式、
組み木式、ネジ止め式、スライドバンド止め式等、色々とやっていましたね。

実は、構造も作るのも一見簡単そうに見えるスピゴット式ですが、強度を得るのが一番難しいタイプのフェルールがこのスピゴット式なのです。

なぜならば両端が10と10で出来ているブランクを、細くなった9という芯棒で繋ぐ訳ですから、瞬間的なパワーが掛かるキャスト中に、応力の作用で力がそこに集中してしまうため、細い芯棒はある日突然ポッキリと折れたり曲がったりしてしまうのでした。

結局はあれこれ試した後に、短縮薄肉軽量化したニッケルフェルールを自作する事によって、フェルールの軽量化問題は一旦落ち着いた訳です。


d0091323_1131782.jpg

※勘合時はメンテナンス調整のため、5mm程度の隙間が開くようになっています。
※透明な部分に見える僅かな段差は、透明な下地巻きです。つまり飾り巻き部分は2重巻きになっています。
※スネークガイドの下にチョコッと見えるのは、移動に超便利なティペットキーパーです。1度試したらヤメラレナイ!


その後ついに念願の4角バンブーロッドの製作をスタートさせる訳ですが、程なくしてブチ当たった壁がまたまたフェルール問題だったのです。

と言うのも、金属で出来た丸い穴のフェルールに、カドのある竹のブランクを差し込むためには、竹のカドを少々削る必要がある訳ですが、「4角のロッドは6角のロッドよりも、更に多くカドを削らなければならない」という、4角ならではのあまり知られていない、しかし最大にして最悪の弱点が思いもよらず発覚したのでありました!ナンテコッタ~~!

金属フェルールに密着させたいがために角を削りすぎると、これまた応力でもってそこに力が集中してしまい、破損する危険性がどんどん増していくのでした。

フェルールの付け根でブランクがポッキリと折れてしまった、ってのを聞いた事はありませんか?6角でも起こりやすいその原因(接着やフェルール外しの時の過熱も問題です)は、そこにあるのです。さ~て困りました。



d0091323_1133814.jpg

※Quest! Bamboo Rodではフェルールをトップ側に付けます。このシステムはダブルティップでも安く簡単に対応する事が出来ます。



しかしそのようなリスクを少しでも避けるために、ニッケル製の丸いブランク挿入口に、四角い形のポンチを圧入して広げて四角くするという、先人達のワザがありました。
4角ビルダーの端くれとしては、四角い真鍮のポンチを自作してそのワザも試してはみました。

しかし、6角時代にかなりの短縮薄肉軽量化に成功していた自作のニッケルフェルールでそれを実行すると、薄肉化されているがゆえにヒビ割れを起こしたり勘合部まで変形してしまったりと、これまた新たなる問題を抱えてしまうのでした。

その問題を解決するには、重い肉厚なフェルールに戻せばよいだけの事でしたが、僅かたったの1~2g程だけ軽量化されたフェルールにも拘らず、その予想を超えた軽やかなロッドの使い心地にもう以前のような重いフェルールに戻る事など到底考えられず、そんなジレンマの壁にブチ当たって何とかヒネリ出したのが、スリップオーバーの試作ついでに作ってみたソケットタイプのバンブーフェルールだった、という訳なのでした。※スリップオーバー=ブランク端がそのまま広がって穴となり、メスとして使用するタイプ。



d0091323_1135283.jpg

※オプションでスレッドの色止め加工も選択できます。売られているスレッドそのままの色や輝きや質感をお楽しみ頂けます。



ソケットタイプのバンブーフェルールの「部品」として優れている点は、軽い、強い、曲がる、という事が上げられます。
これは、ダブルハンドのバット側に使用しても問題無い程の強度がある、と確信しています。※私個人の見解です。

反面劣っている点は、作るのが大変(コスト高)、見慣れない(ちょっとゴツイ)、経年変化(オスが痩せる)に対応した初期メンテが必要、と言う点でしょうか。

そしてその弱点を補うべく、各種タイプのフェルールの検証と試作とテストを重ねた結果、軽くて強くて曲がり、安く作れてスマートで経年変化にも強い『カーボン グラファイト スピゴット フェルール』(Carbon Graphite Spigot ferrule)がここに復活、完成したのでした。


じゃあ何故今カーボンスピゴットなのかと問われれば、「時代が(日本人が)それを許す余裕を持てるようになったから」としておきましょうかね。



d0091323_1142219.jpg
◆Quest! Bamboo Rodは、バンブーフェルールとCGSフェルールの両者共に、入手の時期や中古か新品かの状態にも関わらず、全てのロッドに対して随時無料にてメンテナンスを受け付けていますので安心してお使い頂けます。

Quest! Bamboo Rodは、安くて、軽くて、強くて、Coooool!なロッドを追い求め、まだまだ進化し続けます。





にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ さて何位? ┐(^_^;)

[PR]
by koubouquest | 2014-02-13 11:25 | ◆Quest!BambooRod◆

■フルーテッドホロウ

工房Quest!では、次期料金改定時に「フルーテッドホロウ加工」仕様を新たに追加致します。

フルーテッドホロウとは、平面的に肉抜きをするのでは無く、断面が画像のように円形もしくは花びらのように肉抜き加工されたロッドの事を言います。

こうする事でスプリット同士の接着強度が各段に上がり、アーチ構造のため変形に強くつまり、四角く平面で中空加工するよりも反発力が上がり、ダムタイプ(チャンバータイプ)に比べて厚みにスムーズなテーパー付けが可能となるため、より淀みのないアクションとなり、また比較的加工も楽になるためコストダウンにも繋がり、更に安くて良いものを皆様へお届けできるものと考えております。

画像は「フルーテッドホロウ」加工されたティップ&バットブランクのフェルール部です。
d0091323_1444394.jpg


金属フェルール取り付け時のブランク削り加工(これらがフェルール部分で折れる主因です)が必要の無いバンブーフェルール(現在はカーボングラファイトスピゴットフェルールとなっています)取り付け前提のため、フェルール部も中空のままとなっています。
もちろん穴はフェルールを取り付ける前に塞いでしまいます。

従来からあるクロスホロウ(断面が田の字型の中空加工)仕様は、高番手、ロングロッド、大型魚対応仕様としてスペシャルオーダー対応致します。

今後とも引き続き、【振って楽しく!釣って面白い!工房Quest!バンブーロッド】を御贔屓の程、宜しくお願い致します。

工房Quest! 阿部俊一



[PR]
by koubouquest | 2011-12-06 14:47 | ◆Quest!BambooRod◆

■4角



4角バンブーロッドとは「直角二等辺三角形」のスプリット4本を張り合わせて作る、断面が四角形のバンブーロッドの事を言います。
クワッド(quad 四つ)、スクエア(square 四角)、フォーサイド(fore sids 四面)ロッドとも呼ばれています。

一般的にバンブーロッドといえば6角形であり、極めて少数派となる4角ロッドは、ある意味異端的な存在と言って良いのかもしれません。

それは4角ロッドのメリットがそれほど理解されていない上に、見慣れない、違和感があると言った買う側のネガティブな意見と、作る側にとっての道具的な問題と、苦労して作っても果たして売れるのだろうか?と言ったマイナスの要因が買う側作る側共に4角ロッドを敬遠してしまう理由でもあるようです。


6角はプロショップで普通に販売されている60度のミゾが付いた「1本のプレーニングフォーム」で製作が可能ですが、それに対し4角は45度のミゾが付いた「対称的なプレーニングフォームが2本」必要になってしまいます。
しかしこれは一般的では無いため、特注品としてプロショップにオーダーしなければならないのが現状です。


d0091323_10452131.jpg


それ以外の方法としては、高価なプロ用の大型ミリングマシンか特殊な工具を購入する必要があり、いずれにせよアマチュアレベルのバンブーロッドビルダーにとっては、4角は作る為の道具の購入(さもなくば自作)からして難しい、という問題があります。

更には、先人達が残した有名偉大なスーパーロッドのテーパーデーターの殆どは6角用で、4角ではこれらのロッドを「再現して楽しむ」という事が出来ません。
これは買う側、作る側にとっても大きな痛手である事は否めません。

たとえ6角用のデーターをコンバート(断面積同一変換)して作ったとしても、アクションの再現には程遠く、4角ロッドの製作を始めるに当たってはまず、テーパーから新たに開発しなければならないという手探り状態でのスタートとなってしまうのです。

6角から4角への断面積同一=重量同一となる対面幅コンバート率は約93.0%です。4角の方が約7.0ポイントほど対面が狭くなります。

では実際に、4角と6角のバンブーロッドのアクションの違いとしてはどうなのか?
と言う事で、とある6角用3番のテーパーを元にして、同一のトンキンケーンから同一断面積、同一重量の6角と4角のロッドを作ってみました。

素振りをしてみると、同じ重さながら4角の方が明らかにバットに張りがあり、番手が上がったように感じ、同じテーパー、同じ重さで作ったロッドとは思えない程の違いが出ました。
ラインを通して振ってみると6角は予定通り3番に、そして4角は3番に加えて4番も扱えるパワーが備わっている事が体感出来たのです。

これはいったいどういう事なのか?


話は飛んでホームセンターなどで売っている、幅16mm厚み5mm長さ6フィート(182cm)の薄く細長い板を振っている所を想像してみて下さい。

実際に手に取って振ってみると、5mm方向には手元からゆらゆらと曲がり、超スローなロッドのように振る事が出来ますが、16mm方向に振ると大変に堅くて殆ど曲がらないという事を目と手で確認する事が出来ます。
是非ホームセンターなどで実際に試してみてください!

d0091323_942379.jpg

図は、4角と6角の断面図です。

Gをガイド面と考え、G~A方向に振ると考えます。
外形に沿って黄色く表示した部分がパワーの源、パワーファイバーです。

板の実験で分かる事は、バンブーロッドのパワーを司っているのはAG面にあるパワーファイバーではなく、Bの「両サイドのパワーファイバー面」がその主たる役割を担っているのではないか?と言う事が推察できますでしょうか。
もちろん力学的にはもっと様々な要素が複雑に絡み合っている訳ですが・・・これは中空ロッドの話に繋がります。

今度は図中、オレンジ色の矢印ラインに注目してください。
曲がりとしての荷重は、B面のパワーファイバー(オレンジライン)方向に圧縮伸張する力として掛かっている事がお分かり頂けると思います。

上下面には伸び縮みする面がある訳ですが、これは4・6面の両者にありますので今は無視します、そしてこれは「4面はフラットな面が広いため、パワーファイバーをより多く使う事が出来る」という話に繋がっていきます。

そしてそれぞれにA方向から荷重を受ける一本の橋げたと考えてください。

少々乱暴な例えになりますが、この橋げたにタル状に出っ張りを付けても、破壊強度は増すにせよ荷重方向の反発力としてはそれほど効果が見込めない、という事が分かってもらえるでしょうか。

つまりそれは極端に言って、6角ロッドにおけるDの緑色の部分、いわゆる贅肉とも考えられる訳です。
これはなんと全重量の3分の1にもなります。

もちろんその切り取られた左右のD部分を張り合わせ、菱形とした場合の反発力もあるわけですから、この件は当たらずしも遠からずの乱暴な例え話として捉えて下さい。


結論として、出っ張ったDの部分は重量が3分の1あるにもかかわらず、反発力にはさほど貢献していない、という事がご理解頂けるでしょうか。

実際のところ計算によれば、同じ反発力を発生する面積的コンバート率は約92.9%と言う数字が4角と6角が同じ番手になる係数のようです。

詰まる所、4角ロッドの最大の強みとして、同じ番手のロッドを作った場合、「6角に比べて4角の方が、ブランク重量で約7.1ポイント軽く作る事が出来る」と言う事なのです。

ただしこれは番手での話であって、ブランク重量的には7.1ポイントもの差があり、当然アクションも変化する訳で、これが6角と4角のパワーの差となって現れてくる、という事になる訳なのです。


しかし工房Quest!ではただ単に軽く出来ると言う事で4角工法を採用しているわけではありません。

「4角工法」と「ディファレンシャルバインド」と言う考え方を組み合わせる事によって、左右方向のブレを消す相乗効果を高め、更には「中空加工」を施す事によって上下方向のダンピングを解消する工夫を施しています。


※工房Quest!ではコスト削減と効率を高めるため、4角ロッドが標準仕様となっています。
6角ロッドを作る予定はありませんので予めご了承下さい。



[PR]
by koubouquest | 2007-07-07 07:07 | ◆Quest!BambooRod◆


コルクグリップの標準仕様は細めで浅いウェーブのフルウェルです。
もちろんその他の形状や採寸コピーにも対応致しております。

リールシートの標準仕様はリング&リングです。
近代ハーディー、オービスのフットサイズと同等寸法(幅13.5mm×長さ62mm)であれば、キッチリと嵌まってぐらつく事は一切ありません。
しかし、それ以上のフットサイズになるリールの場合は取り付けることが出来ませんので予めご了承下さい。
ロングフット対応シートの作成や、指定既製品の代理購入や持込にも対応致しておりますのでご相談下さい。

d0091323_11292426.jpg

※画像をクリックすると拡大表示されます。


フィラーは花梨バールかタイガーメイプルの2種、リングはシルバーかブラックの2種、チェックとシートエンドはエボニー(黒檀)かローズウッド(紫檀)の2種から選べ、8通りの組み合わせをお楽しみ頂けます。

花梨バールの色は、オレンジ~赤~赤茶~茶~黒茶、紅白などがあります。


d0091323_15421132.jpg

※画像をクリックすると拡大表示されます。


工房Quest!ではウッド製チェック&シートエンドに付きまして、傷や脱落等を気にする事無くFFライフをお楽しみ頂きたいと考え、ファーストオーナー様に限り「無期限、無料保障」致しております。
ひどい傷、破損、脱落、紛失等に「部品代金、作業料金無料」にて対応致します。

※旧来無表記のオーナー様にも対応致しますのでご安心下さい。
[PR]
by koubouquest | 2007-07-07 07:02 | ◆Quest!BambooRod◆